1. TOP
  2. 【嫁姑問題】お義母さんと育児で衝突! 悩みを解決する7つの方法

【嫁姑問題】お義母さんと育児で衝突! 悩みを解決する7つの方法

 2017/01/31 子育て・知育  
【嫁姑問題】お義母さんと育児で衝突! 悩みを解決する7つの方法

「お義母さんが育児に口出しばかりして困る」
「今のやり方を説明しても聞いてくれない」

育児に関して義理のお母さんとのトラブルに悩んでいるママはとても多いですね。
抱き癖・うつ伏せ寝・口移し・離乳食etc.お義母さん世代と今では違う解釈のものが意外にあるものです。

自分の親なら強く言えることでも、やはり夫の親となると遠慮してしまいますね。

今は共働き世帯も増えていて、ママは本当に忙しいです。
家事は手抜き出来ても、育児はそんなわけにはいきません。
ですから、周りの人たちの協力は本当に助かります。

ただそこでぶつかると、助かるどころか「もう、放っといて!」と言いたくなってしまいますね。
この先ずっと付き合っていかなくてはいけない相手ですから、何とか良い関係を築きたいものです。

どうすればお義母さんとのトラブルを回避できるか、理解してもらうにはどうすればいいのか良い方法を考えてみましょう。

Sponsored Link

お義母さんの気持ちを考えて

目に入れても痛くないと言われる通り、親世代にとって孫は格別に可愛いものです。

「好きな時だけ可愛がればいいんだから、勝手なものね」

そうなんです、無責任だから困るのですね。ですが孫を可愛いと思うのは仕方ないのです。
愛する我が子の子供、愛おしさは何倍もあります。

それだけ愛されていること、そして孫のために色々考えてくれていることにまず素直に感謝しましょう。

「口出しするのは心配してくれているから」
「自分のやり方を押し付けているのではなく、今の正しい情報に疎いだけ」
そう考えてみてはいかがでしょう。

お義母さんの気持ちを考えれば、心象も変わるのではないでしょうか。
今後様々な場面でお世話になることもあるでしょうし、まずは有難うございますの気持ちですよね。

育児以外で点数を稼ぐ

育児に関して色々言うお義母さんなら、他のことも同じように忠告したがる人かも知れませんね。

「良かれと思って言ってあげてるのに、この嫁は何も聞き入れない」
そう思われないように、引くところは引いておくのが大事です。

料理や掃除など育児以外のところで、お義母さんのアドバイスに従い点数を稼いでおけば信用もされます。

「お義母さんのやり方でやってみると、簡単にできますね♪」
「教えてもらったように作ってみたら、美味しくなりました♪」

人生の先輩に習うことはたくさんありますね。自分のやり方とは違っても、参考にすべきことはあります。
それを素直に言うだけでお義母さんは嬉しいものです。

ちょっとしたことの積み重ねで信頼を築けば、育児に関しても言いたいことを言える関係になるはずです。
付き合いの中での駆け引きみたいなものですね。

取りあえず耳を傾ける

耳を傾ける
「お義母さんが言うことは全部古い!」という思い込みは誤りです。
育児はそもそも昔から受け継がれてきたもの、その上で時代とともに少しずつ変わっているのです。

現代は情報社会で、育児に関しても情報量は昔とは全く違います。
ただ、その中には誤ったものや科学的な根拠のないものもありますし、全部の子供に当てはまるものでもありません。

育児の基本は普遍的なもので、経験に基づいた良い方法もたくさんあります。
それも含めてきちんと取捨選択していくのがママの役割です。

取りあえずお義母さんの話も実母の経験も聞いてみてください。

聞いてから「なるほど、そういう意味があったんですね」「もう少し様子見てからにしますね」と対処すればよいですね。

ついつい自分の意見を言ってしまいそうになりますが、まずは一呼吸おいて聞く耳を持っていることを理解してもらいましょう。

自分の母を出しに使う

嫁と姑の関係は永遠の課題です。
お互いが歩みよらなければ、トラブルの火だねはたくさん転がっています。

お義母さんの方も言いたいことをぐっとこらえて、嫌われないように気を使っているということも多いのです。
ただ若いママが教科書だよりに育児していると思いがちで、つい口をはさみたくなってしまうのですね。

それは実は自分の親も同じ。
義理のお母さんと同世代ですからね。
そのことを上手に使ってみるのもひとつの方法です。

「うちの母も同じこと言ってました。今とずいぶん違ってたんですね」
「母にこんなこと言われて、この間ケンカになったんですよ」

お義母さんとしても自分だけが嫁に否定されているのではなく、世間一般育児に関しては世代のずれがあるんだな、とわかってもらえます。

「孫育て」を理解してもらう

今の子育て方法
「昔はそうしてたみたいですけど、今は違うんです」
自分のやった子育てを否定されたようで、お義母さんは良い気はしないでしょう。

育児方法も進化して、今はこういうやり方が推奨されていると言うことを理解してもらう努力が必要です。

口で説明するのが難しければ、活字で見せてわかってもらってはどうでしょうか。
今の育児本や自治体などで発行している子育てガイドブックを読んでもらうのも良い方法です。

ただし「これ読んで下さい」と渡すだけではダメ!
一緒に読んで情報を共有することが大事です。

子育て?いえいえ「孫育て!」

さいたま市が発行する「祖父母手帳」が話題になり、他にも「孫育て」に関するガイドを出しているところが増えています。
両親や祖父母など皆が読んで役に立つ内容なのでおすすめですよ。

「孫育て」・・・現代の環境に合わせて、祖父母にも協力してもらい子供の成長を見守ってもらう良い言葉ですね。

自治体などが発行する「祖父母向けガイド」は市民用ですが、ホームページからダウンロードあるいは郵送などで市外在住でも入手可能なところがほとんどです。

さいたま市祖父母手帳
さいたま市「祖父母手帳」

地域と家族の孫まご応援ブック
横浜市「地域と家族の孫まご応援ブック」

孫育てガイドブック 〜孫でマゴマゴしたときに読む本〜
岐阜県「孫育てガイドブック 〜孫でマゴマゴしたときに読む本〜」

自信を持ってNOと言う

人間関係はコミュニケーションによってより良くなるもの。家族と言ってもはやり元は他人です。
いい加減わかって欲しい、空気を読んでほしいと思ってもそう簡単には理解し合えませんね。

お義母さんの行き過ぎた干渉は、ともすれば夫婦仲までも悪くさせてしまいます。
夫を頼りたいところですが、夫も相手が母親となるとなかなかうまく言えないこともありますね。

ですが、子育てするのは自分達です。
まだまだ未熟かもしれませんが、育児をして自分達が家庭を作っていくわけです。
ですから、お義母さんにはきっぱりと言うべきことは言いましょう。

可愛がってくれるのは嬉しいですが、線引きも必要。
夫婦で話し合って「こういうやり方をしています」とはっきりお義母さんに伝えましょう。
夫婦の方針ならお義母さんも強く反対しにくいですね。

ストレス解消も大事

子供を産むというのは体力的にも精神的にも大変なことです。
慣れない育児でストレスは相当なものでしょう。

イライラしているところへお義母さんとの衝突、これはかなりのダメージ。
普段ならなんてことないお母さんの言葉で、カチンとくることもあります。

驚くべきことに、このイライラは子供にも移ります。月齢が低くても本能的に感じるのでしょう。
いつもならおとなしく寝る時間なのにぐずったり、わけもなく大泣きしたり・・・。
ママの気持ちがそのまま反映します。

ママのストレスが子供に、それがまたママのストレスにと負の連鎖になってしまいますね。
これを防ぐにはママがなるべく穏やかな気持ちでいることが大切。

子供のお昼寝時間を利用して、ゆっくり音楽を聞くとか好きなスイーツを食べるとか自由時間を持ちましょう。
たまには夫や親にお願いして出かけるのも気分転換になります。

ストレスを減らしてリフレッシュ♪また育児を楽しんでできるようになれば、きっとお義母さんからの言葉も良い方に解釈できます。

遠回りのようですが気持ちの持ち方ひとつで表情が変わるということも、お義母さんとの関係性を良くする要因となるのではないでしょうか。

まとめ

ママの成長
子供の成長とママの成長は同時進行ですね。
最初は皆不安だらけです。ですが、力になってくれる人は周りにいるはず。
お義母さんもその一人です。

段々ママも成長し、自分流の子育ての方法を見つけることができます。
誰よりも子供のことがわかるのはママですから、自信を持って育児をしてください。

お義母さんとも「嫁・姑の関係」ではなく、同じ母の立場として話ができるようになればきっと良い関係になれますよ♪

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

【嫁姑問題】お義母さんと育児で衝突! 悩みを解決する7つの方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供が自分から勉強する!? 勉強好きの秘訣は家庭内にあった!

  • 仕事・育児の両立に悩むママ必見! 挫折しないための5つのポイント

  • 【育児と仕事を両立】子育て中の女性にも働きやすいおすすめの仕事!

  • 頑張るママへの応援ソング♪ 泣ける歌・元気が出る歌シーン別39選

  • 子供の留守番は何歳から?お留守番に慣れるコツと防犯対策・注意点