1. TOP
  2. カサカサ・粉ふき肌は冬だけじゃない?! 5つの対策で乾燥肌の根本改善!

カサカサ・粉ふき肌は冬だけじゃない?! 5つの対策で乾燥肌の根本改善!

 2017/02/21 美容・健康 この記事は約 8 分で読めます。 46 Views
カサカサ・粉ふき肌は冬だけじゃない?! 5つの対策で乾燥肌の根本改善!

冬は乾燥の季節ですね。空気が乾燥するとお肌がカサカサしてきます。

白い粉ふき状態になる人もいますね。
お化粧がうまく乗らない、かゆくなるなど悩む人も多いです。

ですが、実は肌の乾燥は冬だけではないのです。
あなたの肌は一年中乾燥の危険にさらされているのです。

一見潤っているように見える夏も、汗と共に水分が失われて乾燥気味になっていることが多いです。
エアコンや紫外線も気になりますね。

また、春秋は花粉の飛翔が多く、その花粉が原因で乾燥肌トラブルに悩まされる人が増えています。
肌の花粉症とも呼ばれています。

乾燥肌は放っておくとシミやしわといった老化を早める原因にもなります。
そうならないためにも、一年を通して正しい乾燥対策を行うことが大事ですね。

乾燥の原因は様々なので、ただ単に油分を補えばいいと言うものではありません。
カサつく肌とはどんな状態なのか、原因はどこにあるのか、どうすれば改善できるのか?

今回は乾燥肌を改善して潤いを取り戻すための正しい対策をご紹介しましょう。

Sponsored Link

カサカサ・粉ふき肌とはどんな状態?

カサカサ・粉ふき肌とはどんな状態?
肌がカサカサする・粉をふいているというのは、肌のバリア機能が低下している状態です。

肌の内側、『角質層』にはもともと水分がありセラミドなどの細胞間脂質で水分を保持しています。
そして表面の皮脂膜で水分が逃げないようにし、外からの刺激から守ってくれています。
⇒ これが肌のバリア機能と呼ばれるものです。

このバリア機能が弱まってしまうと角質にひびが入ったような、あるいはめくれた状態で水分が逃げてしまい、紫外線など外からのダメージを受けやすくなります。

粉がふいたようになるのは、はがれた角質層(細胞の死骸)です。
また、乾燥が原因で髪の毛や化粧品、温度変化などちょっとした刺激でかゆみが起こるようになります。

乾燥で弱まった肌が早くにはがれることよって細胞の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)も乱れてしまい、細胞が未熟なまま角質層になってしまうのです。

ですから肌のバリア機能が十分に働かず、また乾燥するという悪循環が起こるのです。

カサつく原因

乾燥の原因には外的なものと内的なものがあります。

外的な原因は紫外線やエアコン、間違ったスキンケアなどです。

冬は乾燥の季節ですから季節性の乾燥肌になる人は少なくありません。
ですが、夏のエアコンも乾燥の原因となります。
また、間違ったスキンケア、特に洗いすぎによる皮脂バランスのくずれはバリア機能低下につながります。

内的な原因には、無理なダイエットや不規則な食生活、睡眠不足などの生活習慣の乱れがあげられます。
乾燥しているからと一所懸命保湿成分を外から補っても、なかなか改善しない場合は内的原因を疑ってみてください。

すべすべ肌になるための5つの対策

クレンジングと洗顔

クレンジングと洗顔
クレンジングと洗顔は肌の状態に大きく影響します。
次の点を確認してみて下さい。

  • オイル系クレンジング剤は肌への負担大
    クリームやジェル、リキッドタイプのものにしましょう。
    落ちにくい目の周りや口もとはリムーバーを使用します。
  • 洗顔剤も肌に優しいものを
    洗顔フォームは合成界面活性剤が使われていて洗浄力がとても強いです。
    敏感肌用フォームまたは保湿成分配合の石鹸のほうが良いでしょう。
    フォームの場合は肌に残り易いのでしっかりすすいで下さい。
  • 熱いお湯、冷水はNG
    冬は特にお湯を使いがちですが、皮脂が余分に取れてしまうので危険です。
    冷水も弱った肌には負担になります。
    30~32℃のぬるま湯で洗いましょう。
  • ゴシゴシ、ゴワゴワはダメ
    泡で包むように洗うこと。強くこするのはダメです。
    またタオルでこするのも肌を傷つけてしまいます。
    顔をそっとうずめるようにして水分を取ります。
  • 朝はぬるま湯だけでいい
    洗いすぎは乾燥を繰り返します。
    寝る前にメイクを落としておけば、朝は汚れを落とす程度洗顔剤は無くても大丈夫です。

保湿

乾燥したカサカサ肌は潤いが不足している状態です。
しっかりと保湿のケアをしなくてはいけません。

肌にはもともと保湿成分があります。
角質層にある細胞間脂質として主なものはセラミド、他に尿素やアミノ酸などの成分で構成される天然保湿因子(NMF)等があります。

表皮の下、真皮にもヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの保湿成分があります。

肌の構造

洗顔後は保湿成分が配合された化粧水をつけて水分補給しましょう。
顔全体につけたあと、手のひらで包むようにして浸透させます。

その後に保湿成分配合の美容液をつけ、乳液やクリームなどで補給した水分が逃げださないように油分でフタをします。

乾燥で肌の状態が悪い時は美白成分として有名なビタミンC誘導体ハイドロキノンは負担になるので注意が必要です。

美白成分入りの化粧水や美容液は成分を確認し、乾燥肌が改善するまでは保湿を優先しましょう。
値段の張る成分も肌が荒れた状態では十分吸収されませんので、美白ケアは肌の状態が良くなってからがお勧めです。

また、アルコールや着色料などの化学成分無添加ものを選ぶことをお勧めします。

セラミド成分は保湿力があり、化粧水や美容液にも使われているのでお勧めです。

保湿成分の中には真皮まで届きにくいものもあります。
まずは、セラミドで表皮の潤いを補い乾燥肌を改善させましょう。

紫外線カット

紫外線に対して無防備でいると、バリア機能が低下し乾燥肌になってしまいます。
ですから、紫外線対策は肌を健康にするために必須です。

ただし日焼け止めに使用される紫外線吸収剤などは肌に負担がかかります。
カット率の高いものはクレンジングも油分の高いものが必要となり、それがまた乾燥肌には負担になってしまいます。

用途に応じて日焼け止めを使い分けたり、敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。

栄養

スキンケアで保湿することに加えて、ターンオーバーが正常に働き、肌のバリア機能が働くように栄養成分をカラダの内側から摂ることも大事です。

乾燥肌の人に是非摂ってもらいたいものは、ビタミンA・B・Eなど新陳代謝を促し潤いを保持してくれるもの
炎症を起こしている場合はビタミンBが炎症を抑えてくれます。

角質層の細胞間脂質であるセラミドは食品からも摂れます。
こんにゃくや豆類、ヒジキなどの海藻に多く含まれているので意識して食べると良いですね。

他にも新陳代謝を促す亜鉛も乾燥肌対策になります。
牡蠣、赤身牛肉、卵黄、たらこなどに多く含まれています。

睡眠・ストレス

睡眠・ストレス
お肌が生まれ変わるターンオーバーは成長ホルモンの分泌と深く関わっています。
成長ホルモンが多く分泌されるのは、ゴールデンタイムと言われる夜の10時から深夜2時くらいの間。

また、眠り始めてから3時間くらいまでの深い眠り(ノンレム睡眠)の時に、最も成長ホルモンの分泌が盛んです。
ですから、ゴールデンタイムに起きているとか、眠りが浅い(レム睡眠)場合は成長ホルモンの働きがちゃんとできず、お肌に影響してしまうのです。

乾燥肌やその他の不調を感じたら、睡眠の質を良くすることが重要です。

ストレスやイライラもホルモンに影響し、ターンオーバーの乱れを引き起こします。
自分なりのリラックス解消法を見つけて、穏やかな気分でいることでお肌も癒されます。

ファンデーションの粉ふき対策

乾燥肌で困るのはお化粧乗りが悪くなること。
ファンデーションをつけてもすぐに粉をふいてしまうこともありますね。

メイク時やお化粧直しでの対策としてはやはり保湿です。

朝忙しくてもスキンケアで十分保湿することがポイント。
化粧水、美容液、乳液で潤いを閉じ込めて、保湿成分配合のベースメークやファンデーション(リキッド又はクリーム系)をつけます。
その後パウダーで軽く仕上げます。

パウダーファンデはどうしても粉っぽくなりますし、つい厚くなってしまうのでよれたりして崩れやすくなります。

お化粧直しをする時は、くずれた部分に乳液のような油性のものを馴染ませてから、ファンデーションをうすく塗りパウダーで軽く抑えるようにするときれいに馴染みます。

くずれた所にパウダーファンデだけ塗ってしまうとさらに粉っぽくなります。
保湿成分のあるものを補うことがポイントです。

皮膚科に相談

色々な対策をしても改善しない場合、時には悪化する場合もあります。
何かの疾患や薬の副作用などが原因の場合もあります。
自分の肌がどうなっているのか、心配になりますね。

そんな時は悩まずに皮膚科を受診しましょう。
抗炎症剤など治療薬を使って改善するケースも沢山ありますし、まず何が原因かを診てもらうことが先決です。

まとめ

冬だけではなく乾燥肌に悩む人が増えています。
原因を知った上で、自分に合った対策を考えることが大切ですね。

根本的に改善しなければ、せっかくの美容成分もお肌が受けとめきれないでしょう。
ご紹介した対策で健康な状態に戻してあげましょう。

スキンケアの基本となる化粧水・美容液の正しい使い方、お肌に良い食べ物を下の記事で詳しく紹介しています。参考にしてください。

また、ストレスもお肌の天敵です。
お気に入りの歌で発散するのもお勧めですよ。
仕事に育児に疲れたあなたの心もしっかりと潤してあげてください♪

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

カサカサ・粉ふき肌は冬だけじゃない?! 5つの対策で乾燥肌の根本改善!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 化粧水・美容液の正しい使い方!肌年齢マイナス15歳のエイジングケア

  • カラダの中からスキンケア?! 美肌を作るおススメ食材20選

  • メイクで隠し切れない顔の赤み!赤ら顔の原因と自分でできる治し方

  • 治らないブツブツ・繰り返す吹き出物~大人ニキビの原因と治し方

  • 『いちご鼻解消』毛穴パックで悪化?鼻の黒ずみを根本から治す方法