1. TOP
  2. ニキビ肌・敏感肌にも効果ある?家庭用エステ美顔器の種類と選び方

ニキビ肌・敏感肌にも効果ある?家庭用エステ美顔器の種類と選び方

ニキビ跡・敏感肌にも効果ある?家庭用エステ美顔器の種類と選び方

お家エステが流行っていますね(^.^)

お家に居ながらエステ気分を味わえて、普段のスキンケアよりも効果が期待できる家庭用美顔器が人気です。

決して安くはありませんが、頑張っている自分へのご褒美に欲しいなと言う人も多いでしょう。

そこで悩むのがどれを選ぶかですね。

美顔器には色々な種類があって、それぞれ特徴やお肌への効果が異なります。
よく知らずに買ってしまうと、期待したような効果が得られないこともあります。

ニキビ跡やニキビができやすいお肌、また敏感肌といったお肌に悩みのある人は美顔器を使用してもいいのか、またどんな種類のものなら悩みが改善できるのかも気になりますね。

そこで、今回は美顔器の種類と特徴、どんな悩みに効果が期待できるのかを詳しくご紹介していきます。

Sponsored Link

美顔器で得られる効果とは

美顔器で得られる効果

美顔器はエステサロンなどで使われる美容機器をコンパクトにし、出力数などを弱めて一般の人でも安全に使えるようにしたものです。

性能はクリニックやエステサロンより低くなりますが、選び方・使い方によって家庭でも十分美容効果が得られます。

美顔器の効果
  • 細胞を活性化させることによるターンオーバー効果
  • 美容成分浸透による保湿効果
  • マッサージ効果
  • クレンジング効果
  • 温熱やスチームなどによるリラックス効果

美顔器の効果を十分に得るためには、悩みに合ったものや今必要な効果が得られるものを選ぶことが大切ですね♪

美顔器を使うメリットとデメリット

美顔器のメリットそしてデメリットとはどんなものでしょうか。

美顔器のメリット

  • 普段より一段上の効果
    毎日しっかりスキンケアしていても、なかなか効果が感じられないこともありますね。
    美顔器はお肌の深部にまで作用することで、さらなる効果が期待できます。
     
  • 時間を選ばない
    エステサロンは予約が必要ですし、施術時間に加えて行き帰りの時間もあります。
    お家エステは好きな時間に、すぐにできるという手軽さが魅力です。
     
  • 費用が抑えられる
    スペシャルケアは1回きりでは意味がありません。
    効果を得るにはそれなりに回数が必要になりますから、どうしても経済的負担が大きくなりがちです。

    家庭用美顔器は初期費用はかかっても、その後のランニングコストはほとんどありません。
    専用の美容液が必要なものもありますが、エステに比べると安いです。

    長く続けるほどコスパは良くなりますね♪

美顔器のデメリット

  • お肌への負担
    自分に合う美顔器であれば美容効果が得られますが、効果が高いと言うことは合わなければお肌へのダメージも大きくなりがちです。
    間違った使い方をすればお肌への負担になってしまいます。
     
  • 初期費用が必要
    価格に幅はありますが、中には5万円以上するものもあります。
    合わなければ無駄になる可能性もあるということです。
    *返金保証制度があると安心ですね。購入前にチェックしておきましょう。
     
  • 準備や後片付けが面倒
    美顔器によっては準備や、クリーニングなど後片付けが面倒なものもあります。
    それによって三日坊主になる可能性もアリですね。
    (デメリットと言うより本人次第ですが・・)

メリットもデメリットも十分理解した上で、じっくり検討しましょう♪

美顔器の種類と効果

美顔器の種類と効果

美顔器には様々な種類があり、一台で多機能のものも多くあります。
ここでは主な種類と特徴、効果を紹介します。

超音波美顔器

最もポピュラーなタイプの一つ。
周波数の音波(毎秒100万回以上)の振動が細胞組織に働きかけて、温熱効果や浸透効果をアップします。

血流やリンパの流れを促して新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを促します。
また老廃物を除去しクレンジング効果もあります。

シワ、ほうれい線、むくみ、たるみなどの悩みや小顔効果に○
ニキビ予防にも○、炎症がある場合はダメ

イオン導入(導出)器

超音波と同様に美顔器の代表格。
超音波と合わさった複合美顔器になっているものも多いです。

微弱電流によって肌表面のバリアを弱め、奥まで美容成分を浸透させます。
分子量の小さい水溶性成分(ビタミンC誘導体、プラセンタなど)を肌深部まで浸透させ、保湿や皮膚の再生を促します。

イオン導出機能は毛穴の汚れや古い角質除去に効果を発揮します。
洗顔で取りきれない余分な皮脂も取れます。
導出後、美容成分導入が効果的に行えます。

*ほとんどの商品が専用ジェルとセットになっています。
専用品以外も導入できますが、油分の多いもの、分子量の大きいもの(コラーゲン、ヒアルロン酸など)は不向きですので注意しましょう。

シワ、シミ、くすみ、毛穴の黒ずみ、美白、ニキビ跡に〇

レーザー美顔器

皮膚科でも使われている美容機器で家庭用には照射量を弱くしたものが使われています。
目に見えない極小の傷を皮膚組織につけて、再生力を促します。

シミ、シワ、くすみ、たるみに〇、ニキビ跡にも○
肌荒れ、炎症がある場合はダメ

LED、光美顔器

エステサロンでも広く使われ、光エステやフォトフェイシャルなどと呼ばれるものです。
電圧をかけた際に発光する光ダイオードで、光の色によって波長が異なります。

青色はコラーゲン生成を促し、ターンオーバーに効果があります。
ニキビの原因菌を殺菌する作用もあります。
赤色はコラーゲン生成に働きかけます。
緑色は新陳代謝をアップさせます。メラニン色素還元にも効果があります。

ニキビ・毛穴黒ずみ(青色)、たるみ・しわ・ニキビ跡(赤色)、シミ・くすみ(緑色)などに〇

低周波美顔器(EMS)

筋トレやマッサージなどにも使われる低周波はパルス電流を流すことによって、皮膚の浅い部分に刺激を与えマッサージ効果をもたらします。

ピリピリとした弱い刺激があり、顔からだ兼用のものも多く強さが調節できるようになっています。

シワ、たるみ、表情筋、小顔効果に〇
肌荒れ、炎症があればダメ

高周波(ラジオ波)美顔器

エステサロンやトレーニング器具にも多く使用されるもので、高い周波数の振動により深部にまで作用するのが特徴です。

肌の深部まで届きコラーゲンの生成を促します。また照射することにより発熱する特徴があり、温熱効果で血行を促します。

たるみ、シワ、ほうれい線、むくみ、シミに〇

エレクトロポレーション

電気穿孔法とも言い、LEDやEMSと複合的に使われることが多いです。
パルス電流で皮膚細胞膜に小さな隙間を作り美容成分を浸透させます。

イオン化せずに高分子のままヒアルロン酸やコラーゲンを導入することができます。

たるみ、シワ、毛穴の開き、くすみ、シミ、ニキビ、ニキビ跡に〇

スチーム美顔器

スチーム美顔器

ナノミストと言われる超微粒の水蒸気を発生する美顔器で、お肌の奥まで水分を浸透させることができます。
毛穴の汚れを除去するクレンジング効果、また血流効果も高めてくれます。

スチームの温冷切替え可能なもの、睡眠中に使えるもの、プラチナ入りでエイジングケア効果を高めたものなどがあります。

シワ、ほうれい線、たるみ、毛穴黒ずみに〇

*スチーム美顔器は使用後そのままにしておくと乾燥しやすいので、きちんと保湿を行なって下さい。

ローラー美顔器

美顔器の中では最も手軽なタイプ。
スティック型、Y型、ボール型などがあり、顔の上をコロコロと転がすことでマッサージ効果やターンオーバー効果が得られます。

ローラー部分にプラチナやゲルマニウムなどの金属が使われているものは、マイナスイオン効果で新陳代謝を促がします。

また媺弱電流も多くのタイプで使われ、血流を促がしお肌の組織を活性化する効果があります。

メイクの上から使用できるものもあります。

シワ、ほうれい線、たるみ、小顏効果に〇、むくみには即効性効果もあり

美顔器を使う際の注意点

より効果的に美顔器を活用するために幾つか注意すべきポイントがあります。

  • 使用上の注意を守る
    製品の特徴や使用方法、注意点などをきちんと理解した上で使用開始してください。
    間違った使い方は効果が出ないですし、お肌への余計なダメージになることもあります。
     
  • 使い初めは様子を見ながら
    効き目やお肌への刺激などは個人差があります。
    使い初めは目安時間より少な目にするとか、頻度を下げるなど様子を見ながらにしていきましょう。
     
  • 力加減・設定切り換えをする
    お肌の状態によって、また部位によって力加減や(切り換えスイッチがあるものは)振動数などを切り換えて使いましょう。
     
  • 肌トラブルがある時は使用ストップ
    季節や体調などでお肌の調子が悪くなることもあります。その時は一旦使用をストップしましょう。

ニキビ肌、敏感肌でも使える美顔器

肌トラブルにも効果がある美顔器ですが、「敏感肌やニキビ肌で使っても大丈夫?」と不安に思う人も多いでしょう。

せっかくの美顔器が逆効果になってしまうのは嫌ですよね(+_+)

敏感肌やニキビ肌に使える美顔器をまとめてみました。

  • 敏感肌・・・お肌のバリア機能が低下して乾燥していることも多いのが敏感肌です。
    保湿ケアに効果のあるスチーム美顔器や、イオン導入系美顔器は刺激も強くないのでお勧めです。

    LED美顔器のような光エネルギーを深部に届けるタイプも、紫外線とは異なり刺激にはなりません。

    美顔ローラーはチタンやプラチナなどは比較的トラブルになりにくく、敏感肌でも使えます。
    ですが、金属アレルギーが強い人、炎症を起こしている人にはお勧めできません。

  • ニキビ肌・・・ニキビの予防として超音波美顔器イオン導入美顔器、また、皮膚の再生に効果のあるレーザー美顔器光美顔器がお勧めです。

    クレンジング効果で毛穴づまりを解消するイオン導入系美顔器、ビタミンC誘導体など有効成分でターンオーバーを促すことでも効果は期待できます。
    ただし、炎症のあるニキビの場合は刺激が強すぎるので、避けた方がよいでしょう。

    ニキビ跡にはターンオーバーで再生を促す効果のあるレーザー、光、エレクトロポレーションなどが〇です。

まとめ

主なものだけを紹介しましたが、現在出回っている家庭用美顔器は複合型も多くて本当に種類が多いです。

記事を参考にして、あなたにぴったりな美顔器を見つけてください♪

自分へのご褒美、美肌になるためのプチ投資・・・三日坊主にならないようにお家エステを続けて下さいね!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

ニキビ跡・敏感肌にも効果ある?家庭用エステ美顔器の種類と選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シミ・しわの原因が冷え?!冷え性を改善して美肌になるための5つの対策

  • えっ、隠れ乾燥肌!?10のチェックポイントで診断!原因と改善対策

  • 汗をかいているのに乾燥?夏なのにお肌が乾燥する原因と3つの対策

  • 働くママのお助けアイテム!オールインワンゲルの特徴と上手な使い方

  • 『油分(乳液)で蓋』は古い常識?化粧水だけでOK?乳液のホントの役割

  • 日焼け止めどれだけ塗ればいいの?覚えておきたい正しい塗り方と順番