1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 幼児・早期英語教育
  4. 子供の英語力がぐんぐん伸びた秘密!英語耳が育つとっておきの方法♪

子供の英語力がぐんぐん伸びた秘密!英語耳が育つとっておきの方法♪

 2016/10/12 幼児・早期英語教育  
子供の英語力がぐんぐん伸びた秘密!英語耳が育つとっておきの方法♪

日本人は英語が苦手・・・残念ながらこれは世界に広く認識されていることです。
書いたり読んだりすることはある程度できても、会話ができないという悩みは日本人の多くが抱えています。

小学校で英語教育が始まり、親としても子供の英語に無関心ではいられませんね。
「子供には自然な英語が話せるようになってほしい!」
将来必要となる国際力を考えると、ママの英語熱も高まります。

英語力を伸ばすには色々な方法がありますが、そこで重要な「カギ」となるものがあります。

それは『英語耳』をつくること

ではいったいどうすれば英語耳が作れるのか、そもそも英語耳とは何なのか、そしてさらに英語耳を育てる秘訣までご紹介しましょう。

Sponsored Link

英語耳って何?

そもそも英語耳ってどんな耳のことでしょう?
最近英語教育でよく使われる言葉なので、どこかで見たり聞いたりしたことがあるかもしれませんね。

英語耳と言うのは英語を聞きとる力。発音やイントネーションをそのまま聞く力のことです。
力と言っても必死に聞こうとして聞くのではなく、聞こえてくる耳の状態のことを言います。

そしてもう一つ『英語脳』と言う言葉もあります。
英語を英語のまま理解する力。英語を聞いて日本語に訳さずに、そのまま理解することです。
英語耳とほぼ同じ意味で使われます。

バイリンガルの人がよく受ける質問あるある!
「頭の中ではどっちで考えるの?」
英語を話せない人が素朴に抱くQuestionですね。

ほとんどの答えは
「英語で話す時は英語、日本語の時は日本語。」いちいちどちらかに翻訳してから話すことはないのです。

では英語耳・英語脳になっていなければ、英語は習得できないということでしょうか?

英語耳で英語は伸びる

英語耳で英語が伸びる
英語習得には「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つのバランスが必要になります。
ですが、まずは「聞く」そして「話す」ことが大事です。スクールに通う多くの大人も、とにかく会話ができるようになりたいと思っているのです。

リスニング力を伸ばすには英語をたくさん聞くこと。繰り返し聞くことで段々慣れてきます。最初はいちいち頭の中で翻訳していた人でも、英語だけで理解できる力がついてきます。

ですが、ここで問題がひとつ。

どうしても日本人には聞きとりにくい部分があります。「自分はリスニング力が人より劣っているのだろうか?」と悩む人は少なくありません。

ここに英語耳というカギがあるわけです。

リスニングを繰り返し、色々な人の英語を聞いていれば、ある程度は理解することができます。その環境にいれば段々慣れてきますし、文脈から理解する力もつきます。

ですから英語耳でなければ絶対英語は無理、というものではありません。

ただ英語耳であれば、それに語彙力や文法力を加えていって自然な英語を身につけることができます。
一所懸命耳をダンボにしなくても、英語力が伸びていくのです。

では英語耳を作るなら早いほうがいいのか?ということですね。

日本人は英語耳が育たない!?

英語耳というのがこれだけ注目されるのには、日本人にとって少し厄介な壁があるからなのです。

その壁というのが、日本語と英語の音の違いです。

大きく違うのは音声が持つ周波数帯です。英語には日本語にない発音があります。子音の「f」や「p」のような摩擦音破裂音、「r」や「l」のように舌の位置で空気を通す音などがそうです。
強く発音する子音は周波数が高くなります。

日本語にも子音はありますが、母音中心であるため、周波数は低いということです。
ですから高い周波数帯の言葉は聞き取れない、つまり英語を聞く耳が作りにくいということになります。

言語の周波数帯は仏の音声学・音声医学の権威アルフレッド・トマティス博士が発表した「言語のパスバンド」の理論として知られています。

ただ最初から聞こえないわけではありません。誰でも赤ちゃんの時は色々な音が聞こえているのだそうです。

赤ちゃんが成長するに従って母国語に含まれない音は不要なんだと脳が判断するようになります。そして8才くらいまでに母国語の周波数だけ聞きとる能力がつくと言われています。(何歳までにというのは諸説あります)

英語教育は早めにスタートすべきだと言われているのは、この英語耳を作る年齢を意識してのことなのです。
大人になってから英語耳を作るのが難しいのも納得できますね。

音感とリズム感で英語耳が育つ

英語耳とリズム感
もう一つ日本語と英語で大きく違う点があります。

英語は強弱で話す言語なのです。

学校でも習いましたね。一つの単語の中にもストレスがつき、一つの文にも強弱があるのが英語ですね。
また普通のスピードで話すと、an apple(アナポー)とかget out(ゲラウ)のように単語が連結したり、一部が消失したりするのも英語の特徴です。

日本語は言葉の強弱がなく、抑揚が少ないです。高低はあるのですが、英語に比べると平坦な感じですね。

強弱があると言うことはそこにリズムが生まれます。
英語を自然に身につけるには、音やリズムを脳に覚えさせることがとても効果的です。リズムと音をつけて英語を発話する「チャンツ」という方法を取り入れる先生もいます。

チャンツをやってみるとわかるのですが、リズム感が良い人は強弱も作れて上手に話せますね。リズムに乗れない人はどうしても一本調子になりがちです。

リズム感があるとか無いとか、普段あまり気にしないことかも知れませんね。ですが英語力を伸ばす上では押さえておくべきポイントなのです。

英語習得にリズム感や音感が絶対に必要ということではありません。(リズム感が無くてもしゃべれる人はいっぱいいます。)
ですが、英語を聞くとき無意識に音やリズムを感じ取れるなら、それは英語耳を育てる上で強みになるということは言えます。

となれば、小さい頃から音感やリズム感をつけてあげたいと思うのが親心。

音とリズムで英語力を伸ばそう

英語耳を作るには英語をたくさん聞かせること、これに尽きます。と同時にリズム感や音感が自然につくような環境づくりをしたいですね。

家庭でも簡単にできることを二つ紹介します。

音を楽しむこと

リズムのある音楽、手や足でトントンとビートを刻める音楽は楽しく覚えることができます。子供向けの音楽も打楽器などでリズムを刻んでいるものが多いですね。そういう音楽をたくさん聞かせてあげましょう。

子供向けの英語番組やアニメ番組でもテーマ曲や挿入曲があるので、一挙両得。
一緒に歌えればもう、リズムに乗って英語の発音も自然に身についていきますね。リズム感がつけば自然と体も動くようになってきます。

ようやくたっちするようになった赤ちゃんでも、音楽に合わせて体を動かしている姿をよく見ます。英語が何かわからない赤ちゃんでも音とリズムは感じられるのです。どんどん音楽を生活に取り入れてあげましょう。

リズムにこだわりすぎると偏ってしまうので、色々なジャンルの音楽に触れさせてあげましょう。静かなクラシックでもJAZZでも子供にはすべて素敵な音の世界です♪♪

英語のセリフをマネてみる

言葉をメロディーのように覚える、とあるアメリカの女優が言っていました。彼女は英語のセリフでしたが、日本の地方の方言をそのような覚え方で身につける役者さんもいますね。
音を上手につかめるというのは才能ですね。

音楽だけではなく、英語を話すことでもリズムや音が身についていきます。お気に入りの英語のお話のDVDや絵本を見つけてあげるのも良いですね。

きっと何度も見ているうちに覚えたセリフやフレーズを口にするようになります。

子供がマネをする時にはそのシチュエーションでの表現そのままです。音の響きや強弱などを意識せずに吸収していることになりますね。

声に出すというのは英語力を伸ばすためにも、とても大事なことです。体に取り入れたリズム感や音感が自然な英語へと導いてくれます。

セリフは一人で言うより相手がいる方が楽しいですね。ママも一緒にやってあげて下さい♪♪

まとめ

リズム感や音感を育ててあげることは、英語耳を育て英語を身につけるための強力なサポートになります。

それを毎日の生活の中でママや兄弟と一緒にできれば、子供もHAPPY♪♪♪
リズム感や音感は子供の情操教育にも繋がります。またスポーツやダンスなど体を動かす要素としても必要なことです。

今日からでもすぐに始められますね!ぜひやってみてください。


いつでもお手軽にリズム感と英語耳を育てるには英語の歌がおすすめです。
こちらで子供向けの英語の歌を紹介しています。ママも一緒に楽しんでください。
この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

子供の英語力がぐんぐん伸びた秘密!英語耳が育つとっておきの方法♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供向けオンライン英会話を始める前に!効果を最大化する5つのポイント

  • 【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

  • 【おすすめBest5+】子供向けオンライン英会話が最も効果的な10の理由

  • 【2017年秋冬版】英語耳が育つ!子供向け英語テレビ番組おすすめ9選

  • [保存版]英語のニュアンスが身につく♪子供と日常英会話フレーズ集

  • 子供が自分から勉強する!? 勉強好きの秘訣は家庭内にあった!