1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 育児
  4. 子連れ海外旅行★赤ちゃんから小学生まで年齢別おすすめの行き先10選

子連れ海外旅行★赤ちゃんから小学生まで年齢別おすすめの行き先10選

子連れ海外旅行★赤ちゃんから小学生までおすすめの行き先10選♪

「子供と一緒に海外旅行へ行きたいな」
連休や長期休暇に子連れで海外旅行を考えている人もいるでしょう。

まず悩むのはどこへ行くか、ですね(^^♪

テーマパークで遊びたい、美しい景色を見たい、歴史や文化に触れたい、ショッピングもしたい・・・旅の目的は人それぞれです。

ただ行ってみたいと思っても、そこが果たして子連れで訪れるのに相応しいかどうかは別問題ですね。
知らないで行くのはやっぱり不安です。

フライト時間や時差の問題、現地情勢、食べ物、ホテルの充実度なども考慮して、安心して楽しめる国や地域を探しましょう。

今回は子連れ海外旅行を計画中のママのために、赤ちゃんから小学生まで年齢別におすすめの行き先・場所を10個ご紹介します。

初めての子連れ海外旅行の方はこちらの記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの海外旅行はいつから大丈夫?

赤ちゃんの海外旅行はいつから

「そもそも飛行機は赤ちゃんでも乗れるの?みんな何歳くらいで海外に連れて行くの?」

飛行機は生後8日以降であれば赤ちゃんでも搭乗は可能です。
とは言ってもせめてお座りができるようになってから(6,7ヵ月以降)にすべきでしょう。

少しの間でも座ることができると楽ですし、授乳の間隔やお昼寝のリズムなども決まってくるので行動しやすいですね。

海外旅行に関する調査では海外旅行デビューは1歳が最も多く、次いで2歳という結果が出ています。
赤ちゃんすぎるのは不安だし、1,2歳のうちは旅費も抑えられるということでしょう。
参照元:ソニー損保「子連れ海外旅行に関する調査」

2歳未満は幼児運賃で大人料金の10%、旅行社のツアーでは無料というところもあります。
2歳以上12歳未満は小児運賃が適用され、大人の75%の割合です。
参照元:JAL国際線-お子様の国際線ご利用についてのご案内

*路線やクラスによって設定が無い場合や、割引率が異なる場合があります。
*2歳未満で座席を確保したい場合は小児運賃適用となります。

海外旅行の年齢別行き先選びのポイント

お子さんの年齢別に旅行のポイントを紹介します。

0~1歳の海外旅行の行き先

乳児の間はお子さんの意志は働かないので、行き先は大人の希望で選べます。
オムツ替えや授乳などを考えて、無理のないスケジュールを立てましょう。

赤ちゃんによって睡眠パターンが異なりますから、フライトもそれに合わせると楽ですね。

2~6歳(未就学児)の海外旅行の行き先

年齢とともに活動範囲が広がり好奇心も旺盛になってきます。

リゾート地で遊んだり、マリンアトラクションに参加したり、幼稚園くらいであれば観光やショッピングも一緒にできます。
テーマパーク、子供向け施設なども良いですね。

あまりタイトにスケジュールを組まず、体調に合わせて柔軟に!
2,3歳くらいまではフライト時間は短めの方がストレスも少ないです。

小学生の海外旅行の行き先

海外旅行の楽しさを実感できる年齢です。

遺跡や自然遺産、食べ物など異文化を体験することは勉強になります。

お子さんの希望を聞きながらスケジュールを立てると良いですね。
フライトが少々長めでも、泣いたりくずったりする心配はないでしょう^^

海外旅行の行き先(国・地域)おすすめ10選♪

子連れ海外旅行で人気の行き先(国や地域)10選を、おすすめの年齢や魅力と共に紹介します。

グアム(アメリカ)

グアム
画像引用元:グアム政府観光局
おすすめ年齢:0歳~
フライト時間:約3.5時間
時差:1時間

子連れ海外旅行で1番人気のグアムは、常夏のビーチアイランド。
平均気温26℃で年中泳げるリゾート地です。

赤ちゃん連れでもゆっくり過ごせますし、年齢問わず楽しめます。

ウォーターパークやホテルのプールで遊ぶも良し、アクティビティーに参加するも良し、遺跡や観光スポットめぐり、ショッピングもできます。
日本語が通じる場所が多いのも安心ポイント!

サイパン(北マリアナ諸島)

サイパン
画像引用元:マリアナ政府観光局
おすすめ年齢:0歳~
フライト時間:約3.5時間
時差:1時間

グアムよりもさらにのんびり、サンゴ礁の海と緑が美しい癒しのリゾート地です。
大きな施設やショッピングセンターはありませんが、子供向けサービスが充実したホテルは沢山あります。

平均気温27℃、海は穏やかで遠浅、親子で思い切り遊べます。
サブマリンやイルカウォッチングなど小さいお子さんができるツアーも多くあります。

台北(台湾)

台湾
画像引用元:台湾交通部観光局
おすすめ年齢:4,5歳~
フライト時間:約4時間
時差:1時間

「リゾートも良いけれど異文化体験もしてみたい!」という人には台北がおすすめです。
穏やかな気候、食べ物も合いますし新日国なので安心です。

観光、グルメ、ショッピング、ナイトマーケットは活気があって、お子さんも楽しめます。

映画「千と千尋の神隠し」のモデルと言われている街九份(キュウフン)にも日帰りで行けます。

ダナン(ベトナム)

ダナン ベトナム
画像引用元:ベトナム観光総局
おすすめ年齢:ビーチリゾート0歳~、観光4,5歳~
フライト時間:約5.5時間
時差:2時間

アメリカの経済誌フォーブスで「世界で最も魅力的なビーチの一つ」に選ばれたミーケビーチを始め、白い砂浜の美しいビーチが連なるリゾートタウンです。

リゾートホテルが多く、小さいお子さん連れでも快適。
ダナンはビーチだけではなく、ホイアンやフエなど世界遺産の街への拠点にもなっていて歴史を訪ねるのもおすすめです。

オシャレなカフェやレストランが沢山あり、ローカルの味も辛くないのでお子さんと街歩きするのも良いでしょう。

プーケット(タイ)

プーケット タイ
画像引用元:タイ国政府観光庁
おすすめ年齢:0歳~
フライト時間:約7時間
時差:2時間

エメラルドの海と白い砂浜で「アンダマン海の真珠」と呼ばれる有名なビーチアイランド。

直行便が少なく乗り継ぎで時間はかかりますが、時差が少ないので子連れ旅行にも人気です。

子供向きのサービスやプログラムが充実したホテルが多く、マリンアクティビティなども楽しめます。

ゾウ乗り体験などこの地ならではの異文化に触れることもできます。

シンガポール

シンガポール
画像引用元:シンガポール観光局
おすすめ年齢:5,6歳~
フライト時間:約7時間
時差:1時間

シンガポールは近代的な都市である一方、緑が多く美しいガーデンシティです。
ホーカー(屋台)も衛生管理が行き届き、子連れでも心配なくローカルフードを堪能できます

テーマパーク、ビーチ、観光など色々な楽しみがあり、多民族国家の面白さが体験できます。
ナイトサファリはお子さんにはもちろんのこと、大人にもおすすめです。

フライト時間は長めですが直行便が多いので、お子さんのリズムに合わせて計画しましょう。

バリ島(インドネシア)

バリ島 インドネシア
おすすめ年齢:4,5歳~
フライト時間:約7.5時間
時差:1時間

アジア有数のビーチリゾートで、神々の島の名の通り寺院や遺跡が多く文化や芸術面でも見どころの多い島です。
子供向きの設備やプログラムなどが充実したホテルが多いこともおすすめポイントです。

芸術の村ウブドは世界中の観光客が集まる魅力的な村です。
民族舞踊、伝統音楽、民芸品、現代アートなどバリ島では欠かせないスポットと言えます。

お子さんにとっても歴史や文化を肌で感じる場所になるでしょう。

ハワイ(アメリカ)

ハワイ
画像引用元:ハワイ州観光局
おすすめ年齢:5,6歳~
フライト時間:約7~9時間
時差:19時間

誰もが知る南国のリゾートアイランド、子連れの旅行先としても大人気です。
日本語が通じますし、ホテルも子供向けの設備やサービス・ブログラムが沢山あります。

ただ時差があることで時差ボケになる人もいます。
出発前にしっかり休養しておくことや、機内で睡眠調整をするなど対策をしましょう。

ビーチ遊び、マリンアクティビティ、ショッピング、また観光スポットめぐりやシュノーケリングのツアーも沢山あります。

ケアンズ(オーストラリア)

ケアンズ オーストラリア
おすすめ年齢:小学生以上
フライト時間:約8時間
時差:1時間

ケアンズは世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフキュランダ原生林などの世界遺産や観光スポットが多く、行動範囲が広くなる年齢のお子さんにおすすめです。

海や熱帯雨林にある村キュランダへのツアーも沢山あります。
コアラ、カンガルー、鳥や蝶などと触れ合えるツアーは大人気です♪

フライト時間は長いのですが、夜便であればお子さんが飽きてしまう時間もクリアできるでしょう。

ニューヨーク(アメリカ)

ニューヨーク アメリカ
おすすめ年齢:小学生以上
フライト時間:約13時間
時差:14時間(サマータイムは13時間)

子連れ旅行でニューヨークなんてと思われるかも知れませんが、ニューヨーク市民は当然のこと、観光客もファミリーの姿が多く見られます。

近年劇的に治安は改善され、観光で訪れる場所であれば日中の地下鉄も大丈夫です。
ただ注意すべきエリアもあるので、事前確認は必須です!

セントラルパーク、子供博物館、遊園地、動物園(おすすめ!)、ミュージカル(おすすめ♪)・・・
子供向けのスポットやエンターテインメントが沢山あります。

まとめ

お子さんも自分も楽しい思い出が作れるように、旅の準備はしっかりしたいものですね。

お子さんの年齢・目的・ホテル・ツアーやアトラクション・費用などを確認し、気候や治安なども十分リサーチした上で、ベストな行き先・場所を選んでくださいね。

現代はSNSを通じて、子連れ海外旅行の記録やエピソードなどを発信している先輩ママがたくさんいます。
あくまでも個人の感想ですが、参考にしてみては?

ワクワクドキドキの子連れ海外旅行、沢山思い出を作って下さいね(^^♪

行き先が決まったら次は旅行の準備ですね♪
こちらの記事では旅行で必要な持ち物や、便利グッズを紹介していますので是非参考にしてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

子連れ海外旅行★赤ちゃんから小学生までおすすめの行き先10選♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子連れ海外旅行はこれで安心!必要な持ち物とママ納得の便利グッズ

  • 工場見学おすすめ20個!見る・学ぶ・体験する!親子で楽しめる♪

  • 初めての子連れ海外旅行★ママが押さえるべき注意点とポイント!

  • 子連れ海外旅行はこれで安心!3つの注意点とトラブル予防&対処法

  • 子連れ旅行の基本!行き先・ホテルの選び方、持ち物・便利グッズなど