1. TOP
  2. 【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

「子供が英語で困らないよう、英語力を幼いうちにつけてあげたい!」
「英語を聞きとって正しく発音するためには、幼少期から学習しないとダメなのでは?」

子供の早期英語教育については多くの親が関心を持っていますね。実際、子供の英語学習の方法には様々なものがあります。小学校で英語が導入されたこともあり、「何かしなければ!」と焦りを感じている人も多くいるでしょう。

英語は大人になってからでは身につかないということはありません。
大人になってからでも英語を使えるようになれますし、実際使えるようになっている人も多いです。

ですが、幼少期のうちに英語の音やリズムに親しんでいる子供は、英語を理解し使いこなせるのが早いのも事実です。
成長・発達途中である子供には、大人の英語学習とは違った観点で英語教育を行っていきましょう。

  • 大人の英語学習と違った観点とは?
  • 早期英語教育のメリット・デメリット
  • 早期って何歳?
今回は子供の早期英語教育について考えていきたいと思います。年齢別のおすすめ勉強法も紹介します。

Sponsored Link

早期英語教育のメリット・デメリット

早期英語教育のメリットデメリット
どんな物事にもメリット・デメリットはあるものです。ただメリットもデメリットも全ての人に、あるいは全てのケースに当てはまるということではありませんね。

どのような場合にそうなるのか良く理解した上で正しく判断することが大事です。

早期英語教育のデメリット

最も多く聞かれるのが「日本語も英語も中途半端になるのでは?」ということです。
確かに海外在住の家庭や家族内で英語を話す子供(特に言葉を覚え始める幼児)の場合、一時期混乱するという例は見られます。

しかし、一般的には英語学習を始めたとしても、日常のほとんどは日本語で過ごすのではないでしょうか。そうであれば問題はありません。英語が母国語(日本語)以上に伸びることはないのです。

まずは日本語をしっかりと身に着けさせることが大事です。心配であれば英語にかたよることなく、日本語の表現や語彙を意識して教えてあげれば良いでしょう。

ただし、家の中で英語しか使わないとか、インターナショナル(プリ)スクールに通わすなど、日常の半分以上の時間を英語で過ごす場合は、日本語の読み書きをしっかり教えてあげる必要があります。

また、早期英語教育をするにあたって絶対に避けたいことは『親が過度の期待をしてしまうこと』です。

子供が英語に対してプレッシャーを感じたり、楽しくないと思ってしまえば、英語が上達することはありません。
それどころか、将来的な英語に対するコンプレックスの一因にもなってしまいます。

  • まずは、日本語を覚えること
  • 次に、英語を楽しいと感じること
早期英語教育を行うにあたって、この二つのポイントを忘れないでください。

早期英語教育のメリット

スポンジに例えられるように子供の吸収力はずば抜けています。特に臨界期と呼ばれる10歳くらいまでは脳の発達が一番盛んです。

大人になってからでは難しい英語を聞きとる力・話す力を比較的簡単に身に付けられます。英語の音を聞く力(英語耳)は特に臨界期に作り易く、それに伴って話す力も自然とついてきます。

海外赴任先で、親より小さな子供のほうが英語を上手に話せるようになるのが早いという話も良く聞きます。ママが伸び悩む間に、子供はあっという間に話せるようになるものです。大人が最も苦労する聞き取りが自然にできてしまうのですね。

学校で授業となると、英語は勉強になってしまいます。ですから早いうちにスタートすることで英語に対する抵抗感無く吸収できるのです。

その上、子供の二カ国語教育は語学だけでなく学力全体のアップに繋がるという結果が出ています。

『豪 日本語と英語ですべての教科学ぶ小学校学力向上で評判に』

 

≪動画概要≫
オーストラリアのウェラーズヒルズ小学校では3年前からバイリンガル教育を導入しました。全校生徒の3割が言語だけではなく、全ての教科を日本語と英語の両方を使って学んでいます。
成果も見え始め、英語の読解や文法の理解度をはかる全国テストでは、最も良い成績を示す「6」を取った生徒のうちバイリンガル教育を実施している生徒の割合が多かったとのことです。
ジョン・ウェブスター校長は「脳が発達する前の幼いうちに2つの言語を学んだ子は、良識ある賢い人間に育っていきます。バイリンガルで教育することは子供にとっても学校にとっても大切なことだ。」と話しています。

子供の発達・発育曲線

スキャモンの発達・発育曲線

画像引用元:食育の時間 ©McDonald’s

これは人類学者スキャモンが発表した子供の体の各組織が発達・発育していくスピードを表したグラフです。

人により差はありますが身体や体重は13歳ごろから、生殖系なら14歳ごろから急速に成長していくというのがわかります。

この中で、語学の習得に大事なのは脳および神経系の発達です。
3歳ごろまでに一気に50%ほど成長し、10歳ごろにはほぼ100%に達しています。

この脳や神経が急速な成長する10歳ごろまでを「黄金期」や「クリティカルエイジ」とも呼び、成長に併せた言葉の習得が効果的だと言えます。

つまり、大人の語学学習とは異なり、子供の場合は成長過程・発達速度という別の観点が必要になります。それによって、英語学習をより効果的に進めることができるのです。

胎教は効果があるの?

幼少時からの英語教育が効果的ならば気になるのが胎教。英語の胎教・・・効果はあるのでしょうか?

科学的に効果が無いとは証明されていませんが、懐疑的な意見が多いようです。
「妊娠から出産までを海外で過ごしたから英語が得意♪」なんて話も聞いたことがありません。

そもそも、各器官が発達するのは生まれてからです。子供がお腹の中にいるときにママが英語を聞いていたからと言って、英語が習得できるとは考えられません。

「効果がなくてもやれることはやりたい!」と言うのであれば、モーツァルトなどクラシック音楽を聞くのはどうでしょう。英語の高い周波数帯の音に耳が慣れるかもしれません。

クラシックをゆっくり聞くことで、ママのストレス解消にもつながりますね♪

0歳、1歳、2歳は英語で音遊び♪

英語の音遊び

生まれてから色々な器官が発達する・・・それなら、生まれたら少しでも早く英語学習を始めたほうがいいの?と言うとそうでもありません。

言葉の意味もわからないうちから “Good morning.” や “Thank you!” を言わせて効果があるでしょうか。母国語の日本語さえわかっていないうちにです。

極端に英語にこだわりすぎると、ダブルリミテッドセミリンガルと言われるような、英語だけでなく日本語も年齢相応の成長ができない場合があります。

また、言語学者白井恭弘氏の著書「外国語学習の科学-第二言語習得論とは何か」の中で、「第二言語の習得は母語を基盤とする」という記述があります。
外国語学習の科学-第二言語習得論とは何か

画像引用元:Amazon

つまり、母国語の知識があるほうがより効率的に第二外国語を習得できるということです。

まずは英語よりも母国語である日本語を第一に教えることを意識してください。日本語を理解できる基礎があってこそ、英語が理解できるようになります。

日本語での会話がある程度できるまでは、英語学習はアルファベットや音、リズムを中心とした英語の音に親しむレベルで十分です。まだ英語はインプットの段階だと思ってください。

英語の歌など、自然に英語が聞こえてくるような環境を作ってあげましょう。

年齢に応じた英語の知育玩具も良いですね♪

3歳、4歳、5歳の英語は面白い!楽しい!がテーマ

3歳4歳5歳の英語学習

日本語での会話が十分に出来だしたら、それから英語を学び出してもけっして遅くはありません。この頃から子供は興味のあるものがはっきりしてきます。また、理解力も進んでいきます。

普段話している日本語とは別の言語として、英語というものを理解できるようになります。
英語を学ばなければいけないものでなく、興味の対象として好奇心がわき楽しいものと思えるようサポートしてあげましょう。

興味を持ったものには集中しますし、繰り返すことや真似することも多い時期ですね。遊び感覚で英語に親しめるような取り入れ方が良いでしょう。

日本語で知っている言葉や会話を英語で言ってみましょう!日本語がわかっているからこそ、子供は英語との対比に興味を持ち自分で英語を話すことが楽しいと感じます。

子供によって成長に差があります。日本語でも言葉の発達が早い子とゆっくりな子がいます。3歳・4歳時点で差があったとしても、小学校に上がる頃に差はなくなります。焦る必要はありません。日本語での会話のペースに合わせて、英語学習も進めてください。

子供の性格や興味の度合などをしっかり見てあげて、うまく英語学習に結びつけましょう。押し付けるのではなく、子供の気持ちを尊重して楽しく英語と接することで効果的な学習ができます。

小学生の英語はコミュニケーションツール

小学生になると外国語としての英語が意識できるようになります。そして子供自身が英語を覚えたいと思うようになります。英語を会話のツールとして使えるように、積極的にアウトプットできる環境を作ってあげましょう。

これからスタートするなら、インプットすることから始めてみましょう。まずインプットできなければ、その後のアウトプットもスムーズにいきません。聞く⇒話すが言葉を覚える基本です。

英語の音に慣れるように英語絵本の読みかせも良いでしょう。簡単な内容なら理解も早いですし、英語もわかりやすいですね。最初は聞くだけでも、そのうち自分も声に出して読むこともできるでしょう。

すでに英語に慣れているなら、どんどんアウトプットしていける環境づくりをしてあげてください。英語力はコミュニケーション力でもあります。聞いて話すことで、どんどん英語力はアップしますよ。

ご家庭で、英語で話す時間を作っても良いですね。

英語はあくまで会話のツールです。インプットだけでは上達しません。子供が英語に興味を持ちだしたら積極的に会話できる環境を作ってあげましょう。人見知りしない性格なら英会話スクールなども検討してあげてください。

英語学習のポイントは会話と継続!

会話と継続

3歳以降の言葉として英語を覚えていく段階では、レベルに応じたインプットだけでなく、覚えた言葉を継続的にアウトプットする環境を作ってあげることが重要です。

特に会話の中で英語を覚えていくとより効果的です。相手の言うことを聞きとり、英語のまま考えて発話するというトレーニングになります。

そして、英語は続けることが最も大事です。
ある時期ママが熱心になって子供の英語力がある程度伸びても、その後放ったらかしでは忘れてしまいます。子供は次々に新しいものに興味を持って吸収していきますから。
楽しく続けていけるようにサポートしてあげましょう。

継続して会話の中で英語を覚えていくためには「子供向けオンライン英会話」もおすすめです。

オンラインですから送り迎えが不要ですし、マンツーマンでしっかりと会話することができます。

「今日はママの都合で英会話スクールに連れていけない。」
「転勤で今までのスクールに通えなくなった。」
といった場合でも、オンライン英会話ならネット環境さえあればどこでもレッスンを受けられますので、継続しやすいことが魅力です。

英語を習得するためには、英会話の経験をどんどん積むのが王道であり、早道です。

オンライン英会話の魅力をこちらでまとめています。
また、子供の英語教育では欠かせないポイントなどお伝えしています。

まとめ

早期英語教育の捉え方や取り組み方、参考になりましたでしょうか。

大人である私たちのほとんどは、中学校から英語を勉強し始めたと思います。外国に興味があるから、海外の人と話したいからというのではなく、五教科の一つの科目としてですね。

最初興味があったのに、いつの間にか苦手意識が勝っていった。勉強と構えることなく「聞く・話す」ことをもっとしていたら・・・と思う人も多いのではないでしょうか。

言葉を覚える基本は母国語同様、「読み・書き」ではなく「聞く・話す」から始めることです。子供にはまず英語が聞こえてくる環境を、そして会話のツールとしての英語を経験させてあげましょう。

学習方法には色々なものがあります。子供が飽きずに英語に親しめるように、性格や興味、レベルに合わせていろいろ試してみて下さい。

こちらの記事でも早期英語教育のポイントや、色々な英語学習方法をまとめています。是非ご覧ください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • [保存版]英語のニュアンスが身につく♪日常英会話フレーズ集小学生編

  • [保存版]英語のニュアンスが身につく♪子供と日常英会話フレーズ集

  • 早期英語教育に役立つ♪無料の幼児・子供向け英語アプリおすすめ10選

  • 子供に人気の英語の歌20選♪歌詞字幕付きだから歌えるYouTube動画

  • 女性が楽しめる絶対おすすめ映画20選!ママのリフレッシュに最適♪

  • なぜなぜ期におすすめ!知的好奇心が育つ♪読み聞かせ知育絵本15選