1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 化粧水だけのケアで十分?油分で蓋は嘘!?化粧水のみでいい人ダメな人

化粧水だけのケアで十分?油分で蓋は嘘!?化粧水のみでいい人ダメな人

化粧水だけのケアで十分?油分で蓋は嘘!?化粧水のみでいい人ダメな人

毎日のスキンケア、化粧水だけでいい?

化粧水つけてなじませて、乳液つけてなじませて、それから美容液、お化粧・・・。
忙しくてゆっくりお手入れする余裕なんてない!

ですが、若々しいお肌を保つためにもトラブル回避のためにも、日々のスキンケアは大事ですよね。

美肌でいることが、ナチュラルメイク、すっぴんメイクを素敵に仕上げるカギにもなります。

大事なのは自分に合ったスキンケアをすること、時間やお金を無駄にかける必要はありません。

とってもシンプルなことです。

スキンケアでは基本のステップがありますね。
ほとんどの人は洗顔後に化粧水、そして乳液という順番でされているはず。

「水分の後に油分」というのが常識とされています。

ところが、最近この常識が古いと言う意見がチラホラと出ています。
中でも気になるのが「乳液で蓋をする」というのは古い考え方だ、というもの。

「水分を補給して逃げないように、油分で蓋をする」
このやり方は古い??

今回は「油分(乳液)で蓋」という表現について徹底解剖!

「化粧水だけでいいのか?」を考える前に、化粧水・乳液それぞれの働きや効果を知っておきましょう。

そうすれば、あなたが化粧水のみで大丈夫なのかどうか判断できるようになります♪

スポンサーリンク

スキンケアの基本が保湿なワケ

化粧水だけでいい?スキンケアの基本が保湿なワケ

「スキンケアは化粧水だけでいい」と考える人も、保湿は大事と分かっているということですね^^

スキンケアにおいて保湿はもう常識、何かにつけ保湿保湿と言われます。

「では、保湿とは?」

わかっているようでも意外に間違って理解している人が多いのです。

エイジングケアをしているのに効果が感じられない・・・

それは、もしかしたら「保湿」を間違っているせいかも知れません。

まず化粧水だけで十分保湿できるかどうかの前に、大事な保湿についてお伝えしますね。

お肌の構造と水分保持の関係

お肌の一番外側は表皮と言われる部分です。

表皮の厚さは平均0.2ミリで、4層構造(角質層、顆粒層、有棘層、基底層)になっています。
化粧水だけでいい?表皮の構造

お肌はこの4層構造の一番上にある僅か0.02㎜の角質層で潤いが保たれているのです!

潤いの中身は3つの保湿成分 ―「皮脂」「天然保湿因子(NMF)」「角質細胞間脂質」です。

皮脂によってできるのが皮脂膜(汗も混じっています)で、弱酸性でお肌の表面を守っています。

そして、角質層に並ぶ角質細胞内の天然保湿因子と、角質細胞の周りの細胞間脂質によって、水分が保たれ蒸発しないようになっています。

角質層の水分保持量はおおよそ2,3%が皮脂で、17,18%が天然保湿因子で、残りの80%が細胞間脂質です。

角質細胞間脂質は、主にセラミド、脂肪酸、コレステロールで構成され、セラミドが50%以上(重量比)を占めています。

これらの保湿成分がバランス良く存在することで、バリア機能が十分に働き、健康でみずみずしいお肌をキープできるということです。

ところが加齢や紫外線、間違ったスキンケアなどが原因でバランスがくずれると、バリア機能が弱まります。

トラブルや老化などにつながるわけですね。

また、ターンオーバー(新陳代謝)が乱れることでも、保湿成分が不足してしまいます。

加齢やストレス、ターンオーバーの乱れなどでお肌自身で十分保湿できなくなる・・・。

だから、化粧水を始めとするスキンケアで保湿というのが必要になってくるのです。

そこでまぎらわしいのが「保湿」という言葉。

保湿は水分を与えることのみを意味するのではありません。

与えた水分を保持することこそが最も大切だということを覚えておいてください!

化粧水の働きと効果

洗顔後のお肌は水分が蒸発しやすくなっていますから、水分を補わなくてはいけません。

化粧水の大事な役目がお肌への水分補給です。

ただし、健康なお肌は水をはじくと言われるように、水分や水溶性の美容成分のほとんどは角質層までしか吸収されません。
*ナノ化された美容成分は、表皮の下の真皮層にも浸透します

つまり、化粧水の役目はお肌の一番上の表皮、その中でも一番肌表面に近い角質層に水分を補給し、保持することです。

そして、化粧水のもう一つの大事な働きがお肌の調子を整えること。

肌の表面を整え、柔らかくして、次に使う美容成分の浸透を良くする効果があります。

角質層にたっぷり水分を与えることで細胞間の隙間が大きくなり、浸透しやすくなります。

ですが、化粧水はほとんどが水分です。
保湿成分によりある程度維持されますが、やはり蒸発してしまいます。

逃げないように油分のあるもので蓋をしなければいけない、ということです。

それで乳液?
その前に乳液についても知っておきましょう。

乳液の働きと効果

化粧水だけでいい?乳液の働き

化粧水はほとんどが水分、ということでしたが乳液は2割程度の油分を含んでいます。

乳液の働きは水分を与えると同時に油分によって水分の蒸発を防ぐことです。

ですが、乳液をつければ水分の蒸発を完全に防げるかというと、そうではありません。

洗顔で剥がれた皮脂が十分に出るまでのつなぎとして、ある程度の水分蒸発を防いでくれるということです。

そもそも、人体からは常に水分が蒸発しています。
平均して1日に約900ミリリットル、ほぼ1リットルが蒸発で失われているといわれています。

皮脂を含め油分で完全に水分蒸発を防げるわけではありません。

また、化粧水がほとんど角質層までしか浸透しないのに対し、油溶性の成分はより奥まで浸透しやすいという性質があります。

つまり乳液には、化粧水では届きにくい真皮以下まで美容成分を届きやすくする効果があるということです。

良く浸透させるためにも、先に化粧水でお肌の表面を柔らかくしておく必要がありますね。

クリームの働きと効果

スキンケアでは水分の多いものから、順に油分を含んだものにしていくのが一般的です。

クリームは乳液よりも油分が多く、水分の蒸発を防ぐとともに様々な美容成分を補う働きがあります。

化粧水や乳液など水分量が多いほど、美容成分をあまり配合できません。

高価なものはそれでも様々な技術で高密度の美容成分を配合していますが、安価なものでは期待できないのが実際です。

美白成分、抗酸化(エイジングケア)成分、保湿成分など目的に応じた成分を効率的に取り入れたい場合は、クリームのほうが適しているということです。

お肌の状態に合わせて、乾燥しがちな季節にはクリームで保湿成分を補うとか、気になる目元口元だけ使うなど上手に使い分けしてください。

乱暴な言い方をすれば、化粧水や乳液、クリームの違いは水溶性成分と油溶性成分の割合です。
基本的な目的はすべて保湿です。

油溶性成分が多ければ保湿成分を含め多くの美容成分を配合することができ、真皮層以下にもその美容成分を届けやすいです。
ですが、固めのテクスチャーになり、お化粧の乗りも悪くなりがちです。

もちろん角質層への水分補給も大事です。

全てを使わなければいけないということでなく、お肌の状態や部位等に合わせて選択してください。

お肌が本当に健康であれば、何もつけないというのも選択肢の一つになります。

「油分(乳液)で蓋は古い考え方!」は嘘?ホント?

化粧水だけでいい?「乳液(油分)で蓋は古い」の真実

化粧水で水分を補い、蒸発を防ぐために乳液やクリームなどの油分をつける。
これが蓋をするという表現です。

「油分で蓋」これ自体は特別古い考えでもありませんし、間違いではありません。

一方で

  • 化粧水では、真皮より下に十分な水分補給できない
  • 乳液(油分)では、水分蒸発を完全には防げない

それも正しいのですが、だからと言って化粧水、乳液が不要と言う結論にはならないということです。

化粧水で角質層に水分を補給できますし、乳液を付ければ付けない場合と比べて蒸発を防げることは間違いありません。

また、化粧水・乳液には水分補給、蒸発防止以外にも、お肌の調子を整える、美容成分を届けるといった役割もあります。

お肌を保湿するにはどうすればいいの?

化粧水、乳液、クリームを使う一番の理由はお肌の保湿です。

しっかりと保湿が出来れば、肌のバリア機能も働き外部刺激からお肌を守れます。

そして、お肌が外部刺激から守られダメージを受けなければ、ターンオーバー(肌の新陳代謝)も正常に行われ、肌本来の保湿機能やバリア機能がきちんと働きます。

逆に、保湿できずに乾燥してしまうと、肌が外部からの刺激に敏感になります。
外部からの刺激により肌がダメージを受けると、ターンオーバーも乱れてしまいます。

そして、ターンオーバーの乱れは、肌の保湿機能やバリア機能の働きを妨げるという悪循環に陥るのです。

ターンオーバーを正常にするために、バランスのとれた食事や健康的な生活も大事ですし、肌のダメージを防ぐために、清潔な肌環境や紫外線対策も大事になります。

ですが、やはりスキンケアで一番大事なのはお肌をきちんと保湿することです。

もし、あなたがニキビや吹き出物、シミやくすみといった肌トラブルに悩んでいるなら、その悪循環を断ち切るために徹底的な保湿から始めることが一番効果的です。

効果的な保湿のために知っておきたいこと

どうすれば効果的に保湿できるの?

基本は今までお伝えしてきた通り、化粧水、乳液、クリームを正しく使うことです。

そしてもう1点、保湿成分セラミドを取り入れることを意識してみてください。

セラミドとは角質層にて、角質細胞の間を埋める角質細胞間脂質を構成する成分です。
化粧水だけでいい?角質細胞間脂質

画像引用元:スキンケアナビ ©花王株式会社

このセラミドが角質層の水分を保持するため最も重要です!

セラミドを意識してスキンケア化粧品を選ぶことで、より高い保湿効果が得られます。

保湿成分としては他にも、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などいくつもあります。
これらは真皮層以下で水分を保持しお肌のハリの元となったりします。

ですが、前提としてセラミドが角質層で水分を保持しているからこそ、お肌が外部の刺激から守られ、体内の水分蒸発が防がれています。

その前提があってはじめて他の保湿成分も効果的に働けるのです。

セラミドの生成と関係が深いのはターンオーバーですから、ターンオーバーが正常に働くように心がけることも大事です。

睡眠不足や偏食、冷え性、ストレスなどがある人は、スキンケアだけでなく生活習慣等を見直すことも必要です。

化粧水だけでいい人・ダメな人

保湿にはセラミドが最も大事だとお伝えしました。

逆に言えば、お肌が健康でセラミドを十分作れている人はお肌の保湿力(水分を保持する力)が高く、化粧水だけでも大丈夫です。

一方で、乾燥肌(インナードライ含む)の人、お肌にニキビ等なんらかのトラブルを抱えている人は化粧水だけでは不十分です。

いくら高価な美容成分がつまった化粧水であっても、水分と一緒にどんどん蒸発していっては意味がありませんね。

また、普段は化粧水だけで問題なのい人も、体調が悪い時やストレスを感じた時は少し乳液やクリームも足してケアしてあげると、エイジングケアや肌トラブル防止に効果的です。

セラミド配合なら化粧水だけでいい?

「セラミド配合の化粧水を使えばそれだけで良いか?」
と言うとやはり人によるということになります。

お肌の状態は人それぞれです。

化粧水もつけない、化粧水だけつける、クリームだけつける等々。
色々なスキンケアの方法がありますが、それが自分に合っていればOKです♪

保湿の必要性を感じている人は、セラミド配合の化粧水を使ってみてはいかがでしょうか。

また、乾燥肌の人や、エイジングケア、ニキビ等の肌トラブル解消をしたい人は『化粧水 → (美容液) → 乳液 → クリーム』というステップを基本として、その中でセラミドを意識してみてください。

化粧水はほとんどが水分であり、またセラミド自体が水に溶けにくい成分です。
化粧水の場合はセラミド配合であっても濃度は高くありません。

セラミドの選び方

化粧品に含まれるセラミド成分は「ヒト型セラミド」「天然セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド(疑似セラミド)」の4種類に分けられます。

このうちヒト型セラミドがその名のとおり人間の皮膚構造に最も近く、保湿力が高いのでおすすめです。

化粧品の成分表示を確認し、セラミド1、セラミドNGなど「セラミド〇〇」と書かれていればヒト型セラミドです。
(〇〇には数字もしくはアルファベットが入ります。)

ヒト型セラミド以外には「セラミド〇〇」という表記は認められていません。

ビオセラミドなど「〇〇セラミド」はヒト型セラミドではありません。

セラミドは保湿成分としては特殊な成分です。

ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸のような一般的な保湿成分は親水性で、水となじんで水分を蓄えます。

ですが、セラミドは脂質(油の仲間)で基本的に水と交わりません。

そのため、セラミド自身で水を貯えるのでなく『セラミド - 水 - セラミド - 水 - セラミド』といったミルフィーユ状の構造で水分を保持します。

この構造をラメラ構造と言います。
つまり、形が大事なので「ヒト型セラミド」と、形が異なる他のセラミドでは保湿力に差が出てくるのです。

「ヒト型セラミド」は結構お高い成分なのが難点ですが・・・。

*ヒト型セラミド配合の化粧品を選ぶ場合は3,000円以上のもの、化粧水でもとろみのあるものを選びましょう。
安価なものや、水に溶けないセラミドを配合してサラサラのテクスチャのものは、セラミドがほとんど入っていません。

最後に、ヒト型セラミドに拘った化粧水と、「化粧水だけではやっぱり心配。だけど、時間をかけたお手入れは出来そうにない」という方のために、ヒト型セラミド配合のオールインワンジェルを紹介します。

ヒト型セラミドを試してみたい方は参考にしてください。

ヒフミド エッセンスローション

価格:3,240円(120ml)、4,644円(180ml)

小林製薬㈱の化粧水です。
ややとろみのあるテクスチャで、ヒト型セラミドに拘ったヒフミドシリーズの化粧水です。

セラミド1(EOP)、セラミド2(NG)、セラミド3(NP)を配合。

乾燥肌の場合は化粧水だけでは不十分ですので、同シリーズのヒフミド エッセンスクリームも試されてはいかがでしょう。

香料、着色料、エタノール、パラペン不使用で、アレルギーテストも行われているので敏感肌の方でも使える化粧水です。

「ヒフミド エッセンローション」を試されるなら、エッセンスローション(20ml)の他、クレンジング、ソープ、クリーム、UVプロテクトベースがセットになった「初回限定トライアルセット(980円)」がおすすめです。

公式サイト:http://kobayashi.co.jp/

アヤナス ローション コンセントレート

価格:5,400円(125ml)

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」
敏感肌用エイジングケアシリーズ「アヤナス」の化粧水です。

角質層に一番多く含まれるセラミド2(NG)を配合

独自の技術でセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが特徴。
とろみのあるテクスチャと共にお肌に素早くなじみます。

「アヤナス ローション コンセントレート」を初め、美容液、クリームといったアヤナスシリーズがセットになった「10日間トライアルセット(1,480円)」がおすすめです。

30日間の返品保証付きです。

公式サイト:https://www.decencia.co.jp/

TBC To’us エステティックジェル

価格:5,616円(30g)

TBCエステティックサロンで長年培かわれたノウハウを基に作られたオールインワンジェル。
実際にTBCのVIP向けエステコースで使用されています。

セラミドを前面に押し出してはいませんが、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAPがしっかり配合されています。

高価な成分であるヒト型セラミドをはじめ、美容成分がぎっしり詰まった1つで10の役割をもつスキンケアコスメ。

それぞれのスキンケア商品を揃えることと比べればもちろん、配合された美容成分から見てもコスパが非常に高い商品です。

公式サイトでは初回50%OFFで購入できます。

 
公式サイト:https://shop.tbc.co.jp/

まとめ

美容に関してはあいまいな表現や、キャッチーな宣伝文句で誤解してしまうこともよくあります。

年齢とともにお肌への不満や不安が増えていく中、本当に自分に合うスキンケアの方法やアイテムを探さなければいけませんね。

今のお肌には何が必要ですか?
意味無くつけていませんか?

時には思い切ってやめてみる、変えてみる、というのも必要かも知れません。

お肌と相談しながら足したり引いたり、輝く美肌女性を目指しましょう♪

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

化粧水だけのケアで十分?油分で蓋は嘘!?化粧水のみでいい人ダメな人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • メイクで隠し切れない顔の赤み!赤ら顔の原因と自分でできる治し方

  • 化粧水・美容液の正しい使い方!肌年齢マイナス15歳のエイジングケア

  • カサカサ・粉ふき肌は冬だけじゃない?! 5つの対策で乾燥肌の根本改善!

  • えっ、隠れ乾燥肌!?10のチェックポイントで診断!原因と改善対策

  • 汗をかいているのに乾燥?夏なのにお肌が乾燥する原因と3つの対策

  • 【乾燥肌改善】良い・悪い食べ物!お手軽レシピとパックで即効性実感!