1. TOP
  2. 料理が楽しくなる裏ワザ7選♪時短テクニックや下ごしらえのコツ

料理が楽しくなる裏ワザ7選♪時短テクニックや下ごしらえのコツ

 2017/09/11 食事・レシピ  
料理が楽しくなる裏ワザ7選♪時短テクニックや下ごしらえのコツ

「毎日の献立を考えるのが苦痛」
「仕事で疲れてようやく帰宅すると、今度は夕食の準備が待っている」

女性は食べるのが好きで作るのも好き、みんな出来る、結婚したら出来るようになる。
そんな風に思っている人もいるようですが、それは大きな誤解ですね!

得意分野は人それぞれですから、誰もが料理ができて当然なわけがありません。

ですが、現実問題としてママはやらざるを得ない立場にいます。
本音を言えばやりたくない、楽しくない・・・それでもやらないと、と頑張っているわけです。

ただ、これらの悩みを持つ人は、とても責任感が強い人だと思います。
実際に外食や宅配オンリーな人はいますし、夫が料理担当になっている家庭もあります。

  • 苦手だけれど、外食ばかりは不健康だからと頑張っている人
  • やるからにはちゃんとしたものを作りたいと思う人
  • 手抜きする日もあるけれど、美味しいと家族が言ってくれると救われると言う人

投げ出さずに何とかしようとしている人だから、ストレスもたまるのかも知れません。

そんな一所懸命な人に少しでもストレスを減らしていただき、もしかしたら楽しいかも♪と思っていただけるようなコツやヒントを紹介したいと思います。

Sponsored Link

週間単位で大まかに献立を考えておくといい

週間単位で大まかに献立を考えておく

献立を考えることがそもそも面倒で嫌い(+_+)

献立のことで頭がいっぱい、の状態はストレスになりますね。
朝からもう夕食のことを考えなければいけない、という人も多いのでは?

買い物しながらではなく時間の余裕のある時に、1週間分あるいは2,3日分の献立を考えておくと楽です。

買い物リストを作る時にも、一つの食材をどう使うか予め決めておけば無駄なく効率良く買い物できますね。

「特売のキャベツを買おう。ロールキャベツ、豚肉とみそ炒め、千切りにしてサラダか付け合わせorざく切りにして浅漬けかピクルスに」

献立はガッチリ立てるのではなく、こんな風に材料を活かしながら幾つか考えておくと臨機応変に組み合わせができます♪

下ごしらえを前日までにしておくといい

時間が無い!急いで晩ごはん作らないと・・・(+_+)

忙しいママは作る手間をなるべく少なくしたいですね。
時短料理も探せばたくさんあるのですが、実際料理に必要な時間は調理時間だけではありません。

そう、下ごしらえが面倒なのですよね。
プロの料理人に仕込みが必要なのと同じ、材料を洗ったり切ったり調味料をそろえたりという準備も含めての料理なわけです。

ですから簡単なおかずを作るにしても、一からやっていればそれなりの時間がかかります。

作る時にはもう下ごしらえが終わっていて、あとは調理するだけという状態になっていれば本当の意味で時短になります。

前日の夕食の片づけ後など、時間のある時にできるところまで下ごしらえをしておきましょう♪

そのためにも大まかな献立を立てておくと便利ですね。

料理の準備として冷凍保存するのもいい

今日必要ではないけれど、特売のものは買っておきたい(^.^)

献立を決めてから買い物に行くと、その時の価格でしか材料を買うことができません。

「特売の日ならもっと安く買えるのに!」
ということはよくありますね。

料理ができる人は献立を考えると同時に、お得に材料を買って無駄なく使うことができる人とも言えます。

そういう意味で安い時に買った食材を冷凍保存するのは良い方法ですね。
その場合、次に使う時のことを考えて保存するのがポイント。

料理を時短にするコツとして、冷凍する段階で下味をつけるとか適当な大きさで保存するのが賢いやり方!

例えば・・

  • すぐに使わない野菜を千切りやみじん切りにして冷凍する
  • 大盛りパックの鶏肉を下味をつけて唐揚げ用に、そぎ切りにして炒め物用に、細かく切ってチキンライス用と何種類かに分けて冷凍する

自分が普段よく使う形で、あるいは近々作ろうと思う料理に合わせて保存しておけば使いやすくなります♪

何となく冷凍しておくのではなく、下準備として冷凍保存ということです。

冷凍野菜や缶詰を活用すればいい

冷凍野菜や缶詰を活用すればいい

ゆっくり買い物する時間も下ごしらえにかける時間もない、けれど自分で作りたい!

そんな時に重宝するのが食材のストックです。
冷蔵庫、冷凍庫に何かあれば、急いでいる時でもあわてずに済みますね。

準備が面倒な時は冷凍野菜や、カット野菜も種類が豊富なので便利に使えます。
また、缶詰やレトルトの惣菜なども超便利アイテム!

何から何まで手づくりしなくても、臨機応変に便利ものを使えば料理は効率良くなりますし、レパートリーも増えて言う事なし♪

ひとつの下準備で使いまわせばいい

料理レシピは迷うほどあっても、作る気がなかなか起こらない(+_+)

美味しそうな画像。これならできそうかな。
作り方は・・・なんか面倒。

作りたいなと頭では思っていても、やる気の出ない時は誰にもあります。

「昨日のおかずが余っているから、それでもいいか」
「それにしても、全く同じメニューは芸が無さすぎる・・・」

自分ひとりなら良いのですが、家族の手前そういうわけにもいかないですね。
こういう時にはアレンジメニューや材料の使いまわしで楽をしませんか♪

例えば

  • 肉じゃがの残りを具にして卵で巻いてオムレツにする
  • 金平ごぼうを刻んでチキンハンバーグにする
→ 少し形を変えるだけで、作る手間もかなり省けます。

  • ハンバーグのネタを半分残しておいてミートソースにする
  • 同じくキャベツの重ね蒸しにする
  • カレー用に切った野菜を使って、豚汁や煮物にする。
→ 調理過程が似たものを多めに作って、次の日などに別のメニューに使いまわすことができます。

わざわざ作り置きを作らなくてもいい

作り置きのおかずはあると便利なのはわかるけれど、そんなに何種類も作れない(+_+)

今書店では料理関連本の中でも、特に作り置きのおかずレシピが人気です。
忙しいママにとって作り置きがあれば助かりますし、お弁当のおかずにも使えて便利ですね。

ですが、1週間のおかずを作り置くのはとても大変ですし、時間に余裕の無い人はわざわざそのために材料をそろえて準備しなければいけないと言うのも難しいものです。

もちろん休日に準備しておくことができれば良いですし、わざわざでなくても作り置きができる方法があります。

それは、今日のメニューを少し多めに作っておいてわざと余らせること♪

これもれっきとした作り置きのおかずになります。

2回分作るのでも良いですし、沢山でなくても余らせることができれば作り置きとして保存しておきましょう。
冷凍保存してあと一品欲しい時に使ったり、お弁当のおかずにしたり便利に使えます。

冷凍保存する時に、容器にメニューと日付を書いておくと作り置きがごちゃごちゃせずに上手に使うことができますよ。

作り置きが何種類ができれば、その中で組み合わせて献立を作ることも可能になります。
貯金しているみたいで楽しいですよ!

お弁当用にはアルミカップに小分けして、ラップしておけばそのまま入れて自然解凍ができますよ♪

スピードメニューをレパートリーに入れておくといい

スピードメニュー

レパートリーが少なくて、レシピを探すのに時間がかかる(+_+)

情報が豊富な今はレシピサイトも充実していて、材料やカテゴリーで検索すれば多くのレシピが見つかります。

ただ好みや条件に合ったものを一つ一つ見ていくのは本当に時間がかかります。
すぐにできそうなものが見つかればいいのですが。

急いでいる時に探す苦労を無くすためにも、レパートリーは増やしたいですね♪
特にスピードメニューをレパートリーで持っておくと便利です。

スピードメニューおすすめレシピ

レシピはクラシル様より紹介しています。

アプリも便利ですよ♪
badge_appstore badge_googleplay

缶詰とレンチンでお手軽!鮭と白菜の重ね蒸し(調理時間10分)

お魚の缶詰は煮汁も使えてホントに美味しくなります。
野菜はあるもので色々アレンジできますね!

【材料】(2人前)
鮭の水煮缶 180g
白菜 4枚
にんじん 1/4本
長ねぎ 1/2本
水 50ml
顆粒和風だし 小さじ1/2
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
Kurashiru

 

レンチンするだけ絶品!豚バラと豆苗のポン酢がけ(調理時間10分)

味も間違いなしの簡単美味しいメニューです!
メインのおかずが簡単なのは助かりますね。

【材料】(2人前)
木綿豆腐 200g
ツナ缶 1缶
玉ねぎ 1/4個
にんじん 1/3本
卵 1個
砂糖 大さじ1/2
カレー粉 小さじ2
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1.5
サラダ油 大さじ2
青ねぎ 少々
Kurashiru

 

お手軽もう一品に!カレー風味のツナ炒り豆腐(調理時間15分)

予め切った野菜があればさらにスピードアップ可能です!
水分を飛ばして作り置きおかずとしても〇。

【材料】(2人前)
木綿豆腐 200g
ツナ缶 1缶
玉ねぎ 1/4個
にんじん 1/3本
卵 1個
砂糖 大さじ1/2
カレー粉 小さじ2
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1.5
サラダ油 大さじ2
青ねぎ 少々
Kurashiru

 

キャベツがあったら!味噌チーキャベツ(調理時間10分)

野菜室に残りがちなキャベツを美味しく使い切りましょう!
味噌とチーズは失敗無しの組み合わせです。

【材料】(2人前)
キャベツ 1/4玉
味噌 大さじ1
みりん 大さじ1
酒 小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ1
サラダ油 適量
ピザ用チーズ 20g
黒こしょう 適量
Kurashiru

 

レンジで簡単!鶏とじゃがいもの塩ダレ(調理時間10分)

5分レンチンするだけなのに、じゃがいもまで味が染みわたります。
美味しい塩ダレは覚えておくと重宝しそうです。

【材料】(2人前)
鶏もも肉 150g
サラダ油 小さじ1
酒 小さじ1
鶏がらスープの素 大さじ1
すりおろしニンニク 小さじ1
ブラックペッパー 適量
ジャガイモ 1個
パセリ 適量
Kurashiru

 

まとめ

ここで紹介した方法は特別な技量などは不要です。

少しでも楽に料理ができるように、料理を作るまでの準備や調理工程を前もってしておくという分業のようなものです。

暇な時にちょっとやっておく、それだけでも時短になりますし気持ちも楽になるのではないでしょうか。
楽になって出来上がりが美味しければ、料理も楽しくなるでしょう。

後は少しずつレパートリーを増やして、時間の無い時に作れるメニューの選択肢を広げていきましょう♪

こちらの記事では、いつもの料理を簡単にワンランクアップさせる方法を紹介しています。
一気にレベルアップ!?

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

料理が楽しくなる裏ワザ7選♪時短テクニックや下ごしらえのコツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供のお誕生日会や子連れママ会に!会話が弾むパーティーメニュー♪

  • 子供の野菜嫌いに悩むママ必見!試したい7つの克服法と人気レシピ!

  • 子供の五感を育てよう!ママと一緒に作るおかずとスイーツ15選

  • カラダの中からスキンケア?! 美肌を作るおススメ食材20選

  • 【体にいい!子供が喜ぶ♪】簡単ヘルシーな手づくりおやつレシピ15選

  • 料理が苦手でも大丈夫!簡単手抜きで美味しく見栄えよくできるコツ♪