1. TOP
  2. 【忘れ物が多い子供】こうすれば忘れ物を無くせる!原因と対処法7つ

【忘れ物が多い子供】こうすれば忘れ物を無くせる!原因と対処法7つ

 2017/10/08 子育て・知育  
【忘れ物が多い子供】こうすれば忘れ物を無くせる!原因と対処法7つ

お子さんの連絡帳の通信欄などに「忘れ物が多い」と書かれた経験はありませんか?

昔からどのクラスにも必ず一人はいる「忘れ物が多い子」
自分の子供が当てはまるのは、親としては悲しいですね。

大人にも忘れ物常習者がいるくらいですから、まだ小さい子供にとって忘れ物はあって当たり前のことなのです。

あなたも経験ありませんか?
給食袋や体操服、絵の具、習字道具、プリント類などうっかり忘れたこと^^

人間ですからうっかりはあるものなのです。

ただいつもいつも忘れ物ばかりしていると、特に子供の時に忘れ物が癖のようになってしまうのは良くないですね。

学力にも影響しますし、自己管理が苦手な大人になってしまう可能性もあります。
子供の将来のためにも、できれば今のうちに治したいものです。

忘れ物が多いのはどうしてなのでしょうか。

忘れ物の多い子供に共通する特徴があるのでしょうか?
忘れ物を無くすためにママは何をすればいい?

今回は忘れ物が多い子供の原因と対処法を紹介します。

Sponsored Link

うちの子は記憶力が悪い?

記憶力が悪い?

「何度言っても忘れものが治らない・・・うちの子は記憶力が悪いの?」

いいえ、決してそんなことはありません。
脳が発達途中で記憶する力もまだこれから伸びていく段階です。

子供の脳は大人に比べて容量も少ないですし、ひとつのことを覚えていられる時間も短いのです。
ですから一度に色々なことを言っても子供には無理なのですね。

「でも驚くほどの記憶力を発揮する子供もいるでしょ?」

電車の型式や、世界中の国旗、本の文章などを暗記してしまう等、覚えさせようとしなくても覚えてしまう子供の力は凄いですね(^^♪

子供は興味があるものに関しては記憶できるという特徴があります。
理屈で覚えるのではなく、視覚的に記憶していると言った方がいいのでしょう。

ですから忘れ物をしょっちゅうするからと言って、記憶力が悪いとか頭が悪いという心配は要りません。

ただ注意すべきは、忘れ物をする原因(要因)が学力にも影響する可能性があるということです。

忘れ物が多い子供に共通することは?

原因を探る前に、ここではまずどんな子供が忘れ物をしやすいかを考えましょう。

  • 注意力に欠けている
    人の話を最後まで聞いていないとか、気が散りやすい、落ち着かない子供は、集中力も低いです。

    今必要なことと必要ではない事を判断する力が弱い傾向があります。

  • やる気がない
    保育園や学校、習い事などが楽しめていない、あまり興味がなく気が抜けている状態です。
    興味が持てないので他の色々なところに気が向いてしまっているのです。

    楽しい、面白いと感じられていないので、そのための準備にも身が入らず宿題も積極的にできません。

  • 整理整頓が苦手
    身の回りが雑然としていて、大事なものやそうでないものがごっちゃになっている子供。

    カバンの中身は押し込んだ状態で入っている、プリント類がぐちゃぐちゃに溜まっている、家でも片づけが上手に出来ない子供は、物の管理がうまくできないことが多いです。

忘れ物をする原因は?

忘れ物をする原因

持ち物の置き場所が決まっていない

よく忘れるのはランドセル以外の体操服や図工の道具、楽器などの副教材です。
ランドセルは定位置にあっても、プラスαのものがあちこちにあると忘れやすいですね。

直前に用意したり、置き場所が決まっていないと忘れやすいですし、ランドセルのそばに置いてあっても慌てて家を出ると忘れてしまいます。

起床時間がぎりぎり

起きる時間が遅くて慌ただしく支度する子供は、持ち物を再確認する時間の余裕がありません。

また急いで見直したとしても、頭がすっきりせずどうしても不注意になってしまいます。

生活パターンが決まっていない

宿題をする、連絡帳を見る、親にプリント類を見せる、翌日の準備をするというルーティンが決まっていない場合、持ち物を確認することが習慣化できません。

日によって学習や遊び、食事など生活パターンがバラバラだと、それだけ自己管理をしっかりする必要がありますが子供には難しいことです。

忘れ物が平気になっている

忘れ物で嫌な思いをして次から注意する子供もいれば、懲りずに平気で繰り返す子供もいます。

その時恥ずかしいと感じても、短期的な記憶だけで結構忘れてしまうものだからです。
親や先生に叱られてもあまり気にならない子供は、忘れ物が癖のようになってしまっています。

面倒くさい、やりたくない

大人でも準備すると言うのは面倒なことです。
やりたくないことも沢山ありますね^^

子供にとってはなおさら面倒な作業ですし、難しいことです。

低学年のうちは親が手伝わなければ一人でやらない子供は多いです。

宿題も自主的に前向きにやる子もいれば、やろうとしない子供もいます。
宿題を忘れるというよりも、やらないことも大いに考えられます。

発達障害(ADHD)

発達障害の特徴は不注意・多動性・衝動性の3つ。
不注意の症状として「忘れ物が多い」というものが挙げられます。

ですが忘れ物が多いことだけで判断できるものではなく、多くの場合多動性や衝動性など様々な症状が共に表れるものです。

もしあまりに気になるようであれば医療機関等を受診することをおすすめします。

どうすれば忘れ物を無くせる?対象方7つ

忘れ物を無くせる?対象方7つ

忘れ物をしてしまう原因を踏まえて、ここではおすすめの対処法を紹介します。

①整理整頓を癖づける

自分の身の回りのものを常にきちんと整理整頓しておく癖をつけましょう。
子供自身が持ち物を把握し、管理できるようになるまでサポートしてあげると良いですね。

次の日の持ち物は一か所にまとめて置いておくことも習慣づけると良いですね。

②日常生活のルーティンを決める

子供が帰宅してから寝るまでの間に、やらなくてはいけないことをルーティン化しましょう。

翌日の準備など今日しなくてはいけない事を順序立てておけば、子供にも定着しやすくなります。

日頃の習慣として早寝早起きすることも大切♪

③親が2回チェックする

低学年では親がサポートしながら準備をし、子供が慣れてきたら見守るだけにしてひとりでさせましょう。

そして必ず時間割や持ち物を声に出して子供と一緒に確認し、翌日の朝も再度チェックしてあげましょう。 

1年生になったばかりの子供は学校で緊張していますし、疲れているので親のサポートは絶対に必要です。

④具体的にイメージさせる

子供は具体的に見えるもの、イメージできるものの方が強く記憶に残ります。

「明日の体育は何やるのかな?プールだったら何が必要?」
「図工で何を作るのかな?ママが用意するものあったかな?」

大人が仕事やプライベートの場面をシミュレーションしながら必要なものを準備するのと同じですね。

会話しながら持ち物をそろえることで、子供はイメージしやすく忘れてはいけないものとして意識できます。

⑤できたら褒める

子供を褒める

忘れ物無く準備ができたら、褒めてあげましょう。
褒めることで自信がつき、自主性も育ちます。

⑥親がお手本になる

持ち物を確認する必要性を親が身を持って示してあげましょう。

「ママも大事な手帳忘れないように、もう一回バッグ見ておこう!」
「明日持って行かなきゃいけないもの、メモしておこうっと♪」

いつも親がやっていることは、子供にはお手本として定着していきます。

⑦忘れ物について話し合う

いつも忘れてばかりの子供は、忘れることに抵抗がなくなってきます。
学校に予備がある、友達に借りられる、注意されても何となくそれで過ごせてしまう等が考えられます。

ですが、忘れものが多いのは良くないことだと考えさせることが重要です。

「お友達に迷惑かけたね」
「忘れ物していると、ドキドキしちゃうね」
「自分のじゃないと、使いにくいね」

子供なりに頑張っている場合もありますし、ただ叱るのではなく気持ちを聞いてあげてどうすればいいのか一緒に考えましょう。

まとめ

公共機関の遺失物にはビックリなものも沢山ありますよね(^^)
心ここにあらず、そんな時には大人でもうっかりしてしまいます。

人間は忘れることの方が多いのです。
だから集中し、注意し、管理しているわけですよね。

子供は集中力も短く好奇心いっぱいですから、忘れるのも仕方がありません。

否定的に見るのではなく子供と一緒にどうすればいいか考えましょう。
ここで紹介した対処法を参考に、優しくサポートしてあげてくださいね♪


脳の成長をサポートしてくれるサプリが注目されています。
この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

【忘れ物が多い子供】こうすれば忘れ物を無くせる!原因と対処法7つ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供の留守番は何歳から?お留守番に慣れるコツと防犯対策・注意点

  • もしかして発達障害!?子供の問題行動に悩むママが知っておきたいこと

  • 火が付いたら止まらない!?子供の癇癪(かんしゃく)原因と7つの対処法

  • 子供が自分から勉強する!? 勉強好きの秘訣は家庭内にあった!

  • うちの子供はどうして落ち着きがないの?原因とおすすめ対処法5つ

  • 【ホスファチジルセリン】子供の脳の成長・発達に効果的な理由とは