子供の習い事で得られる効果は?春から始めようおススメの習い事10選

子供の習い事で得られる効果は?春から始めよう!おススメの習い事10選

春は心も晴れやかで、新しいことを始めるのにピッタリな季節ですね。
子供の入園や入学を機に、習い事をさせてみようというママも多いのではないでしょうか。

日経DUALのアンケートでは「子供の習い事、何歳から始めたい?」という質問に、「年少」「小学校1年生」という回答が多く、実際に多くの家庭で幼児期にスタート何らかの習い語を始めているご家庭が多いようです。

またこのアンケートでは小学生では9割以上の子供が習い事をしているという結果も出ています。
(参考:日経DUAL「習い事調査2017 何をどこまで習ってる?」

今や子供の習い事は当たり前のようになってきていますね。

ママ達はどんな目的で何を習わせているのでしょうか?
習い事によってどんな効果が得られるのでしょうか?

今回は子供の習い事について取り上げます。
習い事最新事情やおススメの習い事、さらにこれから習い事をさせようと考えているママに向けて注意点などもお伝えします。

子供の習い事に関するママの意識と最新事情

子供の習い事に対するママの意識と最新事情

子供の習い事に関して、ママの意識は子供の年齢で変化していきます。

幼児期は子供の自主性に任せて勉強よりも体験することを重視。
そして年齢が上がるにつれて、教育にこだわりや関わりを持つようになる傾向があるようです。

親の教育熱心さが子供の将来を左右すると考える人も、年齢とともに増えていきます。
習い事や塾が当たり前になってきているというのは、やはり教育熱心なママが増えているということでしょうね。

最新の習い事事情を見てみましょう。

学校外活動調査
1位 2位 3位
芸術系 幼児 楽器 音遊び・
リズム遊び
リトミック
小学生 楽器 絵画 バレエ
運動系 幼児 水泳 体操・
運動遊び
サッカー・
フットサル
小学生 水泳 サッカー・
フットサル
体操・
運動遊び
教育系 幼児 英会話
・英語
計算や漢字プリント
教材教室
能力開発のための
幼児教室
小学生 英会話
・英語
習字・硬筆 計算や漢字プリント
教材教室

(参考:ベネッセ教育総合研究所「学校外教育活動に関する調査 2017」

ここには入っていませんが、男女別のデータでは女児の4位が幼児・小学生ともダンスとなっていてその人気がうかがえます。

習い事をするメリット

習い事はもちろんそれ自体のスキルを身に付けること、専門的なことを学ぶことが目的ですが、他にも色々なメリットがあります。

  • 社会性が育つ
    先生という大人と対峙することや、仲間と一緒に活動することを通して社会性が大きく育ちます。
    礼儀作法も身につくでしょう。
     
  • 視野が広がる
    今までと違った新しいものに目を向けることによって、知的好奇心が生まれ子供の視野が広がっていきます。
     
  • 集中力が高まる
    人の話を聞くことや、一つの事に神経を傾けることで注意力、集中力が高くなります。
    注意力や集中力はあらゆる活動で必要となるものですから、小さい頃から訓練すると非常にプラスになります。
     
  • 感性が磨かれる
    芸術やスポーツを通して子供は感性を育て、表現することや想像することの大きな力となります。
     
  • 丈夫な身体を作る
    スポーツで体を動かすことは運動不足の解消になります。
    また身体機能だけではなく脳機能を向上させる効果もあります。
     
  • 子供の個性を伸ばせる
    普通の園生活や学校生活だけでは十分に発揮されない、子供の特性を活かすことができます。
    習い事によって個性が開花することも大いにあります。
     

子供のおススメ習い事10選

芸術系習い事

子供の芸術系習い事

  • リトミック・音遊び
    歌ったり体全体を動かしたりすることで、リズム感や音感だけではなく表現力・記憶力・想像力などが豊かになります。

    リトミックは音楽が「生きる力」につながると考えられていて、社会生活をするために必要な基礎能力を音楽を使いながらバランス良く身に付けていくものです。

    0歳や1歳から始められるのもリズム系教室の特徴です。

  • 楽器
    ピアノ、鍵盤楽器は教室が多く通いやすさもあって人気ですね。
    ピアノに限らず楽器は感性を磨き、表現力、創造力にも繋がります。

    音楽に耳を傾けることや演奏することで必要な集中力は他の分野にもプラスになります。
    また1曲ずつクリアしていく充実感もあり、目標に向かう努力も子供には良いことですね。

  • 絵画・工作
    楽器のように教則本があって評価がはっきりするものではなく、自由に表現できます。
    想像力、創造力、感性を育てることができますし、自分のペースでできるところが良いですね。

    大勢の子供の中に入れない大人しいお子さんにもおすすめです。

運動系習い事

  • 水泳
    運動系では断トツ人気ですね。
    小さい年齢から始められますし、ある程度泳法を身に付けられれば満足感も出るスポーツです。

    運動機能アップだけではなく体質改善にもプラスになります。

  • 体操教室
    運動機能を伸ばし、基礎を作ることによってその後のスポーツ活動にも繋がります。

    体育の授業では運動が苦手な子供は克服するのが難しいですが、教室に通うことで克服する嬉しさを味わえます。

    体操全般だけではなく、最近では「逆上がりをする」とか「速く走れるようになる」など特化した内容のレッスンもあります。

  • ダンス
    キッズダンス教室もどんどん増え、ニーズが高いレッスンのひとつですね。
    リズム感や表現力、創造力も豊かになります。

    身体を動かすことが好きなお子さんにおすすめです。

学習系習い事

子供の学習系習い事

子供の習い事に関する注意点

子供の習い事に関する注意点

習い事で無理はしない

習い事は費用もかかりますし、送り迎えなど時間も必要になりママへの負担となることもあるでしょう。
お子さんの意志を尊重しつつ、長く続けられる環境かどうかも見極めることが必要です。

お友達の影響や色々な情報があるかも知れませんが、それらに振り回されて無理すると結果的にお子さんのためになりませんね。

無理強いしない

習い始めたら長く続けて欲しい、頑張ってレベルアップして欲しいという願いは当然ありますね。

ですが、大事なのはお子さんの気持ちや主体性です。
ママが熱心になりすぎて無理強いしないこと!
結果だけを求めることはお子さんの負担になります。

お子さんのペースを尊重してあげましょう。

辞めたいと言いだしたら・・・

子供はもともと飽きっぽくて興味の対象が移り易いものです。
ですから、嫌がっているからと言ってすぐに止めさせるのは良くありません。

続ける努力をするように上手にサポートして下さい。
何かを達成出来た時の喜びや充実感を、是非お子さんに味わわせてあげましょう♪

ただし嫌がっている原因をしっかり把握することは必要です。

通っている教室がお子さんに合っていないかもしれません。
先生との相性、お友達との関係、習い事そのものが性格に合っていないという可能性もあります。

お子さんが楽しんで通えているかどうかが大事なポイントです!

無料体験もおススメ

個性を伸ばしてあげたいけれど、年齢が低い間は何が良いのかママでも迷うところですね。
経済的な事やお子さん自身の負担もあるので、あれもこれもというわけにはいきません。

迷ったらぜひ、無料体験や見学を申し込んでみましょう。
実際体験してみると印象も違いますし、教室によっても異なりますからね。

習い事には色々な種類がある、ということもお子さんに見せてあげることが大事です。

まとめ

「子供が熱中できるものを見つけてあげたい」
「感性を豊かにしてあげたい」
「将来のために学習意欲を持たせるきっかけになればいい」

ママの習い事に対する期待や考え方は様々でしょう。

どんなきっかけであっても、習うことが楽しい!面白い!と思えばスキルアップ以外に色々な相乗効果が生まれます。

是非お子さんにぴったりな習い事を見つけてあげて下さいね(^.^)

最初のコメントをしよう

必須