1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 子供の悩み
  4. もしかして発達障害!?子供の問題行動に悩むママが知っておきたいこと

もしかして発達障害!?子供の問題行動に悩むママが知っておきたいこと

 2017/10/13 子供の悩み  
もしかして発達障害!?子供の問題行動に悩むママが知っておきたいこと

子育ての悩みはどのご家庭にもあることですね。

「うちの子だけどうしてこんなに手がかかるのだろう」
「何度言っても全然治らない、これって普通?普通じゃない?」

子供には個性があり発達も個人差がありますから、神経質になりすぎずに一つ一つ解決していくことが大切です。

ですが、あまりに手をやく子供の問題行動に不安を感じるママも少なくありません。

  • 言うことを聞かない
  • 忘れ物ばかりする
  • じっとしていられない
  • すぐに癇癪を起こす
  • 気に入らないと暴れるetc.

子供の世界が家庭の中から社会へと広がっていく中で、様々な不都合を体験すると「そのうち治るだろう」と悠長に構えてばかりはいられませんね。

「あの手この手で対処しても全く効果がない、もしかして発達障害?

発達障害については最近メディアなどでもよく取り上げられ、認知されるようになってきています。
ですがまだ十分理解されないままに心配されている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は子供の問題行動の原因となっている発達障害について取り上げてみたいと思います。

Sponsored Link

子供の問題行動の原因は?

子供の問題行動の原因

言うことを聞かない、癇癪を起こす、じっとしていられない・・・子育てをしているママを悩ませる困った行動の原因は大きく分けて3つあります。

発達段階に見られる特徴

言葉や身体機能が未熟であること、集中力が持続せず散漫であること、感情のコントロールや切り換えが上手くできないことなどが原因になります。

乳児期、幼児期、学齢期と成長していく過程、自我が育っていることで現れる子供特有の行動や表現。成長の証と考えても良いでしょう。

生活環境

生活のリズム、家庭環境、躾の仕方など子供を取り巻く様々な要因からくるもの。
それらによって子供がストレスを感じ、情緒が不安定な状態になって問題行動に現れます。

子供自身が困っているという信号を送っているとも考えられます。

先天的な脳機能障害(発達障害)

脳の中の記憶や判断、感情抑制などを司る部分の機能に障害がある場合です。
環境や育て方などが直接関わっているものではありません。

発達障害とは?

少しずつ認知し始めている発達障害ですが、理解していなければ「障害」という言葉のインパクトだけで不安になることもあります。

発達障害とはどういうものなのか正しく理解しておくことが大事ですね。

発達障害者支援法 第二条(定義)では次のように定められています。

「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものe-Gov法令検索 発達障害者支援法

※これらは障害ごとの特徴がそれぞれ少しずつ重なっている場合が多く、どのタイプにあたるのか障害の種類を明確に分けて判断するのは難しいとされています。

※また年齢や環境によって目立つ症状がちがってくるので、診断された時期により、診断名が異なることもあります。

注意欠陥多動性障害(AD/HD)とは?

注意欠陥多動性障害(AD/HD)とは

子供が100人いれば3~5人、あるいは7人とも言われているのが注意欠陥多動性障害(AD/HD Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)です。

ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。文部科学省 主な発達障害の定義について

ADHDは注意持続の欠如もしくは、その子供の年齢や発達レベルに見合わない多動性衝動性、あるいはその両方が特徴です。

子供がADHDかどうかの判断基準となるこれら3つの具体的な特徴とはどんなものでしょうか。

ADHDの基準となる特徴とは

■注意力の欠如(不注意)
  • 何かやりかけでもそのままほったらかしにする
  • 集中力が続かず気が散りやすい
  • 自分が興味のあることに対しては集中しすぎて切り替えができない
  • 片づけや整理整頓が苦手
  • 話を聞いていないように見える
  • 忘れ物が多く物を失くしやすい
■多動性
  • 落ち着いてじっと座っていられない
  • そわそわして体が動いてしまう
  • 過度なおしゃべり
  • 公共の場など静かにすべき場所で静かにできない
■衝動性
  • 順番が待てない
  • 気に障ることがあると急に乱暴になってしまう
  • 会話の流れを気にせず思いついたらすぐに発言する
  • 他の人の邪魔をしたりさえぎって自分がやったりする
  • 欲しいものがあると駄々をこねる

個性?それともADHD?判断できる?

個性?それともADHD?判断できる?

ADHDと診断される子供は、小学校入学頃までに特徴が現れることが多いと言われます。
ですが、複数の特徴が見られるからと言って、必ずしもそれがADHDとは限りません。

専門家でも判断するには豊富な知識と経験を要するもので、ADHDを確定するための決まった検査というものもありません。

ですから医療機関でも「ADHDの可能性あり」と診断されるケースも多くあります。

親が気づく時期は保育園や幼稚園入園後が多いようですが、子供の性格や発達のスピードなど個人差がありわかりにくいものです。

同年代の子供より集中力が低い、衝動性が強いなど個性としてとらえるべきことも沢山あります。

ただ、親や先生も手をつけられない等、程度や頻度が高い場合は可能性があるかも知れません。

発達障害グレーゾーンについて
保育や教育の現場では通常の発達と障害の間の領域について、グレーゾーンと言う言葉が使われています。

医学的に診断されていないけれども、発達障害の幾つかの特徴を持っていて日常で困っていることがある子供を指しています。(未受診の子供も含む)

個性なのか何らかの障害であるのか明確ではないということです。

困った時はどうすればいい?

困った時はどうすればいい?

子供は親を困らせようと思っているのではなく、子供自身が困り、悩み、葛藤しています。

成長の証である自我の目覚め、反抗心、自立心などは無理やり押さえつけるのは良くありません。
何度注意しても効果が無い時はつい感情的になってしまいがちですが、一方的に怒ると逆効果になります。

問題行動に対しては行いそのものを叱るのではなく、それを引き起こしている子供の不都合や環境に目を向けることが大事です。

子供の個性を伸ばしながら発達を促すことも必要です。

興味関心に対して子供が自発的に行動できるようになれば、それを認めて上手に発揮できるような場所や時間を作ってあげましょう♪

褒めることもとても大事ですね!

言語の発達に合わせてコミュニケーションの場を作る、運動機能の発達に合わせて友達作りをするなど環境を整えることもプラスになります。

どうしても解決できない、このままでは心配だと思ったら・・・

ひとりで悩まずに医療機関を受診することをおすすめします。

他にも地域の保険センターや、子育て支援センター、児童発達支援事業所などにも相談窓口がありますので検討してください。

ADHDの治療法としては薬物療法、環境整備(家庭内、教育機関との連携など)、心理カウンセリングなどがあります。

まとめ

子育てをしているとわからないことや心配なことが沢山出てきます。
上手くいかない時、ダメな親だなとつい自分を責めてしまうこともあるでしょう。

子育ては楽しい!そう思えるのは素晴らしいことですが、楽しくないからと言って決して自己嫌悪に陥る必要はありません。

我が子の個性を尊重して、自分なりの方法を探っていくのが真の子育てではないでしょうか。

発達障害に対しても正しい知識を持って、子供と向き合っていきましょう♪

*発達障害に関する記事参照元
厚生労働省 発達障害情報・支援センター
厚生労働省 e-ヘルスネット


医療機関や公的機関に相談するほどではない。今は子供の成長を見守りたい。
だけど、出来ることがあるならやってあげたい。

そんな方は、脳の成長をサポートしてくれるサプリがあります。
期待できる効果などについてまとめていますのでご覧ください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

もしかして発達障害!?子供の問題行動に悩むママが知っておきたいこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仕事・育児の両立に悩むママ必見! 挫折しないための5つのポイント

  • 子供の奇声いつまで続くの!?原因とおすすめの対処法7つ

  • 【理解されない育児ストレス】発散から癒しまでタイプ別16の解消法

  • うちの子供はどうして落ち着きがないの?原因とおすすめ対処法5つ

  • 【忘れ物が多い子供】こうすれば忘れ物を無くせる!原因と対処法7つ

  • 【朝起きられない子供】夜更かし?病気?原因と改善方法