1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 髪と頭皮を紫外線から守る!UV対策とおすすめのUVカットスプレー

髪と頭皮を紫外線から守る!UV対策とおすすめのUVカットスプレー

髪と頭皮を紫外線から守る!UV対策とおすすめのUVカットスプレー

「紫外線はシミやしわの原因になる」というのはもう常識ですよね。

日焼け止めでしっかり対策、シミは絶対作らない!
もちろん美白コスメも使ってスキンケアしています!

意識して紫外線からお肌を守っている人は多いかと思います。

ですが忘れていませんか?髪や頭皮のこと(*_*;

顔や手足よりも、頭のほうが太陽に近いということ。

意外に忘れがち、おろそかになりがちなのが髪や頭皮なのです。

気が付きにくいところですが、紫外線のダメージが顔や手足の3倍と聞くと驚きですよね。

薄毛の原因とも考えられる紫外線、具体的にどんな影響があるのでしょうか?

今回は髪と頭皮を守るための紫外線対策について取り上げ、おすすめのUVカットスプレーもご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線の種類と髪・頭皮への影響

紫外線の種類と髪・頭皮への影響

紫外線には、A波、B波、C派と3種類あります。

このうち地表まで届くのがA波(UV-A)B波(UV-B)の2種類です。

A波(UV-A)は波長が長く肌の奥まで届きます。

紫外線は夏だけではなく365日お天気に関係なく降り注いでいて、特にA波はしわやたるみの原因(光老化)になるものです。

B波(UV-B)は波長が短くほとんどがオゾン層に吸収される紫外線ですが、近年は環境の変化で地表まで届く量が急激に増えています。
特に夏場は要注意!

肌の奥まで届かないものの、表面へのダメージがあり日焼けで赤くなったり水膨れができたりすることもあります。
また、皮膚がんや眼病などの疾患の原因ともなり得る紫外線です。

紫外線の髪への影響は?
  • メラニン色素が分解され、髪の毛が褐色化します
  • 髪の毛を主に構成するタンパク質ケラチンがダメージを受け、髪が細くなったり成長が弱まったりします
  • 乾燥しキューティクルが剥がれることで、切れ毛や枝毛などを引き起こします
紫外線の頭皮への影響は?
  • 毛根の細胞(毛母細胞)がダメージを受け、ヘアサイクルを乱してしまいます
  • ヘアサイクルの乱れは抜け毛や薄毛の原因となります
  • 頭皮表面が日焼けで赤くなることがあり、また乾燥してフケ状のもの(剥がれた角質)が出ることもあります

紫外線が原因と気づかずに髪や頭皮のダメージに悩んでいる人も多いですね。

髪や頭皮の状態が気になるなら、まずはしっかりと紫外線対策を行うべきです。

紫外線から髪や頭皮を守る

髪の傷みの原因はドライヤーの熱、ヘアカラー、スタイリング剤、間違ったヘアケアなど様々考えられます。
それに加え紫外線が原因となっているケースや、紫外線が髪や頭皮の痛みを助長しているケースも多いのです。

お肌と同じく髪や頭皮もしっかりと紫外線対策することが必要です。

日傘、帽子でガード

日傘や帽子は髪と頭皮を紫外線から守ってくれます。
最近は淡色の日傘も加工され遮光率99%、100%というものが沢山あります。

また遮光効果に加えて遮熱加工されたものも増えています。

帽子も同様にUV加工されたものが多く出回っていますので、つばが大きいものを選ぶと顔と首の紫外線予防にもなります。
(小顔効果にもおススメ♪)

お子さん連れの時はお子さんも自分も帽子と言うママも多いでしょう。
夏場は蒸れやすいので、通気性のある素材を選びましょう。

UVカット機能つきのヘアケア製品を使う

ヘアケア製品でUV効果のある成分が使われているものも増えています。

UVカット機能つきトリートメントは洗い流さないタイプのヘアトリートメントです。

髪の補修にUVカット機能を足したもので、種類も色々あります。

紫外線吸収剤をカプセルに包み込んで低刺激に押さえたもの、紫外線防止剤は使わずキューティクルを守りヘアカラーの褪色を防ぐ成分が配合されたものなどです。

UVを遮断するというよりも、キューティクルの剥がれを防ぐことや紫外線のダメージを軽減させる保湿栄養成分に着目しているものが多いようです。

一方、顔やからだの日焼け止めと同じように、直接的に紫外線をカットできるのがUVカットスプレーです。

外出前にスプレーするだけでUVカット効果が期待できるのがメリットです。

日焼け止めクリームなどと同様、防御率を示すSPFやPAの数値で効果の大きさがわかります。

数値の高いものでは紫外線吸収剤を使用したものが多いのですが、敏感肌の人でも使えるノンケミカルの製品もあるので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

おすすめのUVカットヘアスプレー&トリートメント

ここでは時間の無い時にもさっと使えるUVカットヘアスプレー、そして(洗い流さない)トリートメントを6つ紹介します。

アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター

SPF50 PA++++

UV製品のメジャーブランド「アネッサ」のUVカットスプレー。

美肌エッセンス配合のウォータープルーフで、顔・からだ・髪と全身に使えます。
石けんで落とせます。

コーセー サンカット 日焼け止め透明スプレー 無香料

SPF50 PA++++

速乾性があり汗や水に強いUVカットスプレーで、顔・からだ・髪に使えます。
ドラッグストアなどで手軽に買える価格で人気です。

無香料なので匂いが苦手な人も安心♪

シーランドピューノ アクアパラソル ニールモード 100g

SPF50 PA++++

近紫外線カットパウダー新配合の、顔・からだ・髪に使えるUVカットスプレーです。

新処方のサラサラ撥水パウダー配合でつけた後もさらっとしています。
ボタニカルオイル配合、パラペンやフェノキシエタノール、着色料など不使用の低刺激処方です。

ママバター UV ケアミスト アロマイン

SPF20 PA++

自然派のスキンケア製品で人気のママバターのUVケアミストです。

シアバター配合、ノンケミカル処方でお肌の弱い人も安心して使えます。
ミストタイプで顔や体、髪など全身に、お子さんにも大丈夫!

アースハート スタイリング UV オイルミスト

SPF20

「ヘアサロン EARTH」の、トリートメントと日焼け止めができるオイルミストです。
アルガンオイル配合、アプリコットフレーバーの香りとともに有効成分が髪をコートし日焼けから守ります。

ミルボン ディーセス エルジューダ サントリートメント セラム 120ml

SPF25 PA+++

美容サロン向けヘアケア製品で人気のミルボンのトリートメントオイル。
UVカット成分を毛先まで均一にのせることができるスムーステクスチュアオイルで、紫外線をカットしながら、潤いを与えます。

効果を最大限に生かすには正しい使い方で!

基本的にスプレーは髪や頭皮から10~20cmほど離してかけます。
顔の場合と使用方法が異なるものもあるので、必ず説明書に従いましょう。

アフターケアも大事

紫外線対策アフターケア

スプレー剤はしっかり洗い流す

顔や手足と同じように、髪や頭皮に日焼け止めスプレーをつけた日は帰宅後なるべく早く洗うことが大事です。

丁寧にシャンプーをした後は十分にすすぎ、濡れたままにしておかないで手早くタオルドライそしてドライヤーで手早く乾かしましょう。

濡れたままにしておくとキューティクルが剥がれやすくなり、紫外線のダメージが大きくなります。

紫外線で髪や頭皮は乾燥しがちになりますので、スカルプ系ヘアケアなど低刺激のシャンプーを使うのがおすすめです。

ヘアカラーは控えめに

カラーリングしていると髪が傷みやすく、紫外線の影響も受けやすくなります。

紫外線の強い季節はヘアカラーを控えめに、またトリートメントで保湿成分や栄養成分を補うことも必要でしょう。

頭皮環境を良くする

紫外線によって髪のサイクルが乱れると、切れ毛や薄毛の原因になります。

頭皮を清潔にすること、また良質なタンパク質やビタミン・ミネラルなど髪や頭皮によい栄養をバランス良く摂取することも大事ですね。

保湿成分や栄養成分を補ってくれる育毛剤も頭皮環境を整えてくれます。

日焼けしてしまった時は・・・

頭皮が炎症を起こしてヒリヒリする時はタオルなどで冷やしてください。
洗髪はシャンプー剤をつけずに、あるいは低刺激のシャンプーを薄めて低めの温度で洗いましょう。

炎症がある時は育毛剤などもつけないほうが良いでしょう。

日焼けしたあとフケ状のものが出たりかゆくなったりすることがあります。
強くブラッシングせず、自然由来のオイルなどで保湿して下さい。

症状が気になる場合は、医療機関に相談することをおすすめします。

まとめ

陽射しが強くなると日焼け対策を始める人が多いですね。
ですが、紫外線は春夏だけのものではありません。

季節や天候によって強さは変わりますが、常に意識してライフスタイルに合わせて紫外線対策したいものですね。

髪や頭皮が光老化してしまわないように、毎日しっかりケアしましょう♪

▼薄毛が気になっている方はこちらの記事が参考になります。

▼こちらの記事では日焼け止めの選び方についてお伝えしています。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

髪と頭皮を紫外線から守る!UV対策とおすすめのUVカットスプレー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【原因と予防策】紫外線以外の原因も!シミができる3つのメカニズム

  • 赤ちゃんと子供のための紫外線対策♪日焼け止めの選び方と塗り方

  • こんなに危険!シミだけじゃない?紫外線の恐怖と対策

  • 知っておきたい!敏感肌の人の日焼け止めの選び方と紫外線対策

  • 日焼け止めどれだけ塗ればいいの?覚えておきたい正しい塗り方と順番

  • 日焼け止めの選び方は数値?成分?失敗しないための3つのポイント!