1. TOP
  2. 【女性用育毛剤】本当に効果があるの?成分から見た症状別の選び方

【女性用育毛剤】本当に効果があるの?成分から見た症状別の選び方

 2017/06/19 美容・健康  
【女性用育毛剤】本当に効果があるの?成分から見た症状別の選び方

「最近抜け毛が増えたような気がする」
「髪の毛が細くなってボリュームが無くなってきた」
「分け目が薄くなって人の視線が気になる」

最近薄毛に悩む女性が増えています。
以前は老化によるもの、中年以降の女性がなるものとされていました。

ですが、今は老化のひと言で片づける問題ではなくなってきたようです。

女性の薄毛の原因は老化以外にも様々なことが指摘されています。
実際、20代でも薄毛に悩む人が少なくありません。

年齢に関係なく髪が薄くなるのはショックですよね。

そこで最近注目されているのが女性用の育毛剤です。
メーカーの研究開発も進み、色々な種類のものが市販されています。

通販でも買えて、人の目を気にしなくてもいいのは嬉しいですね。
効果があるなら使ってみたいと思っている人も多いでしょう。

実際のところ効果はあるのでしょうか?
成分も気になりますね。

今回は女性用育毛剤の効果と症状別の選び方について取り上げてみます。

Sponsored Link

育毛剤は効果あるの?

育毛剤は効果あるの?

薄毛の原因となるのは
  • 血行不良
  • 栄養不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 新陳代謝の低下
  • 乾燥
  • 皮脂の過剰分泌による炎症 etc.

これらは加齢間違ったヘアケア生活習慣の乱れ出産などによって引き起こされるものです。
パーマやカラー、あるいはヘアスタイルによる場合もあります。

育毛剤は「頭皮の環境を改善してヘアサイクル(髪が抜けて次に生えるまでの毛周期)を正常にし、健康な髪を育てる」ことを目的にしています。

育毛剤には様々な目的に沿った成分が使われているので、自分に必要なものを補えば効果が期待できます。

大事なのは、自分に合った育毛剤選びと正しい使い方です。

女性用育毛剤の成分

育毛剤に使われる成分はその働きによって幾つかに分けられます。
主なものを紹介します。

働き・効果 成分
血行促進 センブリエキス、シャクヤクエキス、ニンジンエキス、トウガラシエキス、緑茶エキス、ビタミンE、ニコチン酸アミドなど
ホルモンバランスを整える 甘草エキス、ヨモギエキス、オトギリソウエキスなど
保湿 アロエエキス、カミツレエキス、ヘチマエキス、ヒアルロン酸、グリセリン、コラーゲンなど
新陳代謝促進
栄養補給
パントテニルエチルエーテル、ビオチン、アミノ酸など
抗菌作用 ヒノキチオール、チョウジ、βグリチルリチン酸、塩化ベンザルコニウムなど
抗炎症作用 グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、カミツレエキスなど

効果は一つだけとは限らず、同じ成分で幾つかの働きをするものもあります。
古くから薬草として使われている植物などは、美容アイテムに広く使われていますね。

育毛剤によって主成分や配合割合が異なるので、選ぶ際には注意して見なければいけません。
成分表示の最初の方に記されているものが主成分になっています。

その他、医薬品として脱毛症の治療にも使われているミノキシジル塩化カルプロニウムという成分もあります。
これらは血管を拡張する血行改善効果があり、低濃度で一部の女性用育毛剤にも使用されています。
医薬成分として効果が認められていますが、一方で副作用のリスクもありますので用法・用量を正しく守ってください。

症状別の選び方

育毛剤症状別の選び方

たくさん種類がある育毛剤、価格も色々です。
効果を得るためにも、自分に合うものを選ばなくてはいけませんね。

薄毛の種類によって必要な成分も異なるので、自分がどの症状に当てはまるのか確認してみて下さい。

「髪が細くなる」「全体のボリュームが減る」「分け目などの地肌が目立つ」

女性に一番多いのがこのびまん性脱毛症と言われるものです。

原因:加齢による女性ホルモンの減少や乱れ、乾燥、血行不良、紫外線(光老化)、ストレス、生活習慣の乱れ、栄養の偏りなど

育毛成分 ⇒ 血行改善・保湿・ホルモンバランスを整えるもの・栄養成分など

「出産後抜け毛がひどい」

分娩後脱毛症は妊娠中から出産後に多く見られるものです。
授乳との関係は無く、たいていはヘアサイクルとともに徐々に元通りになります。

原因:妊娠中に活発に分泌した女性ホルモン(抜け毛を抑える働き)が、産後急激に減少するため。ストレス、睡眠不足、栄養不足なども付加要因として。

育毛成分 ⇒ 血行改善・保湿・栄養・女性ホルモンを整えるものなど。

母子の健康に配慮した安全性の高い育毛剤がおススメです。

天然成分で合成の香料や着色料、鉱物油、殺菌成分など無添加のものを選びましょう。

*妊娠中、授乳中使用可能、という明記されている育毛剤もあります。

「同じヘアスタイルを続けて、その部分だけ薄くなる」

牽引性脱毛症と言われるものです。
継続的に頭皮や髪が引っ張られることで、毛根が影響を受けて髪が細くなるまたは抜け毛になります。

原因:ポニーテールなど髪と頭皮を引っ張るヘアスタイルを続ける。分け目を変えずにいることなど。

育毛成分 ⇒ 負担のかからないヘアスタイルをすると同時に、血行改善・保湿・栄養成分など頭皮環境を整える成分を補いましょう。

「円形脱毛症」

円形(10円玉大)に脱毛する免疫疾患です。
1,2か所の脱毛がほとんどですが、多発性のものや頭部全体に広がる場合もあります。

原因:自己免疫の疾患、遺伝やストレスのケースも有。

⇒ 医療機関を受診することが優先。

医師と相談した上で、日常の頭皮ケアの目的で育毛剤を使用するのは良いでしょう。

「大量のフケが出る」「赤く炎症を起こしている」「かゆみがある」「べたついている」

頭皮の状態が乱れていることによるものです。
抜け毛がひどくなって粃糠性脱毛症脂漏性脱毛症と呼ばれることもあります。比較的男性に多いものです。

原因:シャンプー剤の強すぎる洗浄力、過剰な皮脂分泌、シャンプー剤などの残存成分、爪などによる頭皮への傷、不潔、パーマやカラーリングの薬剤、不規則な生活など。

育毛成分 ⇒ 保湿、血行改善など一般的なもの加えて抗炎症成分、殺菌成分など配合のもの。
ただし症状がひどい場合は専門医に相談すること。

育毛剤の上手な使い方

Q : 育毛剤を使い出してから効果が実感できるまで、どれくらいかかると思いますか?

A : 個人差もありますが早くても3,4か月くらい、普通は6ヵ月くらい試さなければわかりません。

「そんなに使わないとわからない?」と思うかもしれませんね。

なぜなのか?
ヘアサイクル(毛周期)で考えるとわかり易いです。
ヘアサイクル

通常のヘアサイクルは
成長期(1日0.2~0.3ミリづつ成長する)4~6年

退行期(毛根が小さくなっていき成長が止まる)2~3週間

休止期(自然に抜け落ちていく)2~4ヵ月

毛が抜けてからまた発毛するまでにかなりの時間を要するので、育毛剤をつけたからと言って短期間で効果の有無はわからないのです。

ですから、自分に合っているかどうか確認できるまでには、同じ育毛剤を3本~6本くらいは続けなければいけないことになります。

結論を急ぎすぎると逆にストレスにも・・・。
じっくり取り組んで下さいね♪

効果があるのか無いのかは成分もありますが、使い方でも変わります。
同じ使うなら、効果を最大限に得られるようにしたいですね。

  • 朝夕2回
    メーカーの使用説明に従うことが大前提ですが、朝夕2回使用すると効果的です。
    夜は就寝中に成長ホルモンが活発に分泌するので、その前に湿布すると効果がアップします。
     
  • ドライヤー後(またはタオルドライの後)
    頭皮が清潔な状態でなければ、成分も浸透しません。シャンプー後の濡れた状態でも効果が半減します。
    ドライヤー後の乾いた状態で湿布して下さい。
    メーカーの使用説明でタオルドライ後となっている場合は、育毛剤が浸透してからドライヤーを使用しましょう。
     
  • 液だれ注意
    目安となる分量を(メーカーによる)気になる部分を中心に何か所かに分けて湿布して、指のはらで優しく浸透させます。
    髪になるべくつかないように、液だれにも注意してください。
     
  • 湿布後マッサージ
    血行を良くすることで浸透も良くなりますし、栄養も行きわたり易くなります。
    指のはらを使って頭皮全体を軽くもみもみしましょう。

育毛剤を使う前に押さえておくべき3つのこと

育毛剤を使うポイント

薄毛の原因は幾つか考えられます。
薄毛の改善はその原因を知って取り除くことが解決のカギ。

せっかく有効成分配合の育毛剤を使っても、他のところで頭皮環境を悪くしていたら勿体ないですからね。

次の3つのポイントを押さえておいて下さい♪

①睡眠

睡眠不足は髪や頭皮にはとてもマイナスです。
人は寝ている間に疲労を回復し、ダメージを受けた細胞の修復をしています。

特に夜10時~午前2時頃の間に深い眠りについていると、成長ホルモンの分泌が盛んになり新陳代謝を促してくれます。

睡眠時間は長さよりも中身、長く寝ていても眠りが浅いとホルモンの分泌がなされません。
質の良い睡眠こそが、髪と頭皮に必要なのです。

身体を温めたり、強い光を避けオレンジ色の照明にしたりしてリラックスできる工夫をしましょう。

☆アロマオイルもおススメ

ラベンダーなど安眠効果のあるアロマオイルをティッシュに垂らして、枕カバーに入れると心が落ち着きます。
緊張からくる不眠に効果があります。

②生活習慣

栄養不足や過度のアルコール、喫煙なども髪の成長を妨げる原因となります。

食事の偏りで栄養バランスが悪い、あるいは無理なダイエットでも栄養不足に陥る可能性があります。
お酒の飲みすぎや喫煙も頭皮環境に悪影響になります。

育毛剤の成分が効率良く働くように、生活面からも頭皮環境を見直してみましょう。

③ストレス

ストレスは睡眠や生活習慣とも関係が深く、薄毛の原因としてスルーできないポイントです。
イライラしたり悩んだりすることで、ホルモンバランスは乱れ血流も悪くなってしまいます。

健康な髪や頭皮のためにもストレスはためないこと!

スポーツ、音楽、散歩、ママ友会、快眠・・・
自分に合った発散方法を見つけて、リフレッシュ&リラックスしましょう。

まとめ

女性の薄毛は治ります。

自分にとって必要な育毛剤はどんなものか?原因をさぐって考えてみて下さい。

もちろん育毛剤を買ってそれで安心、ではありませんね。
効果を実感できるように、頭皮環境を整えることも大事です。

また、薄毛に悩んでいるとそれだけでストレスになってしまいますね。
是非前向きに、美しい髪を目指して頭皮ケアして下さいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

【女性用育毛剤】本当に効果があるの?成分から見た症状別の選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カサカサ・粉ふき肌は冬だけじゃない?! 5つの対策で乾燥肌の根本改善!

  • こんなに危険!シミだけじゃない?紫外線の恐怖と対策

  • 『いちご鼻解消』毛穴パックで悪化?鼻の黒ずみを根本から治す方法

  • ニキビ肌・敏感肌にも効果ある?家庭用エステ美顔器の種類と選び方

  • 『油分(乳液)で蓋』は古い常識?化粧水だけでOK?乳液のホントの役割

  • 【女性の薄毛対策】20代も急増中!薄毛になる13の原因と改善対策11個