1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 育児
  4. 【入園式・入学式の服装】ママは何を着る?守るべきマナーを徹底解説

【入園式・入学式の服装】ママは何を着る?守るべきマナーを徹底解説

育児  
【入園式・入学式の服装】ママは何を着る?守るべきマナーを徹底解説

春は入園入学シーズン、お子さんの門出をお祝いする嬉しいイベントですね。
晴れやかなセレモニーのために色々準備しなくては、と考えている人も多いのではないでしょうか。

ママとしては服装も気になるところですね♪

「入園式や入学式にはどんな服装で行けばいいの?」
「フォーマルでなければダメ?アクセサリーは?」
「着る機会が少ないものを新調するのはもったいない」

特別な日にはきちんと押さえておかなければいけないマナーがあります。
知らずに恥ずかしい思いをするのは嫌ですね(+_+)

今回はママやパパの服装のマナー、そして服装以外にも気をつけるべきポイントを紹介します。

Sponsored Link

ママの心構えとマナー

ママの心構えとマナー

入園式、入学式はお子さんの門出を祝う大事な儀式です。
華やかでありながら厳かな雰囲気は身も心も引き締まるものですね。

お子さんにとっては社会生活のスタートを切る特別な日。
式には先生方や父母会の役員、児童の保護者が集まり、親にとっても新たなコミュニティーの始まりの日とも言えます。

ママはそれを踏まえて常識ある振舞いをしなくてはいけませんね。
主役はもちろん子供ですが、親も単なる付き添いではなくちゃんと自覚を持って臨むことが必要です。

服装を始め、入園式や入学式での色々なマナーを理解しておきましょう♪

ママの入園式・入学式の服装

服装はセミフォーマルもしくはインフォーマル

ドレスコードで言うならセミフォーマルあるいはインフォーマルが基本のスタイルです。

セミフォーマルとは準礼装のことで、挙式や披露宴、子供の入学式や卒業式に出席する時の一般的な服装です。
セミアフタヌーンドレスセレモニースーツはセミフォーマルにあたります。

  • セレモニースーツ

     
  • ノーカラージャケットとワンピース

     
  • セレモニーパンツスーツ

     

インフォーマルとは略礼装のことで、セミフォーマルほど決まったスタイルではありません。
ただし綿、麻、デニムのような素材やプリント柄、カジュアルなデザインのものはNGです。

黒や紺のワンピースにジャケットをプラスするのも良いですし、キレイ目のスーツに小物やアクセサリーでフォーマル感を出すこともできますね。

  • パール使いツイードノーカラージャケット

色は明るめで

入園入学には白・ベージュ・ピンク・淡いグレーなど明るめの色合いがおススメです。
黒のスーツも人気ですが真っ黒にならないように気をつけましょう。

光沢のある生地やエレガントなデザイン、また小物やアクセサリーなどで華やかさを出してくださいね。

バッグと靴は同色で

バッグと靴は同色にするとバランスも良く、すっきり見えます。
別の色にする場合も洋服とのバランスを考えましょう。

バッグはフォーマルなもの、小ぶりで無地の布や革製のものが一般的です。

黒やグレー、ベージュが人気ですね。
ブランドのロゴなどが入ったものはフォーマルではありません。

帰りに荷物が増える可能性が高いですが、大きなバッグは避けましょう。

少し大きめのバッグがあると将来的にも便利です。
黒や紺であれば冠婚葬祭で重宝します。

はパンプスが基本、ストラップパンプスも歩きやすくキレイに見えます。

カジュアルなサンダルやミュール、ブーツ、高すぎるヒールなどはNGです。
オープントゥも本来はフォーマルではありませんが、選びたい人はなるべくエレガントなものを(^-^;

アクセサリーは上品に

セミフォーマルとして相応しいアクセサリーはパールのネックレスやピアス、ただしブラックパールは喪のイメージなので控えましょう。

基本的に光るものは昼間のアクセサリーとしてNGですが、派手すぎなければダイヤのリングなどは構いません。

洋服とのバランスもありますから、アクセサリーをつける場合は控えめで上品な感じになるように考えて下さい。

コサージュもシンプルな洋服には華やかさを演出してくれます。
コサージュとアクセサリーがケンカしないように、つけすぎに注意!

ママの服装NG

  • カジュアルなデザイン、素材
  • 派手なプリント、原色
  • ロゴ入りブランドバッグ、大きいバッグ
  • サンダル、ミュール、ブーツ、高すぎるヒール
  • ブラックパール、派手なアクセサリー

その他のNG

目立ちすぎる原色、カジュアルな柄、カラー(柄)タイツ、フリルや装飾の派手なデザイン、ミニスカート、ロングスカート(セミロングはOK)、露出が大きいものなどは避けましょう。

パパの入園式・入学式の服装

パパの入園式・入学式の服装

最近は両親揃って式に出席する家庭も多いですね。
子供にとってもママにとってもパパがいるのは安心です。

男性の服装はダークスーツ

パパの服装はダークスーツ(略礼服)が基本です。

礼服は園長や役員など迎える側の人達の装いになるので、それより格を下げた方が好ましいです。

色は紺・グレーなどのダークカラーで、無地のもの。
ブラックスーツも礼服ではないものであれば、シャツやネクタイで明るめにコーディネートできますね。

園によってはカジュアルな服装(ジャケットとパンツ)でも大丈夫なところはありますが、予め確認しておくことが必要です。

シャツとネクタイは明るめで

シャツは白や淡い水色、ピンクなどがおススメです。
柄物は避けましょう。

ネクタイもスーツに合った明るめのものが人気です。
黒は喪のイメージなのでNG、白は礼服に用いられるのでNGです。

靴は革靴

スーツスタイルにはやはり革靴が基本ですね。
通勤用にカジュアルな靴を履いている人も多いですが、セレモニーには革靴をはくのがマナーでしょう。

ママの服装と色合を合わせるとバランス良くペアコーデができますね。
ネクタイやポケットチーフをママのコサージュの色と合わせるなど小物だけでもオシャレです♪

パパの服装NG

  • カジュアルスタイル、派手な色・柄のスーツ
  • 正装(ブラックフォーマル)*ただしシャツ、ネクタイでアレンジすれば可
  • 濃色・柄のシャツ
  • 柄、黒、白のネクタイ
  • カジュアルな靴

押さえておきたい注意点

ここでは入園式や入学式に出席する際に、押さえておきたい注意点を挙げてみます。

服装は園や学校によって違いがある

「フォーマルなら間違いない、と思っていてもいざ行ってみると自分だけ浮いてしまった」
反対に
「この小学校は伝統的に保護者は黒と決まっている」など
独自のルールがあるところもあります。

知らずにいて浮いてしまわないように、予め先輩ママに聞いてみるなどして確認しておくことをお勧めします。

撮影のマナーを守ること

お子さんの晴れ姿を沢山撮りたいという気持ちは皆同じですね(^^♪
ついつい熱が入りがちですが、自己チューになってしまわないように注意が必要です。

他の人の迷惑にならないように順番を守り、式典中も立ち上がっての撮影は控えましょう。
最近は撮影場所が指定されているところもありますね。

私語、携帯に注意

厳かな式の邪魔にならないように、私語は慎み携帯マナーも守りましょう。
弟や妹がぐずったり、携帯電話がかかってきたりした場合は速やかに外に出ること。

大家族は迷惑!?

会場の広さによって異なりますが、両親と兄弟だけではなく祖父母まで出席することで非常識と思われる場合があります。

運動会や発表会とは違うので、大きな会場で無ければ大人数での出席は控えた方が良いでしょう。

他の保護者への挨拶

保護者で初めて顔を合わせる人が多いのは当然です。
ですがこれから繋がりができていくのですから、保護者同志礼儀として挨拶はすべきです。

挨拶をしないというのは人物評価の大きなマイナスポイントにもなりますね。

子供と共に今後良い関係が築けるように、目が合った人とはきちんと挨拶しましょう。
微笑みながら軽く会釈するだけでも好印象^ ^

まとめ

初めてお子さんを入園、入学させるママにとっては嬉しさと同時に色々不安なこともありますよね。

お子さんの準備もしなくてはいけないし、お子さんによっては心のケアも必要かも知れません。
自分のことは後回しになりがちですが、いざと言う時に焦らないように少しずつ準備を始めましょう。

服装についてもマナーを理解した上で、どうするか考えておくと良いですね。

式当日は程よい緊張感を持って、我が子の成長をお祝いしてあげて下さい♪

画像出典:ワールド オンラインストア

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

【入園式・入学式の服装】ママは何を着る?守るべきマナーを徹底解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仕事・育児の両立に悩むママ必見! 挫折しないための5つのポイント

  • 子供の留守番は何歳から?お留守番に慣れるコツと防犯対策・注意点

  • 【嫁姑問題】お義母さんと育児で衝突! 悩みを解決する7つの方法

  • 節分ってなあに?どうして豆まきするの?子供に伝えたい風習と由来

  • 子供の習い事で得られる効果は?春から始めようおススメの習い事10選

  • ひな祭りって何?どうして桃の花を飾るの?子供に伝えたい風習と由来