1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 育児
  4. 七夕(たなばた)って何?なぜ笹を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

七夕(たなばた)って何?なぜ笹を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

七夕(たなばた)って何?なぜ笹を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

7月7日は七夕(たなばた)ですね。
七夕と言うと何が思い浮かびますか?

織姫と彦星、天の川、笹、短冊、素麺・・・(^^)
誰もが知っている伝統行事、お祭りを催す神社が各地にありますし身近なところでもイベントが色々ありますね。

「星まつり」とも言われるロマンチックな夏の風物詩ですが、由来はご存じでしょうか。

織姫と彦星のお話は有名ですが、短冊を飾る風習とどのような関係があるのでしょう。

「どうしてたなばたって言うの?」
「笹に短冊をつるすのはなぜ?」

お子さんに聞かれた時は、七夕の意味や由来をわかりやすく伝えてあげたいですね。

今回は七夕の由来や風習についてひも解きます。
またお家でお子さんと一緒に七夕を楽しむ方法もご紹介しますね♪

スポンサーリンク

七夕の由来

七夕の由来

七夕(たなばた)は五節句のひとつで、旧暦7月7日の夜のことです。

もともとお盆を迎える行事としてあったのですが、お盆が新暦の8月15日前後に移ったので現在では関連性が薄らいでいます。

現在日本各地で七夕祭りが催されていますが、地域によって新暦で行われるところ、旧暦で行われるところ両方あります。

節句(せっく)は季節の節目となる日のこと。
無病息災や豊作、子孫繁栄などを願って邪気払いの行事を行います。

人日・上巳・端午・七夕・重陽の五つを五節句と呼びます。

  • 人日 読み方:じんじつ 1月7日 七草の節句 七草がゆを食べる日
  • 上巳 読み方:じょうし 3月3日 桃の節句 ひな祭りの日
  • 端午 読み方:たんご 5月5日 菖蒲の節句 こどもの日
  • 七夕 読み方:たなばた 7月7日 笹の節句 たなばたの日
  • 重陽 読み方:ちょうよう 9月9日 菊の節句

七夕の由来・起源は?

有名なのが牛郎織女(ぎゅうろうそくじょ)伝説の織姫(おりひめ)と牽牛(けんぎゅう)のお話ですね。

天の川の西岸に機織りの名手織姫(=琴座のベガ)が住んでいました。

父親である天帝が結婚相手として探してきたのが、東岸に住む働き者の牛使い、彦星(=牽牛、鷲座のアルタイル)です。

二人はお互い好きになり幸せに暮らしていたのですが、仲良くしすぎて働かなくなりました。
怒った天帝は天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。

けれども悲しみに明け暮れる織姫の姿を見て、天帝は二人が一所懸命働けば一年に一度七夕の夜だけ会うことを許したのです。

雨が降り天の川を渡れない日もカササギの翼(=白鳥座のデネブ)が橋渡しをして、二人は毎年七夕の夜に会うことができました。

*ベガ、アルタイル、デネブは夏の大三角形と呼ばれ、夏の星座として教科書にも載っています。

中国での七夕の起源

織姫・牽牛にちなんで「乞巧奠(きこうでん)」という手習い事の上達を願う行事が始まりました。

日本での七夕の起源

奈良時代に唐からこの「乞巧奠」が伝わり、宮中や貴族の行事となりました。
織姫・牽牛の逢瀬(おうせ)を五色の糸を用いて祈ること、また梶(かじ)の葉に和歌をしたためて裁縫(さいほう)や詩歌の上達を願う習わしがありました。

一方で古くから旧暦の7月はお盆を迎える準備として、女性(=棚機女:たなばたつめ)が水辺の機屋(はたや)にこもってけがれを祓い機を織る習わしがありました。

水の上に棚を作りそこで機を織っていたので棚機(たなばた)と言われてました。

この行事と中国から伝わった乞巧奠(きこうでん)が混ざりあって、今のような七夕行事になったと言われています。

7月7日の夕方を七夕(しちせき)と呼んでいたものが棚機に因み、「たなばた」と読むようになったのです。

七夕の風習

笹飾り

笹竹に短冊をつるして願い事をする風習は江戸時代から始まりました。
江戸時代には庶民も手習い事や詩歌など技芸の上達を短冊に書き、星に願っていました。

「笹竹には神が宿る」とされ、神迎えや邪気を水に流す役目が昔からありました。

五色の短冊が使われるのは、中国の陰陽五行説からきています。

世のすべてのものは木・火・土・金・水の5つの要素に分けられ、それぞれが影響し合ってバランスを取っているという思想です。
木=青、火=赤、土=黄、金=白、水=黒と色で表され、これが短冊の色に使われています。

七夕には短冊以外も笹飾りがあり、それぞれ意味があります。

  • 紙衣(かみこ)
    紙で作った人形(ひとがた)で、裁縫が上達するようにまた災いを人形に移して身代わりになってもらう意味もあります。
    前述の棚機女が織って神にお祀りした神袋(かみこ)が元になっています。
  • 吹き流し
    昔は五色の糸を笹につるしていたものが、五色の細長い紙に変化しました。
  • 網飾り
    魚を獲る網を表したもので、大漁豊作を願うものです。
  • 折り鶴
    「鶴は千年亀は万年」という故事からきていて、長寿を願うものです。
  • 巾着
    昔は巾着にお金を入れて腰に下げていました。
    金運上昇や商売繁盛を願います。
  • くずかご
    七夕飾りを作る時に出たごみを入れてつるします。
    ものを粗末にしない、倹約の意味をこめています。

七夕料理

昔から節句にはその季節の旬の物を食して、無病息災を願い邪気払いをする風習があります。

七夕には素麺(そうめんを)食べるのが習わしで、由来は中国の索餅(さくべい)だと言われています。
小麦粉で作られたお菓子のようなもので、縄のように編んだ形をしていました。

奈良時代に日本に伝わり和名で「麦縄」とも書かれています。

7月7日に食べると一年無病息災で過ごせるという節句料理になり、天の川や織姫の織る糸にもなぞらえて親しまれています。

単に夏の冷たいお料理という認識でしかなかった人も多いかも知れませんね(^-^;

子供への伝え方

子供向け七夕の由来

お子さんに七夕のことを説明する時には、理解力に合わせて要点を話してあげましょう。

メインとなるのは織姫・彦星のお話です。

昔々おり姫というお姫様がいました。
糸を編むのが上手でよく働くお姫様でした。

神様がおり姫にぴったりなお婿さんさがしをして、見つけたのが働き者の彦星という男の人でした。

ふたりは結婚してとても幸せでした。
でも大好きになりすぎて仕事をしないで、ふたりで遊んでばかりいました。

そこで怒った神様はふたりを天の川の向こう側とこちら側、離れ離れにしてしまったのです。

ところがおり姫がたいそう悲しんで泣いてばかりいるので、かわいそうになり神様は言いました。
「もしふたりともちゃんと働くようになったら、1年に1回だけ会ってもいいことにしよう」

そしてふたりは一所懸命働いて、7月7日の夜に会うことができたのです。

ふたりが会える日をお祝いするお祭りが七夕であることがわかれば良いですね♪

笹飾りの風習についても伝えましょう。

昔の人はおり姫さまのようにお裁縫が上手になりますようにと笹に糸をつるしてお願いしていたんだよ。

お裁縫だけじゃなく、字が上手になりますようにとか習い事が上手になりますようにと紙に書いてお願いしようね。

短冊以外の笹飾りを作る場合も、それぞれどんな意味があるか教えてあげてくださいね。

七夕飾りを親子で作ってみよう

お子さんと一緒に七夕の笹飾りを作ってみてはいかがでしょうか。
簡単なものを紹介します。

七夕飾りを作ろう☆簡単にできる3種をご紹介!

折り紙とはさみとノリがあれば、簡単に作れますね^-^

簡単折り紙★七夕飾りの折り方★ちょうちん

見た目は難しそうですが、これも意外と簡単です♪

【折り紙】『七夕飾り』ささつづりの折り方を簡単でわかりやすい

折り方がわかれば後は簡単、どんどんつなげていきましょう!
星や網をくっつけても楽しいですね♪

簡単!折り紙 織姫と彦星の折り方 七夕飾り

お子さんひとりでは難しいかも知れませんが、ママと一緒に作るのは楽しいですね!

七夕料理を親子で作ろう

『七夕飾り 具だくさんそうめん』
色鮮やかな七夕そうめん、お子さんにも手伝ってもらいましょう。

レシピ動画はクラシル様より紹介しています。

調理時間:15分
費用目安:300円前後

【材料】(1人前)
きゅうり 1/2本
ハム 2枚
オクラ 1本
赤パプリカ 1/4個
黄パプリカ 1/4個
白だし(10倍濃縮) 10ml
冷水 100ml
レモン汁 小さじ1/2
塩(板ずり用) 適量
そうめん(100g) 1束
お湯 1000ml
Kurashiru

まとめ

古来大切に伝えられてきた行事や風習は、子供達にとって日本のことを知る大切な機会です。

起源や意味を知らずにやり方だけイベント化していくのは残念なこと。
国際化社会を担う子供達にこそ、しっかり伝えていかなければいけませんね。

伝統行事や風習について正しく理解することでより親しみを持てますし、情操教育にも繋がります。

ぜひ記事を参考にしていただき、七夕のことをお子さんに伝えてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

七夕(たなばた)って何?なぜ笹を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 土用の丑の日はいつ?何故ウナギを食べる?子供に伝えたい意味と由来

  • ひな祭りって何?どうして桃の花を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

  • お中元の意味って何?いつ誰に贈る?お中元のマナーと子供への伝え方

  • 端午の節句って何?こどもの日は何をする?子供に伝えたい風習と由来

  • 節分ってなあに?どうして豆まきするの?子供に伝えたい風習と由来