1. TOP
  2. 子育て・知育
  3. 育児
  4. 土用の丑の日はいつ?何故ウナギを食べる?子供に伝えたい意味と由来

土用の丑の日はいつ?何故ウナギを食べる?子供に伝えたい意味と由来

土用の丑の日はいつ?何故ウナギを食べる?子供に伝えたい意味と由来

毎年夏のある時期、お店やスーパーでは「土用の丑の日(どようのうしのひ)」というコピーと共にウナギが沢山並びます。

昔からある風習のようですが、どうして土用の丑の日はウナギなのでしょう?

ですが、夏だけではなく他の季節にも「土用の丑の日」としてウナギを宣伝しているのを、見かけたことはありませんか?

  • 土用の丑の日とはいつのこと?
  • そもそも土用の丑ってどんな意味?
  • 土用の丑の日とウナギの関係は?

行事食のようになっていますが、意外に知らない人も多いのではないでしょうか。
お子さんに質問されたら、どのように答えればよいでしょう。

そこで今回は土用の丑の日のウナギについてその意味や由来をお伝えします。

2018年、夏土用の丑の日は、7月20日(一の丑)と8月1日(二の丑)です。
スポンサーリンク

土用の意味と期間

土用の意味とは

「土用(どよう)」は中国の陰陽五行説に由来する暦の中の雑節(ざっせつ)の一つです。

雑節とは
二十四節気(にじゅうしせっき)五節句(ごせっく)などのほかに、暦の上で季節の移り変わりをより確かにつかむために設けられた日のこと。

節分(せつぶん)・彼岸(ひがん)・社日(しゃにち)・八十八夜・入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)・半夏生(はんげしょう)・土用・二百十日(にひゃくとおか)・二百二十日(にひゃくはつか)が一般的に言われる雑節。

これに初午(はつうま)、上元(じょうげん)、中元(ちゅうげん)、下元(かげん)、大祓(おおはらえ、おおはらい)を加える場合もある

「土用」は一年に4回あり立春、立夏、立秋、立冬の前のそれぞれ18日間のことを言います。

陰陽五行説とは
「万物は全て木・火・金・水・土の5つの元素から成る」
という中国の陰陽五行思想。

春⇒木気、夏⇒火気、秋⇒金気、冬⇒水気とされ、残りの土気は季節の変わり目にあたり「土旺用事」「土用」と呼ばれていた。

4つの土用の最初の日のことを「土用の入り」と呼びます。

また、土用の最終日、立春・立夏・立秋・立冬の四立(しりゅう)の前日は「節分(せつぶん)」となります。

節分というと、豆まきをする2月3日頃の節分(立春の前日)を思い浮かべますが厳密には年に4回あるのです^^

聞きなれない言葉も多くて分かりづらいですね・・・
簡単に図示するとこうなります。

土用の期間

二十四節気では、立春・立夏・立秋・立冬の日から春夏秋冬が変わります。
その季節が変わる直前までの18日間が「土用」です。

つまり、土用とは季節の変わり目、季節が変わっていく間と言えます。

土用の期間は土いじりをしてはダメ!?

こんな言い伝えを聞いたことはありませんか。

土用の期間は土の気がとても盛んになるので、穴堀りや草むしり、建築などの動土作業は神様が怒るということで避けらています。

ただし土用の間日(まび)には土を動かしても良いとされています。
間日は季節ごとの土用で決められた特別な日のことです。(詳細は後述)

土用は新しいこともダメ!?

土いじりだけではなく、昔から土用は新しいことを始めずに静かに過ごすようにとされてきました。

季節の変わり目は体調を崩しやすいことから、引っ越しや旅行、結婚、開業なども控えた方が良いと言われています。

また各土用によって土用殺という凶の方位があり、移動や旅行は避けた方が良いという考え方もあります。

丑の日はいつ?意味は?

土用は季節の変わり目の期間のことですね。
では、「丑の日」とは何でしょう?

「あなたの干支(えと)は?」と聞かれると、たいていの人は自分の生れ年の干支を言えますね。
十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)は年賀状などでもお馴染みです。

干支(えと・かんし)は十二支だけではなく十干(じっかん…甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)とを組み合わせた60を周期とする数詞のことです。

六十干支(ろくじっかんし)、十干十二支(じっかんじゅうにし)、天干地支(てんかんちし)とも言い、暦や時間また方位などに広く用いられています。

なお春秋戦国時代に作られた陰陽五行説よりもはるか昔から干支は使われていたと記録され、そこに五行思想が結びつけられて占いや風習などが生まれたようです。

十二支は年だけでなく日にちにも順番に充てられていて、「土用の丑の日」とは18日間にある丑の日のことです。

土用には丑の日が1日または2日あり、年によって変わります。
2日ある場合は一の丑、二の丑と呼びます。

年に6回くらいは土用の丑の日がありますが、夏の土用の丑の日だけが風習として広く知れ渡るようになりました。

2018年の土用の期間と丑の日
  • 冬土用…1/17~2/3(丑の日:一の丑1/21 二の丑2/2)
  • 春土用…4/17~5/4(丑の日:4/27)
  • 夏土用…7/20~8/6(丑の日:一の丑7/20 二の丑8/1)
  • 秋土用…10/20~11/16 (丑の日:一の丑10/24 二の丑11/5)

また、土いじりしても良いとされる土用の間日は季節ごとに決まっています。

土用の間日
  • 春土用…巳・午・酉
  • 夏土用…卯・辰・申
  • 秋土用…未・酉・亥
  • 冬土用…寅・卯・巳

ウナギを食べる由来と意味

ウナギを食べる由来と意味

土用の丑の日にウナギを食べる風習の由来・起源には諸説ありますが、いちばん有名なのが平賀源内説です。

江戸時代の天才学者、発明家の平賀源内は知り合いのウナギ屋から相談を受けました。
暑い夏場はウナギが売れずに困っている、と。

昔から土用の丑の日に「う」のつくもの(瓜、梅干し、うどん、ウサギ、馬など)を食べると夏負けしないと言い伝えられていました。

そのことも考えあわせて源内はその店に「本日、土用丑の日」という張り紙をしました。

すると店は大繁盛し、他の店もこれを真似してウナギを食べる習慣が広まりました。
今でいうキャッチコピーが大当たりしたというわけですね(^^)

栄養価の高いウナギを食べる習慣は古くからあったそうですが、本来天然のウナギの旬は秋から冬にかけて冬眠前の脂肪や栄養を蓄える時期が美味しいのです。

夏場に売れない理由はそこにもあったのでしょう。

今は養殖ものがほとんどで、夏の土用の時期が旬になるように育てられています。
夏負けしないようにスタミナのつくもの、栄養あるウナギを食べるのは理にかなっている行事食です。

子供への伝え方

「どようのうしのひ」という音を聞いて「土曜日?牛の日?」と子供に聞かれることもあるでしょう。

大人でも難しい五行思想が由来ですが、子供の年齢に合わせてわかり易く伝えてあげることにしましょう。

『土用(どよう)というのは中国から伝わった季節の変わり目の呼び方で、春・夏・秋・冬の間にある18日間のことを言うの』

『丑(うし)というのは十二支の中のひとつ。
中国から伝わった数の数え方で12個あるね』

『○○くんは何年(なにどし)生まれだったかな?今年は戌年(いぬ)だよね』

『この12個は日づけにも順番に使われていて、さるの日とかいぬの日とかあるんだよ。
それで土用の中の丑の日のことを土用の丑って言うんだよ』

『昔平賀源内という偉い学者さんがいてね、お友達のウナギ屋さんが源内さんに相談したんだって。
「夏になるとウナギがぜんぜん売れなくて、困っているんです」って』

『源内さんはそのお友達のために考えて「今日は土用の丑の日」と書いた紙をお店の前に貼り出したの。
そしたらイッパイお客さんがウナギを買いに来たの』

『もっともっと昔から土用の丑の日には「う」のつくものを食べると、元気でいられると言われていたんだって。
ウナギはとても栄養があって食べると元気になれるんだよ

お子さんの年齢や理解力に合わせて工夫してみて下さいね。

土用の丑が難しければ、『ウナギを食べて、元気でいられますようにとお願いする日なんだよ』でも良いのではないでしょうか。

土用の食べ物(ウナギ以外)

土用の食べ物(ウナギ以外)

土用の丑の日はウナギが有名ですが、昔から土用に食べると良いとされるものが他にもあります。

  • 土用餅
    主に関西や北陸に伝わる習慣で、土用の入りに土用餅を食べます。
    もち米で作った餅をあんで包んだもの、あんころ餅のことです。

    昔宮中でガガ芋の煮出し汁でもち米の粉をねり、丸めたものを味噌汁に入れていたのが起源とされています。

    小豆は厄除けになるとされ、餅は力がつき暑気あたりを防ぐとされています。

  • 土用蜆(しじみ)
    蜆の旬は夏と冬2回あり、夏の蜆は土用蜆そして冬の蜆は寒蜆と言われます。

    「土用の蜆は腹の薬」と昔から言われ、肝臓機能を強化します。
    栄養価が高く疲労回復や滋養強壮によい食品として、夏バテ防止にもなります。

  • 土用卵
    卵も完全栄養食品と言われ特に夏の土用に採れる卵、土用卵は滋養強壮に良いとされています。

夏の体調を崩しやすい時期には良質のタンパク質やビタミン豊富なこれらの食材を摂ることで、健康を維持するというのは理にかなっていますね。

まとめ

国際化していく中で古来大切に伝えられてきた行事や風習は、正しく理解して残して行かなくてはいけないですね。

子供達にとって日本のことを知る大事な機会だからこそ、その意味や由来を伝えてあげたいと思います。

ただウナギを食べる日ではなく、どういう意味があるのかを知ればより親しみを持てますし親子のコミュニケーションにもなります。

行事食は食育にもなりますね。

ウナギだけではなく「う」のつくものを言い合うとか、食べるとか、栄養の話をするのもおススメです♪

▼夏土用のころは紫外線が年間で最も強い時期。お子さんの紫外線対策出来ていますか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

土用の丑の日はいつ?何故ウナギを食べる?子供に伝えたい意味と由来

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 節分ってなあに?どうして豆まきするの?子供に伝えたい風習と由来

  • お盆の期間はいつ?ナスやきゅうりを飾る意味は?子供への伝え方

  • 七夕(たなばた)って何?なぜ笹を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

  • お中元の意味って何?いつ誰に贈る?お中元のマナーと子供への伝え方

  • ひな祭りって何?どうして桃の花を飾るの?子供に伝えたい風習と由来

  • 端午の節句って何?こどもの日は何をする?子供に伝えたい風習と由来