1. TOP
  2. [保存版]英語のニュアンスが身につく♪子供と日常英会話フレーズ集

[保存版]英語のニュアンスが身につく♪子供と日常英会話フレーズ集

 2016/11/09 子育て・知育 この記事は約 12 分で読めます。 279 Views
[保存版]英語のニュアンスが身につく♪子供と日常英会話フレーズ集

子供が英語を習得するにはいっぱい英語を聞くこと、そしてどんどん話すことが大事です。英語教室、教材、教育テレビ、アニメ等々年齢やレベルに合わせて色々な方法で学ぶことができますね。

ですが子供は覚えるのも早いけれども、使わなければ忘れるのも早いです。だから毎日、短時間でも英語と接する時間を持つことが効果的です。

そしてもう一つ大切なことがあります。
それは親子で一緒に英語を楽しむこと♪

日常生活に英語でのコミュニケーションを取り入れてみませんか?

「ネイティブでない親が下手な発音すると、かえってマイナスになるんじゃ・・・。」

心配は要りません。ネイティブにも癖やなまりはあります。ママと話すことが子供にとってとても楽しいことなのです。そして生活の中で使うことで、子供は自然に英語の表現を覚えることができます。

今回は親子で楽しく使える日常英会話のフレーズをシチュエーションごとに紹介します。初めて英語に触れる子供向けなので、簡単ですぐに使えますよ。

Sponsored Link

おはよう!のフレーズ

Time to wake up,honey!
「かわいこちゃん、起きる時間ですよ!」
wake up は目を覚ますこと(ちなみに get up は身体を起こすことです)。あとに付いている honey は愛しさを込めて子供に呼びかける表現で、他にも sweetie とか baby など使います。名前で呼んであげても良いですね!
Good morning.
Good morning,mommy / daddy.
「おはよう」
「おはよう、ママ / パパ」
mommy,daddy は英語圏の小さい子供が使う言葉です。それより少し大きくなって mom,dad を使います。大人でも使います。
mother/father は呼びかけには使わず、「私の母が~」など他人に対しての言葉です。
いつも母上、お母様と呼びかけられているなら mother でOKです^^
Wash your face.
OK / All right.
「お顔を洗ってね。」
「オーケー / わかった。」
命令形ですが、優しく言ってあげて下さい。あとに good boy/girl などつけるとお利口さんと呼びかける感じになります。

朝ごはん食べよう!のフレーズ

朝ごはん

Let’s have breakfast!
「朝ごはん食べよう!」
It’s time for breakfast. や Time for breakfast. 等でも言い換えできます。英語には「いただきます」という表現がありません。あえて言うなら Let’s eat! となります。
Tastes good?
Yummy!
「おいしい?」
「おいしい!」
省略形の簡単なフレーズで、食べるシーンではよく使います。yummy は子供の表現でおいしいを表す言葉です。子供言葉で言わない場合は good や nice でOKです。おいしくない時は No good.
Some more milk?
Yes,please. / No,thank you.
「牛乳もっと欲しい?」
「うん、ありがと。 / ううん、要らない。」
もっと~欲しい?は Do you want some more~. で表現しますが、日常会話では省いてもわかるので簡単に言います。milk,bread,cereal など食べ物や飲み物で使えます。
人に何かを勧めらた時には、「はい/いいえだけ」ではなく、後ろに「お願いします/ありがとう」をつけるのが英語の表現です。子供にそんな感覚を身に付けて欲しいですね。
Sit up,please! OK?
OK.
「ちゃんと座って、お願い!わかった?」
「わかった。」
食事中に親がよく言うフレーズですね。食事以外でも使えます。子供に言い聞かせた後に OK? をつけると、子供も返事をするチャンスができますね。「いい?わかった?」の OK? は便利な言葉です。
Are you finished?
Yes,(I’m finished.)
「もう終わった?」
「うん(終わった。)」
Are you finished? は食べ終わったかどうか聞くフレーズです。他にも宿題終わった?のように作業が終わったかどうか聞く時に使えます。
返事は yes や yeah ( yes の口語表現)だけでもいいですね。

公園へ行こう!のフレーズ

Let’s go to the park!
「公園へ行こう!」
Let’s go. だけなら「さあ、行こう。」、行く場所を言う場合は to~ 、「お買い物に行こう。」は Let’s go shopping. となります。「おでかけしようね。」なら Let’s go out. 色々応用できますね。
Are you ready?
Yeah. / Not yet.
「用意はできた?」
「うん、できた。 / まだ。」
「行く準備はできた?」 Are you ready to go? 「寝る準備はできた?」 Are you ready to go to bed? のように支度や準備についてたずねる時のフレーズです。心の準備にも使えます。
Put on your shoes. Can you do it?
I can (do it).
「靴を履きなさい、自分で履けるかな?」
「できるよ。」
身につける時は put on で shoes 以外に hat,coat など応用できます。
子供は色々なことを一人でやろうとしますし、できることが嬉しいものです。できるかな?と聞いてあげましょう。
Watch out!
Be careful!
「危ない!」
「気をつけて!」
どちらも注意を促す時の表現です。watch out は車が来ているのに気づかない時など、緊急の危険が迫っていることを知らせる言葉です。
be careful はこれから起こるかも知れない危険なことに注意を呼びかける言葉です。屋外だけでなく、家の中でも色々な場面で使います。
Let’s wash our hands.
All right.
「手を洗いましょう。」
「わかった。」
ママも一緒に洗うので、Let’s をつけます。子供に洗いなさいと言う場合は Wash your hands. となります。Your hands are dirty. 「手が汚れているよ。」を付けてもいいですね。
All right は OK と同じように使えます。

お片付けしておやつの時間に使うフレーズ

お片付け

Do you want a snack?
Yes,I’m hungry.
「おやつ欲しい?」
「うん、お腹空いた。」
snack は日本では袋菓子のことを言いますが、英語ではおやつや軽食の意味です。午後のおやつを afternoon snack とも言います。「おやつの時間よ。」は Snack time! だけでも大丈夫です。I’m hungry. はよく使う言葉ですね。
The room is messy. Let’s clean up first!
Help me, mommy.
「お部屋が散らかってるね。まずお片付けしましょう!」
「ママ手伝って。」
子供のいる家庭ではよく messy (散らかっている)を使います。You’re making a mess. という言い方もできます。怒りながら Messy! や Mess! と言うこともあります。
clean up は片づける・掃除する。後の first は(おやつの時間だけれども)先に片付けるという意味になります。
help は手伝う。「ママのお手伝いをしてね。」は Help mommy,please. となります。
Which one?
This one. / both.
「どれ(がいい)?」
「こっち。 / どっちも。」
Which one do you want? を省略したもので、どのおやつが欲しいか選ばせるフレーズです。目の前にあって選ぶ対象が分かっている場合に使います。目の前にない場合は A or B? のように付けます。
答える場合も指させば「これ」でわかります。両方欲しい場合は both 、「何でもいい」は anything 、「どれも要らない」は nothing となります。

晩ごはんおいしい?のフレーズ

Dinner’s ready!
OK,coming!
「晩ごはんできたよー。」
「はーい!」
食事の用意ができたことを知らせる表現で、~is ready を使います。breakfast や lunch でも使います。
「わかった、今行く」のような返事で OK の後 I’m coming. の省略形を使っています。go ではなく come を使うのがポイント。食事の場所まで来る動作だからです。話題となっている場所に行く時は coming を使うことを覚えておいてください。
How is it?
Yummy!
「お味はどう?」
「おいしい!」
How is it? は物や人の調子などを聞く便利なフレーズです。ここでは食事の味について聞いています。How is your mom? 「あなたのママは元気?」と具体的に言う場合もあります。
yummy 以外にも good(おいしい)、spicy(スパイスが効いている)、sour(すっぱい)、hot(辛い)など味の感想が言えます。
Stop it!
「止めなさい!」
食事中子供が遊ぶ、ケンカするなどした時に叱る時のフレーズです。
Stop doing that! / Come on!stop it! も同様、食事以外あらゆるシチュエーションで使えます。
Are you full?
Yeah,I’m full.
「お腹いっぱい?」
「うん、お腹いっぱい。」
I’m full. は大人でもよく使う表現です。I can’t eat anymore. 「もう食べられない。」を付けてもOKです。

おやすみなさい。のフレーズ

おやすみなさい

Time for bed.
「寝る時間ですよ。」
It’s time for bed. の省略形です。It’s time to go to bed. あるいはもっと簡単に It’s bedtime. と言うこともできます。
Put on your pajamas now.
「さあ、パジャマ着ようね。」
着るは put on 、パジャマは英語で言う場合は複数形になります。ちなみに脱ぐは take off を使います。
Brush your teeth well!
OK,mommy.
「ちゃんと歯磨きしようね。」
「うん、わかった。」
Brush your teeth. だけでもOKです。一緒に歯磨きする時は Let’s brush our teeth! となります。「ひとりでできるかな?」 Can you do it by yourself? を付けてもいいですね。
Good night,mommy / daddy!
Sweet dreams!
「ママ / パパ、おやすみ!」
「おやすみ!」
親が子供に言う時には「いい夢見てね」のニュアンスで Sweet dreams と言ったり、「ぐっすり眠りなさい」と言う意味で Sleep well. と言ったりもします。

まとめ

親がペラペラでなくても環境づくりをしてあげることで、効果は大きく違ってきます。

一言、二言の簡単なフレーズでも繰り返し使っていると、どんな場面でどんな風に言うのかがわかってきます。忘れないように、積み重ねていくことが大切ですね。

英語教室やテレビなど他の媒体で英語を聞いた時に、「あ、この言葉知ってる。」「自分もいつも言ってる。」そういう表現が出てくると、子供は嬉しくなります。英語が好きになります。

このフレーズ集を参考に、ぜひ親子で英会話を楽しんでみて下さい。


簡単な会話に慣れてきたら、英会話を楽しめるシーンを増やしましょう。こちらは小学生版ですが、もちろん小学生でなくても日常英会話に使えますよ♪
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

[保存版]英語のニュアンスが身につく♪子供と日常英会話フレーズ集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お金をかけずに子供の英語力を伸ばす!早期英語教育3つのポイント

  • なぜなぜ期におすすめ!知的好奇心が育つ♪読み聞かせ知育絵本15選

  • グローバルクラウン口コミ評判から見る他のオンライン英会話との違いは?

  • 【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

  • 【2017年版】英語耳が育つ!子供向け英語テレビ番組おすすめ10選

  • [保存版]英語のニュアンスが身につく♪日常英会話フレーズ集小学生編