1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 育児
  4. 節分ってなあに?どうして豆まきするの?子供に伝えたい風習と由来

節分ってなあに?どうして豆まきするの?子供に伝えたい風習と由来

節分ってなあに?どうして豆まきするの?子供に伝えたい風習と由来

毎年2月3日頃は節分の日ですね。
あなたのご家庭ではどのように過ごされますか?

「鬼は外~」と豆まきをする、恵方巻にかぶりつく、鰯を焼いて食べるなどなど(^^)
節分の風習は有名ですし、多くの人に親しまれていますね。

ただ由来や意味がぼんやりしたまま、形だけがイベント化してしまっていることも多いようです。

「節分ってなあに?」
「どうして鬼は外って言うの?」
「なんでいわしを枝に刺すの?」

お子さんは不思議に思うことが沢山あるでしょう。

伝統行事は地域性もありますし、現代のライフスタイルに合わせて変わってきているところもあります。
ですが、由来や意味は子供にわかるように正しく伝えてあげるべきですね。

今回は節分の意味や風習の由来を探り、お子さんへの伝え方の例を紹介します。
さらに節分を親子で楽しむ方法、おすすめの節分料理もご紹介します♪

スポンサーリンク

節分とは?どんな習わしがある?

節分とは?どんな習わしがある?

節分の意味

節分(せつぶん)は元々季節の移り変わる時、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日のことでした。

太陰暦では立春を年の初めと定めたので、立春の前日つまり大寒の最後の日を特に節分として重視したものです。

ですから節分は「太陰暦の大みそか」と言うことですね。

なお立春は二十四節気のひとつで、太陽の角度(太陽黄経)が315度の時のこと。

年によって前後するので、節分も2月3日と決まっているわけではありません。
※2024年までは2月3日が節分の日。

案外知らない人が多いのではないでしょうか(^-^;

豆まきの由来

「季節の変わり目は邪気(鬼)が生じる」という考えから、平安時代の宮中では節分に旧年の厄や災難を払う追儺(ついな)の行事が行われていました。

そして室町時代以降は豆まきをして鬼を追い出す行事が民間にも広まっていきました。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ邪気を追い払い無病息災を願うという意味があります。
このことは故事伝説が始まりと言われています。

“鞍馬山の鬼が出てきて都を荒らすのを祈祷して鬼の穴を封じ、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶして災厄を逃れた”

豆まきは通常「鬼は外、福は内」ですが地域や神社によって異なり「福は内、鬼も内」と言うところもあります。

また、まいた豆から芽が出ないように(再び邪気が出ないように)炒った豆が使われます。
落花生を使う地域もあります。

豆まきの後は、自分の年の数(地域によっては数え年)の豆を食べ健康を願います。

柊鰯(ひいらぎいわし)の意味

柊鰯(ひいらぎいわし)を作ろう

柊鰯は豆まきと同じように、節分に鬼を払う風習として古く(平安時代の書物にも記載)からあります。

柊の枝に焼いた鰯の頭を刺し門口に飾る、魔除けの方法です。

柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、また塩鰯を焼くと臭いと煙で鬼が近寄らないと言う意味もあります。

また焼いた鰯を食べることで、邪気を消し新しい年を迎えるという節分鰯(せつぶんいわし)の習慣もあります。
西日本発祥と言われていますが全国に広まっている習慣です。

他にもけんちん汁やこんにゃく、そばなど地域によって異なった習慣があります。

恵方巻の始まり

現代では鰯よりも全国区になっているのが恵方巻ですね。

江戸~明治時代に商売繁盛と厄払いの意味合いで、大阪商人が幸運巻寿司の習慣を始めたと言われています。

大阪の花街で流行り、その後「節分の丸かぶり寿司」が商業ベースに乗って一般に広まりました。(起源は諸説あります)

1990年代に「恵方巻」と名付けられコンビニチェーンが全国展開してから、2000年以降に一気に広まったと言われています。
「恵方巻」「招福巻」「開運巻」など現在は色々なネーミングがされています^^

巻きずしを丸かぶり・・・「福を巻きこむ」「縁を切らない」ため、また鬼の金棒に見立てて邪気を払うとも言われます。

恵方を向いて無言で食べる・・・その年の最も良いとされる方角(恵方・吉方)を向いて食べるのが願掛け、しゃべると福が逃げていくからです。

2019年(平成31年)の恵方は東北東です。

子供にはどう伝えればいい?

子供に節分を説明する

昔ながらの厄除けや願掛けの習慣と言っても、子供には難しいですね。
子供にも伝わるように、簡単な説明をしてあげましょう。

  • “昔の人はね、病気とか人が死んでしまうような大きな火事とか地震のことを鬼と呼んでいたんだって。
    人と人がケンカをするのも心の中に悪い鬼がいるからだね。”
     
  • “人が悲しんだり困ったりすることが無いように、豆をまいて鬼を追い払うんだよ。
    自分の年の数だけ豆を食べようね、丈夫な身体になるおまじないだよ“
     
  • “鬼は鰯が大嫌いなんだって。だからトゲトゲの葉っぱと鰯でおまじないを作って玄関に飾っておくんだよ。
    そうすると鬼は嫌がってお家の中に入ってこられないでしょう。“
     
  • “鬼が嫌いな鰯は、人が食べるととても丈夫な体になるんだよ。
    きっと鬼も嫌がって逃げちゃうよ。“
     
  • “お寿司は良いことが沢山ある方に向いて食べるんだよ。
    お行儀よく食べようね。そうすればお願いごとが叶うよ。“

イメージしやすいように年齢に合わせて、わかり易い言葉で伝えましょう。
一つ一つの意味を話してあげるのは大事なことですね。

親子で豆まきをしよう!

保育園や幼稚園で年中行事にされているところも多いですが、家庭でも豆まきをして幸せを呼び込みましょう。

豆まきは本来は家の主または年男がまくものとされています。

パパがまく、パパが鬼のお面をかぶって家族がまく、家族みんなでまくなど色々なケースがあるかと思います。

通常は夕方暗くなってから家の扉や窓を開け、外にむかって「鬼は外」内側に「福は内」(地域差あり)と言いながら豆をまきます。

「福は内」の後はすぐに扉を閉めるというのも基本です。

最近では後片付けが簡単な小袋入りの豆をまく人も多いようです(^.^)
住宅事情などを考慮して、それぞれのやり方で楽しんで下さい。

手づくり鬼で豆まき
牛乳パックに紙を貼り、子供に鬼の絵を描かせて的にするのもゲーム性があって楽しいです。

豆は大豆でも良いですし、思いっきり遊びたい時はアルミホイルやティッシュを丸めて豆を手づくりしても良いですね(^^♪

甘えん坊さんは甘えんぼ鬼、泣き虫さんは泣き虫鬼、反抗期のイヤイヤ鬼というように子供が自分の困った鬼をネーミングするのも良いかも知れません^^

柊鰯(ひいらぎいわし)を作ろう

柊鰯は地域性や住宅事情によってされないところも多いのですが、こういう風習があるということで子供と一緒に作ってみるのも良いですね。

  • 材料
    ・鰯の頭
    ・柊の枝(刺しても折れないくらいの太さ)
  • 作り方
    鰯の頭の部分を焼いて、上を向くように枝の先に刺すだけです。
    とても簡単です。

    頭だけ焼くのではなく、塩焼きにして食べたあとの残った頭を使う方が実用的ですね。

  • 飾り方
    魔除けなので玄関の外、扉の上が適しています。
    住宅事情に合わせて玄関の内側や、玄関先の植木鉢に刺すことも可能です。

    ペットやお子さんにも配慮して下さいね。

  • 飾る期間
    特に決まりは無く一年中飾る地域もあれば頭が自然に落ちるまで、あるいは2月中とか翌日(立春)までという人もいます。
     
  • 捨てるとき
    捨てる際は塩で清めて半紙などに包んで処分するのが一般的です。
    神社によってはお焚き上げするところもあります。

本当の柊鰯を作れない人は

YouTubeから折り紙を使った柊鰯の折り方を紹介します♪

おススメ節分レシピ

小さい子供のいる家庭におススメの節分レシピを5つ紹介します。

レシピはクラシル様より紹介しています。

アプリも便利ですよ♪
badge_appstore badge_googleplay

節分に!ワイワイ鬼ぎりワンプレート

鬼の顔のおにぎりやハートの卵焼きなど子供が喜びそうなプレートディッシュです。
海苔を切るなど細かい作業は前日などに準備しておくと良いかも♪

調理時間50分
費用目安300円前後

【材料】(2人前)
<おにぎり>
 お湯 適量
 塩 ひとつまみ
 ブロッコリー 4切れ
 ごはん 2膳
 カニカマ 12本
 海苔 適量
<唐揚げ>
 鶏もも肉 1枚
 塩麹 小さじ1
 片栗粉 適量
 揚げ油 適量
<卵焼き>
 卵 2個
 みりん 大さじ1
 砂糖 小さじ1/2
 塩 ひとつまみ
 サラダ油 適量
 海苔 適量
冷凍枝豆 100g
Kurashiru

節分も洋風に!鬼オムライス

お寿司に飽きてしまったら鬼さんのオムライスはいかがですか?
作り方も簡単なので、是非親子で飾りつけしてみてください!

調理時間20分
費用目安200円前後

【材料】(1人前)
<チキンライス>
 ごはん 200g
 ささみ 1本
 玉ねぎ 1/4個
 酒 大さじ1
 ケチャップ 大さじ1.5
 ソース 大さじ1
卵 2個
マヨネーズ 大さじ1
豆乳 (なければ牛乳) 大さじ1
<顔パーツ>
 ヤングコーン 2本
 スライスチーズ 適量
 海苔 適量
ウインナー 1本
ベビーリーフ 30g
ミニトマト 2個
サラダ油 少々
ケチャップ 適量
Kurashiru

鬼は外!いわし明太のチーズ焼き

鰯が苦手な子供でも明太子とチーズの組み合わせで美味しくいただけます。
食べながら親子で鬼退治や健康のお話をしましょう!

調理時間30分
費用目安300円前後

【材料】(2人前)
いわし明太 2匹
ピザ用チーズ 80g
パセリ 適量
Kurashiru

スキレットでいわしのチーズパン粉焼き

トマトやハーブで鰯の臭みも消え、チーズパン粉でサクッと美味しい一品です。
形は変われど節分鰯、栄養もあって良いですね♪

調理時間30分
費用目安500円前後

【材料】(2人前(直径21cmのスキレット))
イワシ 3尾
水 1000ml
塩 大さじ2
ナス 1本
トマト 1個
<チーズパン粉>
 パン粉 大さじ4
 オリーブオイル 大さじ3
 粉チーズ 大さじ2
 バジル (乾燥) 小さじ1
 すりおろしニンニク 小さじ1
塩 少々
黒こしょう 少々
オリーブオイル 小さじ2
Kurashiru

福豆でおしゃれチョコレートバー

福豆が余ったらスイーツに変身させてみて!
大豆の食感も楽しいですし、中身はアレンジもできますね(^^)

調理時間20分
費用目安400円前後

【材料】(2人前)
ホワイトチョコレート 200g
福豆 50g
ミックスドライフルーツ 60g
<飾り用>
ミックスドライフルーツ 10g
Kurashiru

まとめ

年々日本に来る外国人観光客が増えていますし、学校では英語教育も進んでいます。
今の子供達はグローバリゼーションの波に乗っていると言えますね。

成長するにつれ様々な異文化と接する機会も増えていくでしょう。

その中で日本古来大切に伝えられてきた行事や風習を正しく理解することは、子供達にとって日本を知る大事な機会です。

起源や意味を知らずにやり方だけイベント化していくのは、残念なことですね。
伝統行事や風習について正しく理解することで、より楽しく取り組めますし情操教育にも繋がります。

ぜひ記事を参考にしていただき、節分のことをお子さんに伝えてくださいね。


さて、節分が終わるとすぐにバレンタインデーですね^^

お子さんと一緒に手づくりバレンタインチョコはいかがですか?
可愛いお子さんから手づくりチョコをプレゼントされればパパも大感激です。

おいしいチョコレートで楽しいバレンタインにしてください。

ちなみに、お雛様の飾りつけに良い時期は節分の翌日から2月中旬ごろですよ♪

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

節分ってなあに?どうして豆まきするの?子供に伝えたい風習と由来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供のお誕生日会や子連れママ会に!会話が弾むパーティーメニュー♪

  • 七夕(たなばた)って何?なぜ笹を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

  • お中元の意味って何?いつ誰に贈る?お中元のマナーと子供への伝え方

  • 簡単!楽しい!子供と一緒に作れる休日のおやつ~メーカーレシピ20選

  • 料理が苦手でも大丈夫!簡単手抜きで美味しく見栄えよくできるコツ♪

  • ひな祭りって何?どうして桃の花を飾るの?子供に伝えたい風習と由来