1. TOP
  2. 口コミ評価だけでは分からない後悔しないための子供英語教室の選び方

口コミ評価だけでは分からない後悔しないための子供英語教室の選び方

 2016/10/25 子育て・知育 この記事は約 10 分で読めます。 105 Views
口コミ評価だけでは分からない後悔しないための子供英語教室の選び方

子供のおけいこ事、今習わせているものランキングで1位は「水泳」、2位が「英語・英会話」、3位「ピアノ」となっています。(*1)

では、ママが習わせたいものランキングはというと

1位に「英語・英会話」、2位「水泳」、3位「書道」という順になっています。英語・英会話はここ数年、連続トップの座にあります。
(*1)ケイコとマナブ.net調べ ママ900人に聞いた習っている・習わせたいお稽古ランキング2016

ということは、今習っていなくても必要だと思っている人が多いということですね。
習わせたいけれども、色々なことを考えると決めきれないと言う人も多いでしょう。

  • 口コミは参考になるような、ならないような・・・
  • いつ始めればいいのかわからない
  • 教室の選び方がわからない
考えるべきことは多そうですが、子供には喜んで通って欲しいですね。そして英語が身についてくれれば親としては願ったり叶ったりです♪

今回は口コミ評価に惑わされることなく、子供に合った教室選びをするためのポイントを紹介します。

Sponsored Link

口コミやランキングに惑わされていませんか?

「どんな教室を選べば良いか?」の前にそもそも英語教室は本当に意味があるのかと不安になる人もいるでしょう。

今は英語教育の形が多様化していますし、英語教室も沢山あります。情報もあふれています。

「教室のホームページだけではわからない、利用者の声が聞きたい!」皆同じ思いです。
どうしても気になってしまうのが口コミ評価やランキング。

ところが、そこでさらにわからなくなってしまうのです。
良いことよりも悪い評価が目立っていて、ついそちらに注目してしまう・・・

口コミ評価はどこまで信じればいいのでしょう?

「スクールに通ったけど英語がしゃべれない!」という意見が多いけれど・・・

「英語教室に週1回くらい通っても英語はしゃべれない」
「幼児の頃から英語教室に通わせるのはお金を捨てるようなもの」

子供を英語教室に通わせたいと思っている人にとっては、とても心象の悪い意見ですね。
自分の体験からそう結論付けている人もいるでしょうし、頭から英語教室には否定的な人もいるでしょう。

ですが、人の意見はあくまでも主観的なもの。何を基準に考えるか、あるいはどのような環境で英語教育を受けさせるかで、英語教室のあり方は違うのです。そういう意味で、これらの意見が間違いだとも言い切れません。

なぜなら、英語教室に通いさえすれば子供は英語がペラペラになるかと言えば、答えはNOだからです。

ですが、英語教室はけっして意味のないものではありません。

年齢によるアプローチの違いとは?

年齢別アプローチ

子供の年齢によって、習得の段階は違います。

  • 『2,3才くらいはまだ日本語も確立していない年齢』
    幼い子供が英語に触れる場合は、遊びや音楽が主体となります。
    自分から発話すると言うよりは英語を耳に入れるインプットの段階です。
  • 『就学前は好奇心が旺盛な時期』
    新しいことをどんどん吸収します。自分で簡単な言葉や挨拶、歌などを覚えれば嬉しくて夢中になります。
    一方集中力が長くは続かないので、色々な形で英語を体験させてあげましょう。
  • 『小学校になると英語を意識します』
    英語が他言語であることを理解して、自分もしゃべれるようになりたいという意欲が出てきます。
    そうなれば週に1度の英語教室だけではなく、他の学習方法も組み合わせて上達のスピードを上げてあげましょう。

年齢が違えば英語教室へのアプローチの仕方も変わります。
何歳から通えばいいのかではなく、年齢に応じて英語教室を有効に活用することが大事だということです。

子供に合わせた選び方が一番大事です!

英語教室のコース設定やレッスン内容は様々です。どこが良いかを考える前に、子供の年齢、どのように英語を身に付けさせたいかをプラン立てていくことが必要でしょう。

早期教育で英語に親しませたいのか、小学生になって本人が興味を持ちだしたから習わせるのか。ケースによって最適な英語教室も当然変わってきます。

親が英語がダメだから、小さい頃から英語に触れさせてバイリンガルになれば嬉しい!
最初は生の英語に触れて耳を育てる段階です。家庭で教材やメディアを学習ツールにしながら、英語教室でさらに五感を使って定着させるのが効果的です。
将来自分の意志で英語力をつけたいと思えば、きっと頑張れる。今は興味を持ってくれる程度でいい。英語耳も育てたい!
遊び感覚で英語というものを経験させる、という目的で英語教室を利用するのは良いですね。少しずつでも単語やフレーズがわかるようになれば、子供はもっと知りたいという欲求が湧いてきます。
小学校に入って英語の授業が楽しみになった。もっと頑張って外国の友達を作りたい!と本人がやる気になった。
自分が学ぼうとする意志があれば伸びます。教室は週1回でも自発的に取り組めば英語力は確実にアップしていきます。英語力に合わせて上のクラスへ、あるいはもっと回数を増やすなどレベルアップを考えてあげましょう。

子供に合わせた選択をすることで、英語教室も有意義な存在になりますね。

そして、英語学習は継続することが何よりも大事です。

★無料体験に参加して比べてみよう★
教室選びは実際見てみないことにはわからないことも多いです。どんな風にレッスンするのか、子供にも体験させてみたいですね。
できれば普段のレッスンを見学させてもらいましょう。無料体験用の内容は当然楽しくできていますし、普段とは少し違うかも知れません。

英語教室を選ぶ時の5つのポイント

講師(ネイティブ、日本人、質、子供との相性)の見極め方

「講師はネイティブのほうがいいのでしょうか?」と言う質問が多くあります。単純に考えれば生の英語を習得するなら、ネイティブスピーカーでしょう。

ただ幼児や引っ込み思案な子供は、英語ができる日本人(その逆もあり)のほうが安心できるかもしれません。臨機応変に日本語で対応してくれることも必要になります。それでも英語習得の邪魔になることはありません。

4技能(聞く・話す・読む・書く)バランス良く習得したい場合は日本語が話せる講師が理想的です。文法だけではなく、文化の違いなど理解している人が良いですね。最近はバイリンガルの講師も増えています。

また、子供との相性はとても大事です。講師の性格、性別、年齢など子供がなじめるかどうかは親としては気になりますね。無料体験や教室見学で様子を見て下さい。キャリアのある講師は子供の性格を理解して、上手に盛り上げてくれますよ。

そして、講師の指導力についても必ず確認してください。
講師の質は少なからず英語習得に影響します。研修制度がある、認定資格がある、指導経験が豊富かなど確認してください。講師の入れ替わりが多いところは要注意です。

カリキュラム、教材、スケジュール、イベントの確認点

英語教室の確認点

教材は独自に開発したテキストやカードなどのツールを使っているところも多いですね。
レベル分けがされて子供の成長に合わせた内容になっているのが望ましいです。

家庭学習用としてCDやワークブックなどがあり、家庭でもサポートできるように教材が作られているところもあります。

カリキュラムも是非確認してください。年齢に応じて、あるいはレベルに応じてしっかり目標設定されていれば良いですね。高い教材を使っているから良いということではありません。

大人向けのフリートークレッスンとは違って、子供の英語教育はカリキュラムがなければ語学として正しく習得できません。

誕生日やクリスマス、発表会、サマーキャンプといったイベントや年間スケジュールもチェックポイントです。
文化の違いや外国の習慣を知ることは英語に興味を持つ大事な要素ですし、語学に留まらず子供の視野を広げてくれます。

設備、管理の確認が重要

子供を取り巻く環境を考えると、安心して通えるところなのかも重要です。リスク管理について対策が取られているかどうか確認すべきです。

不特定の人が出入りするスクールの防犯対策は?防災マニュアルは?衛生面は?
たとえ週に1度でも、何かあった時のために予め注意しておかなければいけません。

常時フロントスタッフがいて管理できているところもあれば、レッスン中に来客があっても、誰も対応できないという個人教室もあります。教室の規模にもよりますが、最低限子供の安全面・衛生面がきちんと意識されているかどうかが重要です。

安心して子供を通わせることができるかどうか、リーフレットや説明会などで必ず確認してください。

場所、時間のチェックポイント

教室のある場所はアクセスだけではなく環境も見て判断すべきです。静かな住宅地にあるのか、駅周辺のテナントビルか、最近は駅ナカというのもありますね。

無料体験に行った時は静かだったが、通い出すとその時間帯は近所の騒音が気になったというケースもあります。週に1度ですが、長く通うことを前提に立地の確認は必要です。

家から遠すぎるところもできれば避けたいですね。時間や体力を考えて無理のない通学距離で探すべきでしょう。

授業時間については家庭のスケジュールに合わせて無理のないように選びます。欠席した場合の振り替えが可能なところもあるので、確認してください。

決まった時間に通うのが難しいと言う場合には、チケット制や予約制のマンツーマンレッスンを検討するのも良いでしょう。

受講料の考え方

習い事はお金がかかるものですね。英語教室もそれなりに費用はかかります。費用はスクールによって幅がありますが、コスパについては英語力が対象なので何とも言えません。

同じクラスで習っていても「思ったほど成果が出ない。」と言う人もいれば、「子供が英語を好きになったので良かった。」と言う人もいます。

英語学習は長期スパンで考えるべきこと。成果もそんなにすぐにはわからないものです。
事前にどれだけ費用をかけられるのか?しっかりシミュレーションすることが必要です。

受講料は月謝制、チケット制またはどちらかを選択できるスクールがあります。月謝相場は5~8千円、これよりも安いあるいは高い所もあります。マンツーマンは1分100円くらいのところが多いようです。ネイティブ講師を選ぶと高くなる、というシステムもあります。

教材費は大手では年間1万円くらいが相場、個人経営で実費という良心的なところもあります。ビデオなどの教材を一括購入というスクールもあるので、あわてないように事前チェックしておいてください。

まとめ

英語教室の考え方と選ぶ時のポイント、参考になりましたでしょうか。

口コミ評価は他のサービス(飲食店やホテルなど)と似ているかも知れませんね。星5つの人もいれば、1つの人もいます。9人の人が「大変良い」の評価でも自分は違うかも知れません。何か嫌なことがあれば、評価はぐっと下がってしまいますからね。

利用者の声は参考にするとして、それだけを判断材料にするのは止めた方がいいでしょう。結局、見れば見るほどどの評価を信用すべきか?何を基準にすればいいのか?迷ってしまいます。

上に挙げたポイントも家庭によって優先順位は違って当然です。ひとつひとつクリアしていければいいですね。また不明な点は問い合わせて確認することをお勧めします。

長く続けて行けそうな、子供に合ったスクールを是非見つけて下さいね♪


言葉の上達は会話した時間数に比例します。マンツーマンレッスンで子供が発話する時間がしっかりと確保できる「子供向けのオンライン英会話」について調べました。
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

口コミ評価だけでは分からない後悔しないための子供英語教室の選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供が自分から勉強する!? 勉強好きの秘訣は家庭内にあった!

  • 無料で出来る!一人で楽しめる!子供向け英語学習サイトおすすめ7選

  • 【早期英語教育】子供の英語学習は何が良いの?年齢別おすすめ勉強法

  • グローバルクラウン口コミ評判から見る他のオンライン英会話との違いは?

  • 【歌詞字幕付き】子供に人気の英語の歌20選♪YouTube無料動画で紹介

  • 【2017年版】英語耳が育つ!子供向け英語テレビ番組おすすめ10選