1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 育児
  4. 【理解されない育児ストレス】発散から癒しまでタイプ別16の解消法

【理解されない育児ストレス】発散から癒しまでタイプ別16の解消法

 2017/10/20 育児  
【理解されない育児ストレス】発散から癒しまでタイプ別16の解消法

人は生まれた時から一人ひとり違うもの、赤ちゃんでも個性があります。
教科書通りにいかないのは当然ですし、だからこそ育児は大変な仕事なのでしょう。

経験者の中には「子供は放っておいても育つ」と軽く言う人もいますが、それは通り過ぎたから言えること
辛かったことは忘れていきますからね^^

乳児から幼児さらに学齢が進む中、その時々でママは壁にぶつかり悩みます。
体力的にも精神的にも疲れますし、イライラする時もいっぱいありますね。

育てる方のママも、一人ひとり育児のやり方やストレスの感じ方は違います。
ストレスを他人に理解してもらうのはとても難しいことです。

ストレスから体調不良になる人も少なくありません。
酷い場合は抑うつなどの神経症になる可能性もあります。

健康で幸せな毎日を送るためにも、ストレスをためないようにしたいですね。

あなたはどんな方法でストレスを解消していますか?

発散しようとするけど上手く行かないという人は、もしかしたらやり方が合っていないのかもしれません。

ストレス解消法も色々なタイプがあるので、自分に合っているか色々試してみてはいかがでしょうか。

今回は発散型から癒し型まで16のストレス解消方法を紹介します。

Sponsored Link

カラダを動かして発散する

育児ストレス カラダを動かして発散する

  • じっとしているのが苦手
  • 出産と育児のために行動範囲が狭められたことによるストレスを感じている

そんなあなたに向いているのは、カラダを動かしてストレスを発散する方法です。

①ウォーキング

小さい子供の世話でどうしても前かがみになることも多く、血流が悪くなりがちです。
有酸素運動は血流を良くし、自律神経のバランスも整えてくれます。

自分の時間が作れたら20分以上のウォーキングでカラダを動かしましょう。
外の景色を見ることも気持ちが明るくなるのでおススメです。

②ストレッチ

外に出るのが難しい場合は、室内でストレッチをするのも効果的です。
リラックスしてカラダを動かすことで、心やカラダの緊張をほぐすことができます。

朝と夜寝る前がおススメです♪

朝のストレッチ → 交感神経を刺激して、眠っているカラダを目覚めさせ活力をもたせてくれます。
夜のストレッチ → 入浴後が◎。血流が良くなったところで1日の心身の疲れをほぐし、副交感神経によって深い眠りに導いてくれます。

 

外の空気を吸ってリフレッシュする

  • 運動は苦手
  • 一人で出歩くことが好き
  • ママ友とつるむのは好きではない

そんなあなたは家で子供と二人きりになっていることが幸せでもある反面、嫌なことがあればストレスにもなってしまいます。

環境を変え外の空気を吸うことで、気分もリフレッシュできますね。

③ショッピング

適度な買い物はストレスを軽減する効果があるとも言われています。
ウインドーショッピングだけでも気分が上がるという人も多いのではないでしょうか。

好きな雑貨やベビー用品を探して歩くのもストレスも発散になります。

買い物依存にならない程度に気分転換をして、また新鮮な気分で頑張ってみましょう。

④ひとりランチ

たまには家族やベビーシッターさんに子供を預けて、ひとりでランチするのもおススメです。

外で美味しいものを食べることで幸福感を味わえますし、自分のペースで食事ができるのはママにとって貴重な時間ですね。

ひとりでは無理という場合は、子供と一緒にお弁当を持って公園などに出かけてみてはいかがでしょうか。

開放感に浸るうちにイライラも解消できますし、子供も外に出るとよく寝てくれるようになります。

人と話して発散する

  • 悩みは誰かに聞いてもらいたい
  • 共感することで気持ちが楽になる
  • 1日中子供と二人きりで誰とも話さない

そんな人には大人と話すことでストレスを発散するのが効果的です。
辛いことやイライラすることを貯めておけない人は、どんどん気持ちを出していきましょう。

⑤家族に聞いてもらう

そばにいてくれる家族、自分のことをわかってくれる家族なら色々な気持ちを受けとめてくれるはず。

夫の場合は全部ぶつけることで夫婦間に亀裂が生じる可能性もありますが、優しく受けとめてくれる人なら思いをぶつけて発散しましょう。

実母は遠慮なく話せる上、先輩ママとしてアドバイスをもらえるので頼れる存在ですね。

⑥ママ友とおしゃべりする

同じ経験をしているママ友と話すことでも発散できるのではないでしょうか。
辛いのは自分だけではないと思えたり、子育てのヒントになる話を聞けたりするのもママ友ならではです。

⑦親友に聞いてもらう

親友と話すことも気分転換になります。
子育ての悩みを聞いてもらうとか、全く関係のない話題で盛り上がるのも楽しいですね。

付き合いの浅いママ友よりも、自分を知ってくれている親友のほうが甘えられると言う人も多いのではないでしょうか。

食べもので発散する

育児ストレス 食べもので発散する

  • 嫌なことや悲しいことがあった時は食欲が増す
  • 甘いものを食べると幸せな気分になる

そんなあなたは食べることでストレス発散するのがおススメです。

⑧お腹を満たす

お腹が満たされると心も満たされます^^

この際少々カロリーオーバーでも目をつむりましょう。
ストレスがなくなると自然に食欲も平常に戻りますから(^.^)

子供のお昼寝タイムに大好きなスイーツを食べる、夫に内緒で夕食をちょっと贅沢するなど、食べることを楽しんでみてはいかがでしょうか。

⇒ 楽天市場 スイーツ・お菓子ランキング はこちら
 

感情を爆発させて発散する

  • 自分の悩みを人に聞いてもらうのは苦手
  • 嫌なことも我慢して貯めこんでしまう
  • 喜怒哀楽をあまり見せない

そんなあなたはつい気持ちを押し殺したり、我慢してさらにストレスになってしまいます。
感情を外に出すことで心を解放することも方法の一つです。

自分ひとりなら遠慮なく感情を爆発させることができますね。

⑨DVDで感動する

泣ける映画、感動する映画、コメディー映画など心を揺り動かす作品に触れて思い切り泣いたり笑ったりしましょう。

涙活(るいかつ)という言葉があるように、泣くことで心のバランスを調整するのが向いている女性も多いようですね。

⑩本・漫画・音楽で感動する

映画と同様に泣いたり、笑ったり、ワクワクドキドキすることがストレスの発散に効果があります。

その世界に浸っている間は現実から遠ざかり、嫌なことやイライラすることも忘れています。
良い作品に触れると情緒も安定しますね。

育児情報で自己解決する

  • 人に相談するのは苦手
  • 甘えるのは下手
  • 自分で納得してから動く

そんなあなたなら、慰めてもらったり話を聞いてもらったりするよりも前向きに考えることでストレスを解消することができます。

⑪育児関連記事を読む

育児書や育児サイトには具体的な育児方法やお悩み相談、アドバイスなどが紹介されています。

疑問や悩みを解決するヒントも多く見られますし、自分にとって必要な情報を選択することもできます。

今直面している問題の原因や対処法がわかれば、自分なりに解決できストレスも軽減できますね。

⑫SNSを利用する

人と対峙しなくても、様々なコミュニティーを利用することで情報を得ることができます。
自分の都合が良い媒体で、好きなように利用すればいいので要らぬ気を使わなくてもすみます。

自分と同じ立場で同じ悩みを持っている人がいること、先輩のママの経験談もSNSやブログなどで知ることができます。

閲覧するだけでも、あるいはコミュニティーに参加することで不安が解消され元気づけられることもありますね♪

趣味で気分転換する

育児ストレス 趣味で気分転換する

  • 育児のために趣味を断念している
  • 一日中育児のことばかり考えてしまう

そんな人には頭の中に育児以外のことを持ち込んで、気分転換することをおススメします。

⑬趣味に集中する

少しの間でも趣味の時間を作って、集中してみるのはいかがでしょうか。

読書、手芸、絵画、ゲーム・・・夢中でやっている時はイライラも治まります。
育児以外のことで目標ができる、達成感を味わえると精神的にも充実しますね。

ゆったり過ごして心も癒す

  • 疲れて何もしたくない
  • 運動は苦手
  • 育児が原因かどうかわからないがイライラする

そんなあなたにはストレスを発散するというよりも、リラックスすることで心身をほぐすことをおススメします。

⑭ゆっくりお茶を飲む

育児はスケジュールがあってないようなものです。
1日中動きっぱなしでちゃんと休憩するという意識が無いのではないでしょうか。

労働に休憩は必要不可欠です。
ちゃんと休まないと集中力も無くなりますし、疲労もたまりますよね。

コーヒーやお茶でほっと一息入れるというのを、習慣にしてみてはいかがでしょうか。
無理に何かしなくてもただボーっと脱力することも必要です。

⑮お湯につかる

忙しくて自分はシャワーで済ますと言う人も多いかも知れませんが、ゆっくり湯船につかることも効果的です。
お湯に浸かると心身の緊張がほどけます。

血流が良くなって自律神経も整います。

睡眠の質も上がってストレス解消、疲労回復の効果がアップします。

⑯深呼吸する

ストレスが多い時ほど呼吸は浅く速くなりがちです。
腹式呼吸でゆっくり深く呼吸をすれば、副交感神経が刺激されて緊張がゆるみます。

自律神経が乱れているとストレスも解消しにくくなるもの、意識して深く呼吸をしましょう。

呼吸は鼻で、吸う時はお腹をふくらませるように沢山空気を取り入れ、吐く時はお腹から少しずつ出すように凹ませていきます。
時間がある時に5分でも10分でも無心で呼吸することに専念すると、心が癒されます。

まとめ

育児だけではなく、色々な場面で人はストレスを感じています。

ストレスをゼロにするというのは難しいかも知れません。
ですが、小さな赤ちゃんでもママの感情を察知すると言われていますから穏やかな表情で子供と接してあげたいですね。

そのためには少しずつでもストレスを発散し、リラックスした状態で育児に取り組むことが必要でしょう。

記事で紹介した中で自分に合うものを見つけて、ぜひ実践してみてください!!

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

【理解されない育児ストレス】発散から癒しまでタイプ別16の解消法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ホスファチジルセリン】子供の脳の成長・発達に効果的な理由とは

  • 女性が楽しめる絶対おすすめ映画20選!ママのリフレッシュに最適♪

  • 火が付いたら止まらない!?子供の癇癪(かんしゃく)原因と7つの対処法

  • 仕事・育児の両立に悩むママ必見! 挫折しないための5つのポイント

  • 子供の留守番は何歳から?お留守番に慣れるコツと防犯対策・注意点

  • もしかして発達障害!?子供の問題行動に悩むママが知っておきたいこと