1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 育児
  4. 端午の節句って何?こどもの日は何をする?子供に伝えたい風習と由来

端午の節句って何?こどもの日は何をする?子供に伝えたい風習と由来

端午の節句って何?こどもの日は何をする?子供に伝えたい風習と由来

5月5日は端午の節句、子供にとっては「こどもの日」の方がわかり易いですね。

3月3日のひな祭り(桃の節句)は女の子のお祭り、5月5日は男の子のお祭りというのはもちろんご存じですよね。

五月人形(ごがつにんぎょう)や鯉のぼりを飾る、柏餅やちまきを食べる、またこの日は菖蒲湯(しょうぶゆ)につかると言う人も多いでしょう。

ライフスタイルは時代とともに変化しますが、昔からの風習を伝えていくのは良い事ですね。
そして形式だけを楽しむのではなくその由来や意味を知ることも大事です。

「端午の節句ってどういう意味?」
「どうして鯉のぼりを飾るの?」
「菖蒲湯って何?」

お子さんの疑問にもわかり易く説明してあげたいですね(^.^)

そこで今回はこどもの日(端午の節句)の由来と風習について取り上げます。
親子で楽しめる子供の日の折り紙や料理などもご紹介します。

スポンサーリンク

端午の節句の由来

端午の節句の由来 こどもの日

端午(たんご)は五節句のひとつで、「端午の節句」あるいは「菖蒲の節句」とも呼ばれます。

節句(せっく)は季節の節目となる日のこと。
無病息災や豊作、子孫繁栄などを願って邪気払いの行事を行います。

人日・上巳・端午・七夕・重陽の五つを五節句と呼びます。

人日 読み方:じんじつ 1月7日 七草の節句 七草がゆを食べる日
上巳 読み方:じょうし 3月3日 桃の節句 ひな祭りの日
端午 読み方:たんご 5月5日 菖蒲の節句 こどもの日
七夕 読み方:たなばた 7月7日 笹の節句 たなばたの日
重陽 読み方:ちょうよう 9月9日 菊の節句

節句は節供(せっく)とも書き、これはお供えする食物を意味します。
縁起ものを食べる節句料理も風習として残っています。

旧暦で午の月は5月にあたります。
この月の最初の午の日を節句としてお祝いしていたことが、後に午は五に通じるということで五が重なる日が端午の節句となりました。(端ははし、始まりの意味があります)

また、中国では昔五月は悪い月とされ、薬草で邪気を払う行事がありました。
香りの強いアオイや菖蒲には魔除けの力があると信じられていました。

一方田植えの前の時期にあって、女性だけが家の中にこもりけがれを祓(はら)い、身を清める儀式を行う「五月忌み(さつきいみ)」という風習がありました。

これと中国から伝わった端午の節句が結びついたのが菖蒲の節句。
つまりもともと端午の節句は女性の節句だったというわけです。

一方、日本では奈良時代から宮中で貴族たちが天皇から薬玉(薬草を固く丸めて飾りをつけたもの)を賜ることや、貴族間で薬玉を贈りあう習わしがありました。

そして鎌倉時代ごろから薬草の菖蒲(しょうぶ)が尚武(武道を尊ぶこと)と同じ読みであること、菖蒲の葉が剣を思わせることから、端午の節句は男の子の成長を願い健康を祈る行事になりました。

こどもの日になったのは?

端午の節句(5月5日)がこどもの日となったのは日本史で言えばずっと後です。

“こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する”

ことを趣旨として、1948年に5月5日が子供の日に制定されました。
趣旨を考えれば男の子だけではなく、こども皆の幸せを願う日となりますね♪

端午の節句の風習

次に飾り物や食べ物など端午の節句の風習についてひも解きます。

五月人形(ごがつにんぎょう)

端午の節句の内飾りとして、武家社会から始まった風習です。

武士が身の安全を守るために鎧(よろい)や兜(かぶと)を神社に奉納するしきたりがありました。

子供の身を守るという願いから、鎧兜、刀、武者人形、金太郎、武蔵坊弁慶などを模した五月人形を飾ります。

鯉のぼり

鯉のぼりは外飾りとして江戸時代から広まったとされています。
武家では男児の出世と健康を願い、庭先で飾られた紙、布、不織布(ふしょくふ)などに鯉の絵を描き風になびかせる吹き流しを鯉の形に似せてのぼりを作りました。

本来は真鯉(黒)だけだったものが、明治以降緋鯉(赤)と対で揚げるようになりました。
昭和以降は家族を表すように子鯉(青)を添えたものが主流になりました。

何故鯉なのかは中国の故事に由来します。

“黄河の急流にある竜門という滝を多くの魚が登ろうとしたが、鯉だけが登り切り竜になることができた。”

鯉の滝のぼりは立身出世の象徴になっています。
住宅事情もあり、現在ではベランダ用や室内用の鯉のぼりも人気があります。

菖蒲湯(しょうぶゆ)

菖蒲湯(しょうぶゆ) こどもの日

菖蒲の根や葉を入れてわかす風呂のことで、一般庶民に広まったのは江戸時代だとされています。

菖蒲は邪気を祓う薬草として中国では古くから使われていました。
長寿、健康を願って端午の節句(季節の変わり目)に、菖蒲湯につかる風習が伝わっています。

菖蒲湯は葉のまま入れても、刻んで入れても構いません。
鎮痛効果が期待できる精油成分があり、根には血行促進や保湿効果が期待できる成分が含まれています。

柏餅

柏餅を食べる風習は日本独特のもので、東日本に多いようです。
柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、家系が絶えないとされ縁起物として広まりました。

ちまき

中国の詩人屈原(くつげん)が由来です。
戦国時代楚の詩人、政治家であった屈原(くつげん)が身を投げた汨羅江(べきらこう)に、彼を慕う人々が命日(5月5日)にちまきを投げ入れて供養しました。

屈原の亡骸を魚が食べないように、魚の餌としたものがちまきの由来だとされています。

餅、米、団子などを茅(ちがや)や笹などでくるんだものがちまきです。
茅は生命力が強いと言われています。

柏餅に対して、ちまきは西日本で多く食べられています。

*代表的なものは柏餅とちまきですが、日本には餅や笹巻などその地域に伝わる様々な節句の食べ物があります。

子供への伝え方

端午の節句は男の子の成長をお祝いし、健康でたくましく育つことを願う日。

お子さんには風習や由来についてもわかり易く説明してあげたいですね。

  • “端午というのは昔のこよみの5月5日のことだよ。”
     
  • “子供の日は男の子のお祭りで、元気にたくましく育ちますようにとお願いする日だね。”
     
  • “昔は子供の日は女の子を守るためのものだったんだって。
    だから男の子のお祭りだけど、子供たちみんなが幸せでいられますようにとお祈りしようね。“
     
  • “昔お侍さんが闘う時に身に付けていた鎧や兜をお飾りしていたのを真似して、五月人形を飾るようになったんだって。”
     
  • “菖蒲湯につかるのは、皆丈夫でいられますようにというおまじないなんだよ。”
     
  • “柏餅(ちまき)もずっと元気で長生きできるおまじないのお菓子だよ。”

表現は色々ありますが、節句は悪いものを追い払って安全や健康を願うためのものだと理解してもらえれば良いですね(^^♪

親子で作ってみよう

こどもの日の食べ物、レシピ、折り紙

飾り物をしてお菓子を食べるのも子供にとっては特別な体験ですが、子供の日にちなんだ折り紙や料理を親子でするのも楽しいですね!

かぶとや鯉のぼりを作ってみよう

  • 新聞紙工作[かぶとの折り方]かぶって遊べる端午の節句子供の日折り紙

     
  • 折り紙かんたん『こいのぼりの折り方・作り方』端午の節句こども

     
  • 簡単折り紙こいのぼり箸入れ

子供の日の特別料理をママと一緒に作ってみよう

こどもの日におすすめのレシピを3つ紹介します。

レシピはクラシル様より紹介しています。

アプリも便利ですよ♪
badge_appstore badge_googleplay

不器用さんでも簡単に作れる!こいのぼりちらし寿司ケーキ

簡単に作れる鯉のぼりのちらし寿司ケーキ、飾りつけはお子さんが喜んでやってくれそうですね。牛乳パックを使うのも魔法みたいで楽しいです!

調理時間:40分
費用目安:700円前後
【材料】(4人前)
酢飯
 ごはん 3合
 酢 大さじ4
 砂糖 大さじ3
 塩 大さじ1

錦糸卵
 卵 3個
 砂糖 小さじ1
 塩 少々

サラダ油 適量
桜でんぶ 30g
とびっこ 30g
茹でエビ 4尾
きゅうり 1/2本
スライスチーズ 2枚
のり 適量
ごま油 適量
Kurashiru

こどもの日に!こいのぼりまき寿司

ハムやチーズを型抜きしたり、飾りつけをしたり・・・海苔巻きが鯉のぼりに変身!
パーティーにもおススメです♪


調理時間:40分
費用目安:600円前後
【材料】(3個分)
酢飯
 ごはん 200g
 米酢 30ml
 砂糖 大さじ2
 塩 小さじ1/2
 白いりごま 大さじ1

薄焼き卵
 卵 1個
 白だし 大さじ1
 サラダ油 適量

具材
 カニカマ 6本
 きゅうり 1本
 サーモン 100g
 ツナ 1缶(70g)
 マヨネーズ 大さじ1

飾り
 スライスチーズ 1枚
 ハム 2枚
 焼きのり 1枚
Kurashiru

こどもの日に!こいのぼりスコップケーキ!

スコップケーキは皆でワイワイ楽しむのにピッタリですね!
オーブンを使わないのでお子さんと一緒でも安心です。


調理時間:40分
費用目安:700円前後
【材料】(1台分10×16×8)
カステラ 300g
いちご 1パック
バナナ 2本
レモン汁 大さじ1
生クリーム 200ml
マスカルポーネチーズ 100g
グラニュー糖 30g
チョコペン 1本
冷凍パイシート (5cm×10cm)1枚
打ち粉 適量
Kurashiru

まとめ

日本古来大切に伝えられてきた行事や風習は、子供にとって自分達の文化を知る大切な機会です。
起源や意味を知らずにやり方だけイベント化していくのは、残念なことですね。

現代は国際化からさらに進んで様々な分野が地球規模になっています。
視野を広くもつのは子供達にとって大事なことですが、日本の文化に目を向けることも忘れないで欲しいと思います。

伝統行事や風習について伝えることによって、より親しみがわきますし情操教育としても良い事ですね。

ぜひ記事を参考にしていただき、お子さんと一緒に端午の節句をお祝いしてくださいね^-^

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

端午の節句って何?こどもの日は何をする?子供に伝えたい風習と由来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 簡単!楽しい!子供と一緒に作れる休日のおやつ~メーカーレシピ20選

  • お盆の期間はいつ?ナスやきゅうりを飾る意味は?子供への伝え方

  • 子供の五感を育てよう!ママと一緒に作るおかずとスイーツ15選

  • 土用の丑の日はいつ?何故ウナギを食べる?子供に伝えたい意味と由来

  • 料理が楽しくなる裏ワザ7選♪時短テクニックや下ごしらえのコツ

  • サクサク簡単!子供と作りたい手づくりバレンタインチョコレシピ15選