1. TOP
  2. 働くママのお助けアイテム!オールインワンゲルの特徴と上手な使い方

働くママのお助けアイテム!オールインワンゲルの特徴と上手な使い方

働くママのお助けアイテム!オールインワンゲルの特徴と上手な使い方

働くママは常に時間との闘い、特に朝はバタバタですね。
やらなくちゃいけないことが多すぎて、自分のことに時間をかける余裕はほぼゼロ

スキンケアやメイクも面倒、かと言って何もしないわけには・・・ですね。
そんな忙しいママに注目されているのが、オールインワンゲル(ジェル)です。

これ1つで面倒なスキンケアが簡単にできるのは、本当に助かります。

働くママに限らず、オールインワン(全てが一つに詰まっている)の良さを知って使っている人が増えています。

「興味はあるけれども、買おうかどうしようか迷い中」という声も聞こえます。

種類も多く何がいいのかわからない、そもそもオールインワンゲル(ジェル)は効果があるの?
と気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はオールインワンゲル(ジェル)のメリット・デメリットを含めた特徴を詳しくお伝えします。
選び方や上手な使い方も紹介しますね。

ゲル(独)とジェル(英)は共にゼリー状のことを言います。商品名で明白な違いはありません。
ゲルが個体に近く、ジェルがより液体に近いテクスチャー(つけ心地、質感)で使われていることが多いようです。
本文では便宜上オールインワンゲルと表記しています。
Sponsored Link

オールインワンゲルとは?

オールインワンゲルとは?

スキンケアの基本的なステップとしては次のようになります。

クレンジング・洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液 → クリーム

この化粧水、美容液、乳液、クリームの役割を一手に担うのがオールインワンゲルです。

また、これらの4ステップに加えてパック、日焼け止め、下地クリームといった機能まで含んだものもあります。

成分として何が含まれているかは商品によって違います。
簡単に言えば基礎化粧品(スキンケアアイテム)に使われている成分をまとめて、ゲル状にしたものです。

ゲル化剤として使われるのは合成樹脂、高分子ポリマーです。
透明性、粘性があってプルプルした感触になります。

赤ちゃんの紙おむつなどにも使われていますね。

<高分子ポリマーの安全性について>
皮膚をビニールで覆うのと同じなので毛穴を詰まらせる、皮膚呼吸できない、皮膚の常在菌に悪影響など、お肌に悪いという意見があります。

高分子ポリマーは、食品ラップなどに使用されるポリマーとは異なった構造になっています。
毛穴を詰まらせるとか呼吸できないということはありません。

安定性も高く常在菌が影響されることもありません。
安全性が高いものです。

ただし、肌に合わない人もいますのでパッチテスト(腕の内側などで)を行うようにしましょう。

オールインワンゲルの種類

様々なメーカーが研究開発して、オールインワンゲルを出しています。
成分を変えて同じメーカーで幾つか展開している場合もあります。

選ぶ時は化粧水や乳液など単体のアイテムの時より、慎重に成分を確かめることが大事です。
何となく良さそう、で選ばないように注意しましょう!

オールインワンゲルにはどれも保湿成分が主成分として入っています。
スキンケアで保湿は最も重要な目的ですし、ステップを省く分より大事になってきますからね。

選ぶ時は、保湿以外にどんな効果を求めているのか?で選ぶことをお勧めします。

  • エイジングケア
    エイジングサイン(シミ・しわ・たるみなど)が気になる人向けに、保湿に加えてハリや弾力をアップする成分が配合されています。
    また、年齢とともに肌のターンオーバーが遅くなるので、新陳代謝を促す成分も多く使われています。

    セラミド、コラーゲン、レチノール、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ナイアシンなど

  • 美白ケア
    シミを薄くする、シミを予防する、あるいは透明感のある肌にするなど美白効果のある成分が使われています。
    保湿成分に加えて、抗酸化作用のあるものや新陳代謝に働きかける成分が配合されています。

    ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、アミノ酸、ビタミンEなど

  • 乾燥肌ケア
    オールインワンゲルには全てのタイプに潤い成分は入っていますが、特に乾燥肌の人は保湿に重点をおいた配合のものがおススメです。
    「乾燥肌用」と明記されたものは保湿成分が中心になっています。

    セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、レシチンなど

  • 敏感肌ケア
    乾燥肌と同様に敏感肌の人は保湿成分が必要です。
    ただし、化粧水や乳液のように単体でもお肌にトラブルが起こり易いので、オールインワンゲルは成分によっては刺激が強くなってしまう可能性があります。

    ですから肌荒れなどを起こしやすい人は「敏感肌用」のオールインワンゲルをお勧めします。
    成分は植物由来のものなど低刺激設計になっています。

    低刺激やオーガニックのものでも製造上化学成分が使われている可能性はあります。
    自分に合っているかどうか慎重に選んでください。

オールインワンゲルのメリット

オールインワンゲルのメリット

忙しいママに人気のオールインワンゲル、改めてメリットを挙げてみましょう。

  • 時短になる
    幾つかのステップをまとめてこれ1つでできる手軽さは一番のメリットですね。
    朝忙しい時、夜疲れて帰って来た時、お泊りの時など時短になります
     
  • コスパがいい
    化粧水や乳液、美容液とそろえることを考えれば、かなりお財布には優しいです。
    中には高価なものもありますが、それでもアイテム一つ一つ買うことに比べればコスパはいいでしょう。
     
  • テクスチャーがいい
    ゼリー状でプルプルした感触は使用感がとてもいいですね。
    水のような感触で伸びが良く、メイク乗りも良くなるのが特徴です。
    夏だけオールインワンゲルという人も多いようです。
     
  • 肌への負担が軽い
    通常のステップを踏んでスキンケアする場合、数種類重ねづけすることでお肌に負担を感じる人もいます。
    もともとの皮脂バランスや修復機能などを活かすために、シンプルなケアが良いという見方もあります。
    その点でオールインワンゲルは最小限のケアと言えます。

オールインワンゲルのデメリット

多機能なのに手軽なオールインワンゲル、ですがデメリットもあります。
使う人や考え方によるものもありますが、知っておくと判断もしやすいですね。

  • 一つ一つの効果が劣る
    化粧水は乾いたお肌にたっぷり水分を届けるもの、美容液はその後に栄養分を補うもの、乳液はそれらが逃げないようにするもの・・・。

    スキンケア化粧品はアイテムごとに役割があります。
    そして順番に使うことで効果が得られるようになっています。それに比べるとどうしても効果は劣ってしまうことになります。

    特に保湿は不十分になりがちです。化粧水の役割をジェル状にして100%効果を上げるのは難しいです。

  • 調節できない
    お肌の調子は毎日変わります。スキンケアはお肌の調子に合わせてやらなくてはいけないもの。
    化粧水を多めにとかクリームは今日はやめておこうとか、自分でも感じますよね。

    オールインワンゲルは手軽な反面、お肌に合わせた調節ができないところが弱点だと言えます。

  • 成分が多い
    オールインワンゲルに含まれる成分はとても多いです。
    保湿成分や弾力成分、美白成分など何十種類と謳われているものもよく見かけます。

    単体のものより明らかに多いです。

    オールインワンゲルはシンプルケアで良いというのはメリットであり、デメリットでもあります。
    肌に塗る作業は最小限ですが中身はぎっしりで、お肌の弱い人にとっては負担になることもあるからです。

    使ってみて合わなかった時に、何が合わなかったか特定するのが難しいというのもオールインワンゲルのデメリットです。

  • 夜は使えないものもある
    基本的にオールインワンゲルはいつ使ってもいいものです。
    朝でも夜でもお手入れに使えます。

    ただ、最近は日焼け止め効果の入ったものも出てきています。
    紫外線防止剤が入っているものはお肌に負担になりますから、必ず洗顔して落とさなければいけません。

    説明書に従って正しく使えば問題ありませんが、注意が必要です。

メリットになるのかデメリットになるのかは肌質や考え方でも変わってきます。
判断のポイントとして覚えておいて下さいね♪

オールインワンゲルはこんな人におススメ

オールインワンゲルはこんな人におススメ

化粧品は使ってみなければわからないもの。
人に勧められてもお肌が違えば、効果も違います。

効果はさておき、オールインワンゲルはどんな人に向いているかメリット・デメリットを踏まえて紹介します。

  • 時間を節約したい人
    お化粧に時間をかけたくない人。かけたくても時間が無い人。
    スキンケア自体にストレスを感じる人。
     
  • お肌に負担をかけたくない人
    お肌にべたべたと何種類もつけたくない人。お肌にトラブルも無く必要最小限で大丈夫な人。
    反対にお肌が弱っていてなるべく少なくしたい人。(ただし、炎症などトラブルのある人にはお勧めできません)
     
  • 化粧品代を節約したい人
    全部そろえるよりコストは抑えられます。
     
  • 家以外で使う機会が多い人
    旅行、スポーツ、スパなど外出先で使う時は、これ1つで済みますので手軽で、持ち運びにも便利です。

オールインワンゲルの上手な使い方

「興味もあるし試してみたい、でも効果あるのか自分に合うのか不安もある」
そういう人も多いでしょうね。

オールインワンゲルを愛用している人でも、それぞれ自分なりの使い方をしています。
使い方は一つではありません。取り入れやすい上手な使い方を紹介しましょう。

  • 時間や季節で使い分ける
    朝だけにして夜は普通のケアで、あるいは疲れている夜だけという方法もあります。
    お肌の調子に合わせて調節することができます。

    冬はステップ使い、夏はオールインワンゲルのように季節で替える方法もあります。
    気候や季節によって肌質も変わるので、それに合わせて使うのも良いですね。

  • 単体と合わせて
    例えば
    化粧水 → 美容液 → オールインワンゲル
    化粧水 → オールインワンゲル → クリーム

    のように単体のアイテムと組み合わせて、より効果を上げることもできます。
    足りないなと思う成分を美容液やクリームで補うのも良いですね。

  • 外出先だけ
    普段はステップでケアし、旅先や外出先やメイク直しの時だけオールインワンゲルを利用するのも便利です。
☆オールインワンゲルの塗り方☆
メーカーの使用説明に従うことが基本です。
コツは一度にベターと塗らずに少しずつ伸ばしながらムラなく塗ること。
中心から外へ、下から上へ伸ばす感じです。

最後に手のひらで顔を包むようになじませて、メイクの時は少し落ち着いたところでベースメイクをしましょう。
ベターと塗ってすぐにメイクしようとすると、うまく乗らないことがあります。

まとめ

働くママが増えてオールインワンゲルへの関心も高まっていますね。
これから益々多くの商品が出てきそうです。

自分に合ったものを見つけて、上手に取り入れていけばオールインワンゲルの良さを最大限に生かせるのではないでしょうか。

時短だけではなく、あなたに最適な美容効果も実感できるオールインワンゲルに出会えることを願っています♪

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の注目記事を受け取ろう

働くママのお助けアイテム!オールインワンゲルの特徴と上手な使い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MamaGyutte[ママギュッテ]|働くママの知りたいをギュッと!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 知っておきたい!敏感肌の人の日焼け止めの選び方と紫外線対策

  • シミ・しわの原因が冷え?!冷え性を改善して美肌になるための5つの対策

  • 治らないブツブツ・繰り返す吹き出物~大人ニキビの原因と治し方

  • 【時短スキンケア】忙しいママも出来る!お肌をキレイにする方法

  • もしかしたら隠れ乾燥肌?10のチェックポイントで診断!その特徴と対策

  • 肌老化の原因!ターンオーバーの乱れを改善・正常化する3つのポイント