1. TOP
  2. 出来てしまったシミを消したい!今すぐできる対策と根本改善

出来てしまったシミを消したい!今すぐできる対策と根本改善

出来てしまったシミを消したい!今すぐできる対策と根本改善

顔のシミって嫌ですね。
「年齢的に仕方ないのかな」と思うと憂鬱な気分になります。

30代 40代の子育て世代は、自分のことはどうしても後回しになってしまいますね。
きちんとスキンケアしなくちゃと思いつつも、なかなか思うようにできないことが多いです。

「最近急にシミが増えてきた、もうそんな年齢なのかも・・・」
「美白ケアしているのに効果が感じられない・・・」

出来てしまったシミは諦めるしかない、と思っている人も多いでしょう。
ですが、諦めないでください。

正しい対策方法でシミは絶対消せます!

シミがどのようにして出来るのかがわかれば、解決策も見えてきますよ。

自分のシミはもう過去形?それとも現在進行形?
状態に応じた対策をしていきましょう。

そして、シミが出来にくい健康でキレイなお肌を作っていきましょう。

シミの原因

シミの原因

紫外線あるいは紫外線以外の原因で活性酸素が発生すると、お肌の表皮の一番下にあるメラノサイトという細胞に「メラニンを作れ」という指令が出ます。

すると、チロシナーゼという酵素が活性化して生成されたメラニンが黒くなります。

通常、できたメラニンはターンオーバー(お肌の新陳代謝)とともに表皮の上部に上がり、やがて古い角質と共に排出されていきます。

ところが、年齢を重ねてお肌のバリア機能が低下すると紫外線や様々な原因で活性酸素がより発生し、メラニンが過剰に分泌します。

また、年齢とともにターンオーバーが遅くなり、排出が間に合わなくなります。
このため余分なメラニンが蓄積され、酸化してますます黒くなりシミになってしまうのです。

これが一般的なシミ(老人性色素沈着)ができるメカニズムです。

これ以外に、30代40代の女性にできやすいシミに肝斑(カンパン)があります。
女性ホルモンの影響が主な原因で、メラノサイトが活性化しメラニンが生成されます。

肝斑も紫外線を浴びることによって、色が濃くなるなどさらに悪化します。

今すぐできるシミ消し対策

シミ消し対策

シミ対策の第一歩は紫外線対策です。
いくらシミを消そうと、メラニンがそれ以上に出来てしまっては追いつきません。

紫外線を浴びないことが一番なのですが100%阻止できるものではありません。

また、肌の細胞が紫外線のダメージを受けないように防御反応としてメラニンが生成されることを考えれば、メラニンは人の身体にとって必要なものです。

ですから、出来てしまったシミを消すと同時に、生成されたメラニンが沈着するのを防ぐことが重要です。

今すぐにできる対策を挙げてみます。

美白コスメ・化粧品

美白コスメ・化粧品は、メラニン生成や酸化を防ぐ作用のある成分が使われており、シミ対策に効果的です。

厚生労働省が認めている有効成分の中で、美白コスメによく使われている成分を幾つか紹介します。

  • メラニンを作れと言う指令物質の働きを抑えるもの
     ・・・カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA
  • メラニンを黒色化するチロシナーゼの働きを抑えるもの
     ・・・アルブチン、エラグ酸、コウジ酸、ルシノール、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン
  • チロシナーゼを減らすもの
     ・・・マグノリグナン、リノール酸

美白コスメでは有効成分や植物エキスなど様々な成分が使われています。お肌に合わせて選ぶと良いですね。

出来てしまったシミを還元する作用が強いのは、ビタミンC誘導体ハイドロキノンです。

ただし、ハイドロキノンは効果が高い反面、副作用のリスクもあるので用量・用法をしっかり守ってください。

とにかく早く消したい場合は、お肌の調子と相談しつつハイドロキノン配合の美白コスメを、そうでない場合はビタミンC誘導体配合のものが良いでしょう。

ビタミンC誘導体とは、壊れやすいビタミンCを皮膚に浸透しやすくするとともに、皮膚に浸透してからビタミンCに変化する成分です。
美白だけでなく様々な美容効果もある安全な成分ですが、皮脂の分泌をコントーロール(抑制)する作用があり、乾燥肌の人はしっかりと保湿を行ってください。

*海外製品の中には、日本製品よりも成分濃度が高いものがあります。取扱いには十分注意してください。

シミに効く食べ物

シミに効く食べ物

お肌に浸透させるコスメだけではなく、食べ物からでもシミ対策はできます。
予防のために、そして出来たばかりのシミを薄くする効果も期待できますよ。

  • ビタミンC
    強い抗酸化作用でメラニンの色素沈着を防ぎます。コラーゲンの分泌を高めて健康な肌を作る働きもあります。
     ⇒ 柑橘類、キウイ、パプリカ、ブロッコリー
  • ビタミンE
    抗酸化作用によって、メラニンの沈着を防ぎます。新陳代謝を活発にする働きもあります。
     ⇒ ナッツ類、小麦胚芽、オリーブ油、かぼちゃ
  • ビタミンB群
    新陳代謝を促し細胞の修復に効果があります。メラニンの沈着を防ぐ効果もあります。
     ⇒ レバー、豚肉、魚類、緑黄色野菜
  • ポリフェノール
    強い抗酸化作用があります。代表的なものにイソフラボン、リコピン、カテキンなどがあります。
     ⇒ ブルーベリー、ぶどう、ワイン、大豆、緑茶
  • 亜鉛
    新陳代謝を促すミネラル成分。コラーゲンの分泌を促します。
     ⇒ 牡蠣、牛肉、卵黄、チーズ

食生活にこれらの美白栄養分を積極的に取り入れましょう♪

シミに効くサプリ

美白関連のサプリメントもたくさんありますね。
シミを作る段階に応じて、効果のある成分が幾つかあります。

  • リコピン、アスタキサンチン、L-システイン、ビタミンCなど
     ⇒ チロシナーゼの働きを抑える
  • トラネキサム酸、コエンザイムQ10、ビタミンCなど
     ⇒ 抗酸化作用で活性酸素から守る
  • ビタミンB群、ビタミンE、プラセンタなど
     ⇒ ターンオーバーを促しメラニンの沈着を防ぐ

サプリは栄養補助食品で医薬品ではないので、これだけでシミを消すのは難しいかも知れません。
ですが、エイジングケアや健康維持も合わせて考えられるところがメリットと言えますね。

シミに効く医薬品

最近では美白効果が期待できる市販の医薬品も増えていますね。
いくつか紹介します。

ホワイピュア(くすりの健康日本堂)

ホワイピュア

画像引用元:ホワイピュア公式サイト

ビタミンC(アスコルビン酸)を1,000mg、L-システインを240mgでメラニンの生成を抑制し、ビタミンEでメラニンの沈着を抑制します。

また、L-システインとビタミンC・ビタミンEはコラーゲンの生成・維持を行い、新陳代謝を促進するビタミンB2、皮膚の再生を促進するビタミンB6を含み、健康なお肌に導きます。

*購入は公式サイトの定期購入(回数縛り無し)が最もお得です。

⇒ ホワイピュア公式サイトはこちら
 

トランシーノホワイトC(第一三共ヘルスケア)

トランシーノホワイトC

画像引用元:Amazon

メラニン生成を抑える成分L-システインが1日最大量240mg配合されています。
ビタミンCは1000mg配合、肌に沈着した黒色メラニンを無色化、お肌のターンオーバーに働いてメラニンの排出を促進します。ビタミンB2、ビタミンEもターンオーバーに働きます。

 

システィナC(第一三共ヘルスケア)

システィナC

画像引用元:Amazon

1日最大量L-システイン240mg、アスコルビン酸(ビタミンC) 300mgでメラニンの生成を抑え、黒色化したシミを薄くする働きがあります。
ビタミンB6、パントテン酸カルシウムはターンオーバーを促し、皮膚を正常に維持します。

 

シミ・そばかすの緩和として市販されているものは、L-システイン、アスコルビン酸などの美白成分や、新陳代謝に関わるビタミン類などが使用されています。

シミの中でも肝斑の緩和を目的とした医薬品も出ているので、薬剤師に相談すると良いですね。

副作用についてきちんと理解した上で、用量・用法を正しく守って下さい。
シミの種類やどのような薬が合うかなど、不明な点があれば薬剤師に聞いてから選ぶようにしましょう。

シミ取り治療

スキンケアやサプリ、医薬品・・・色々やってみたけれど効果が無かったという人もいるでしょう。

美容クリニックでレーザーや光治療という手もありますが、お金も時間もかかりそう・・・。
そういう人には皮膚科での治療も方法の一つです。

皮膚科で行われる治療としては外用薬・内服薬・レーザー治療があります。
レーザー治療は医療用の機械を使用し、美容クリニックのレーザーより効果が高いと言われています。

皮膚科治療のメリット

・一人一人の症状に合わせて医師が処方、治療してくれるので効果が高い
・処方薬は市販薬に比べて濃度も高く、有効性としては優位

皮膚科治療のデメリット

・シミの種類によっては保険適応されないこともある(一般的なシミは自由診療が多い)
・カウンセリング、通院などで時間が取られる

シミの種類によって治療内容や薬も異なりますし、効果にも個人差があります。
ですが、医療機関であることのメリットは大きいと言えます。

シミができにくい肌作り

シミができにくい肌作り

今すぐできる対策を紹介しましたが、シミはどんどん進行していくものです。
シミ取りに追われるよりも、シミができにくいお肌になるよう根本改善しましょう。

基本は3つです!!

まずは紫外線対策

と言うといつもやっているし、と思いますよね。
ですが、正しくできているか?が問題です。

夏だけではなく、一年中対策は必要です。
紫外線量に応じて日焼け止めを使う、UV機能付きのコスメを使うなどTPOで使い分けをしましょう。

意外に多いのが日焼け止めを一度塗ってそのままにしている人。
塗り直さないと効果は薄れます。⇒ 知らない間に日焼けしていますよ!

日焼け止めはSPF・PAの強弱ではなく、正しく使えているかが勝負です。

2つめは保湿

もう、耳タコですね(^^;)
ですが、お肌には欠かせないもの、生きるための空気と同じです。

紫外線のダメージからお肌を守るバリア機能は年齢とともに低下します。
保湿が不足すると表皮の皮脂バランスが壊れ、紫外線などの外敵から守ることができなくなるのです。

その結果、メラニンの分泌が過剰になってしまい、シミをたくさん作ることになってしまいます。

紫外線からお肌を守ると同時に、お肌の内側も潤いを保てるようにしっかりスキンケアして下さい。

3つめはターンオーバー

と言われても何をやればいいの?と思いますよね。

メラニンが生成されてもターンオーバーが正常に働けば、余分なシミとして沈着せずに自然に排出できます。

美白コスメや医薬品でも必ず新陳代謝を促す成分が入っているように、皮膚の生まれ変わりはシミ対策にとても大事なのです。

ターンオーバーを乱すものはストレスや睡眠、栄養バランスなどの生活習慣です。
血流が悪いことも影響します。

関係なさそうに思えますが、ストレスを無くすことや運動をすることでもシミには効果があります。
血行を良くすることも必要ですね。

以上3つを意識して、シミの生成や沈着を阻止できる健康なお肌を目指しましょう♪

まとめ

シミには幾つかの種類があるので、まず何が原因かをつきとめることが大事ですね。

消しゴムのように簡単に消せるものではありませんが、ちゃんと対策をすることで効果は出ます。

美白ケアを続けてシミが薄くなった、くすみが取れたという人は沢山います。
記事で紹介した対策を同時に並行して行うことで、より効果が得られます。

目指すは泥縄式対策ではなく、シミを作らない美肌づくりです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

出来てしまったシミを消したい!今すぐできる対策と根本改善

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 日焼け止めどれだけ塗ればいいの?覚えておきたい正しい塗り方と順番

  • 知っておきたい!敏感肌の人の日焼け止めの選び方と紫外線対策

  • ありすぎて迷っちゃう!日焼け止め失敗しない選び方3つのポイント

  • 化粧水・美容液の正しい使い方!肌年齢マイナス15歳のエイジングケア

  • 【女性の薄毛対策】20代も急増中!薄毛になる13の原因と改善対策11個

  • カラダの中からスキンケア?! 美肌を作るおススメ食材20選