1. TOP
  2. 家計・節約
  3. 子供の学資保険の特徴と選び方~どれがいいの?いつ入ればいいの?

子供の学資保険の特徴と選び方~どれがいいの?いつ入ればいいの?

子供の学資保険の特徴と選び方~どれがいいの?いつ入ればいいの?

「子供にはお金がかかる」というのは誰もが口にすることですね。

特に教育費に関しては、ママが気になるところではないでしょうか。

よく「子供1人を育てるのに1千万円かかる」と言われますが、生活環境や教育環境によってまったく違ってきます。
お子さんがまだ小さい間は、将来どのような進路を歩むのかなんて想像がつきませんね。

小中高は公立?私立?、大学進学する?学部は?自宅通学それとも自宅外通学?、塾はどうする?・・・考え出すと不安になりませんか?

教育費に関する調査によると高校入学から大学卒業までに必要な入学費用・在学費用が子供1人あたり935.0万円、自宅外通学の場合4年間で約372万円の仕送りがかかるということです。
参考:日本政策金融公庫:教育費に関する調査結果

高校と大学で優に1千万円を超えますね(T_T)

将来を考えると教育資金を何らかの形で準備する必要性はありそうです。
小さいお子さんを持つご家庭でそう考えている人も多いでしょう。

備え方は色々ですが、その一つとして学資保険が人気がありますね。

ですが、
「学資保険がいいと先輩ママに勧められたけど、種類が多くて迷う」
「貯金するのとどっちがいい?」
「何歳で入るべき?」

保険は安い買い物ではありませんから、正しく理解して慎重に検討したいですね。

そこで今回は子供の学資保険について深く掘り下げてみます。

スポンサーリンク

学資保険とは?

子供を対象とする保険のことを一般的に「子供保険」と言います。

子供保険は大きく分けると「医療保険」「学資保険」の2種類の形があります。

医療保険は子供の病気やケガに備える医療保障を目的としています。

学資保険は生存給付金や満期保険金によって、入学費用や学費などの教育資金を確保するものです。
教育保険とも言います。

生存給付金は会社によって学資金、祝い金など呼び名がついていることもあります。

他にも、学資保険に医療保障を付加している商品も多くありますね。

教育資金として給付金や満期保険金を目的としながら、入院や手術などの医療保障も準備できるタイプのものです。

学資保険の特長・メリット

学資保険の特徴・メリット

ここでは学資保険のメリットとも考えられる特長を挙げてみます。

  • 計画的な資金準備ができる
    学資保険は多くの場合、月払いや年払いなど積み立てる感覚で払います。
    そして入学などのタイミングで、まとまった資金を受け取る仕組みです。

    家計への圧迫が軽減され、計画的に資金準備ができる

  • 商品の種類が多い
    学資保険は商品によって払込期間や生存給付金の給付年齢、満期保険金の給付年齢など、様々なコースが設定されています。

    人生設計に合わせてコースが選べる

  • 保険料払込免除制度がある
    大きな特長として、多くの商品に「保険料払込免除特則」が付加されています。
    契約者に万一(死亡・高度障害)のことがあった場合に、以後の保険料払い込みが免除され給付金や満期保険金が受け取れます。
    さらに、育英年金が受け取れる商品もあります。

    万一のことがあっても、教育資金は心配しなくていい

  • 出生前加入
    他の保険には無い特長として、多くの商品に「出生前加入特則」が付加されています。
    出産予定日の140日前から加入できるというものです。(付加されていない商品もあります)
    妊娠5ヵ月くらいになると安定期に入り流産などのリスクが少ないと考えられているからです。

    満期保険金の受取が早まる、契約者の年齢が1歳若くなる場合があり保険料が少し安くなる、払込免除特則が出生前に適用される

  • 返戻率が良い
    貯蓄型の保険なので、返戻率に期待ができます。
    返戻率とは払い込んだ保険料に対する受け取り総額の割合、銀行の預金金利のようなものです。
    商品やコースによりますが、比較的返戻率は高いと言えます。

    収益で考えると積み立て預金よりは良い
    ただし、医療保険が付加された学資保険は返戻率だけで見ると高くはありません。

学資保険で注意すべき点

学資保険で注意すべき点

次に学資保険を検討する際、注意しなければいけないポイントを紹介します。

  • 中途解約はリスクを伴います
    預金と異なり中途解約の場合、商品や解約時期によって返戻金が元本割れします。
    商品によって返戻率は違いますが、早い時期ほどリスクが大きいと言えます。
     
  • 保険会社の信用リスクがあります
    預金のような元本保証がないので、保険会社が破たんした場合の不安があります。
    ゼロにはならないとしても、減額になる可能性は大きいでしょう。
     
  • 課税対象になるケース
    満期保険金は一時所得にあたります。
    契約者と受取人が誰であるか、あるいは支払総額と受け取り額の差額がいくらになるかなどによって、課税対象になるケースがあります。

    一般的には契約者と受取人が同じ人で保険金額を200~300万円に設定するものが多く、特別控除50万円を差し引くと課税されないことがほとんどです。

    ですが、契約者が親で受取人が子供の場合贈与にあたり、金額によって課税対象になる可能性があります。
    経済的援助を目的として契約者が祖父母でも可能というケースもありますが、これも同じように贈与とみなされます。

    その他、育英年金を付加する場合、場合によっては贈与税や所得税の対象になることもあります。

  • 誕生日と契約日によって満期日が決まる
    満期保険金が支払われる日は子供が満年齢を迎えた後の、最初の契約応当日です。
    契約日によっては、入学金を納入する時期に間に合わないケースも出てきます。

    そのために17歳満期と18歳満期を選択できるようになっています。
    またAO入試や推薦入試の場合も、入学金の納入時期が早くなるので注意が必要です。

学資保険を選ぶ時のポイント

学資保険を選ぶ時のポイント

特長や注意点を踏まえて、ここでは学資保険を選ぶ時のポイントを紹介します。

満期保険金のみ or 満期保険金+祝い金

大学入学を見据えてまとまった資金を受け取りたいのか、満期保険金に加えて小学校・中学校・高校の入学前に学資金を受け取りたいのかを考えます。

一時金でまとまった金額を受け取る方が、返戻率は良くなります。

医療保障を付加する or 付加しない

子供のケガや病気による入院、手術に備えて医療特約を付加するかどうかを決めます。
保障が手厚くなる分、保険料は高くなります。

公的医療保険や自治体の医療費助成制度があるので、医療特約は不要とする考え方もあります。
(入院時の差額ベッド代や食費などは自己負担です)

自治体によって制度が違うので、確認した上で考えましょう。

払込期間の選択

各社「12歳払込済」「15歳払込済」「18歳払込済」など幾つかのタイプがあります。

払込期間が終了すれば、満期保険金受取までは保険料を払い込む必要はありません。
払込期間と満期が同じの全期型もあります。

同じ保険金額では、払込期間が短い方が保険料は高くなりますが返戻率も高くなることが多いです。

満期年齢は18歳か22歳がほとんど、中には20歳というものもあります。
親の年齢や家計の支出入も考慮して考えるべきでしょう。

支払い方法の選択

保険料の支払い方法は「月払い」「半年払い」「年払い」「一時払い」が選択できます。
月払いより年払いの方が保険料は安くなります。

加入条件

出生前加入特則が付加されている商品の場合は出産予定日の140日前から加入できます。

契約者に年齢制限があるものや、祖父母は契約者になれないものなど会社によって条件が異なるので注意が必要です。

出生後の場合、子供の加入年齢範囲は0~12歳くらいまでが一般的です。

契約者の年齢は商品や会社によって異なりますが、多いのは18歳~65歳くらいまでです。
男性18歳女性16歳~という会社もありますし、商品によって上限が45歳、70歳というものもあります。

保険料は契約者と被保険者の年齢で決まります。
若い方が安くなります。

保険料払込免除特則が付加されている場合は、契約者の健康状態も条件となります。
健康であるかどうかの告知書が必要になるので、覚えておいて下さい。

返戻率

保険商品ですが貯蓄と考えて良いものですから、選ぶポイントとして返戻率も重要です。
同じ条件で複数の商品を比べてみて、条件の良いものを選ぶべきでしょう。

返戻率と共に税金のことなども、担当者に聞いておくことをおすすめします。

まとめ

学資保険について紹介しましたがご参考になりましたでしょうか。

保険料や保険金に気をとられがちですが、細かい部分もしっかり説明を求めて検討してください。

生命保険全般に当てはまることですが、給付金や満期保険金が支払われない事項があります。
また学資保険の特長である払込免除特則についても、免除されない事例があることも確認しておいてください。

最近は投資信託など他の金融商品も人気がありますし、資金準備の方法は色々あります。
メリット、デメリットのとらえ方は人それぞれだと思います。

どんな形にせよ早めに準備することは大事ですね。
お子さんの将来のために資金をどのように確保するか、本記事が考えるきっかけになれば幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

子供の学資保険の特徴と選び方~どれがいいの?いつ入ればいいの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!